« 海賊戦隊ゴーカイジャー第8話「スパイ小作戦」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 六日町駅(上越線・北越急行ほくほく線) »

2011年4月16日 (土)

越後滝谷駅(上越線)

本日の駅紹介は、上越線・越後滝谷駅。

宮内駅はこちらへ← →小千谷駅はこちらへ

2016年7月17日記、加筆修正及び画像追加しました。

越後滝谷駅の駅名標

新潟県長岡市最南部に位置する無人駅で、開業は大正9年(1920年)11月1日。
開業当時は古志郡六日市村の所在で、駅名は「六日市」駅と村名から採ったものでした。
しかしその立地は村の中心でかつての宿場でもある六日市集落と、村の商業中心地区であった十日町集落(宮内寄りの地域)の中間に位置する滝谷集落で、鉄道駅設置に当たって前述の二大集落が激しい誘致合戦を繰り広げた結果、両集落間のバランスを取る為と、滝谷が宮内-小千谷間のちょうど中間にも位置する事から駅設置が決定したとの事です。

また六日市駅開業の約3年後に同じ上越線内で「六日町」駅が開業すると、当駅と間違える乗客や貨物が続出した為に地元が当局に苦情を申し立てた結果、大正14年に現駅名に改名しております。
新駅名を「滝谷」としなかったのは、当時南海鉄道高野線に「滝谷駅」が存在したからとの事で、私鉄の駅名にも配慮した命名が行なわれていたのにはちょっと驚きです。
なお、同村は戦後の昭和29年11月に長岡市に編入されて現在に至ります。


越後滝谷駅駅舎その1
越後滝谷駅駅舎の様子、2007年8月撮影。
建築財産票が見当たらなかった為、竣工日は不明です。
平成20年度長岡市統計年鑑によると、平成19年度の当駅乗車人員は44,000人で一日平均約120人。
北隣の宮内駅の約1/6、当駅同様鄙びた風景の信越線・押切駅の約1/3で、駅勢人口の大小以前に周辺の道路事情が良い事が駅利用の少なさに表れているような感じです。
しかしその一方では、この数字は有人駅の信越線・脇野田駅や米坂線・越後下関駅と同レベルで、それを考えると当駅の利用状況もそう捨てたものでもないのです。


越後滝谷駅駅舎その2
中越地震前の駅舎、2004年5月撮影。
当駅は2004年10月23日に発生した新潟県中越地震で被災し、その復旧によって地震前後では駅構内の様子が明確に変化しております。
なお、同地震において上越新幹線「とき325号」が脱線した滝谷トンネル北口付近は、当駅から北東に1km強です。

越後滝谷駅駅舎その3
越後滝谷駅駅舎その4
駅舎内外の様子、2007年8月撮影。
駅舎内には青色の一人掛けベンチと自動券売機が一台。
地震前は無人駅定番の朱色ベンチでしたが、震災復旧時に置き換えられたようです。
トイレは駅舎ホーム側に男女兼用であります。

越後滝谷駅の上りホームその1
上りホームの長岡方から見た越後滝谷駅構内、2005年9月撮影。
二本のホームはご覧のように大きく非対称形です。

越後滝谷駅の上りホームその2
上りホーム端から長岡方を見る、2005年9月撮影。

越後滝谷駅の上りホームその3
上りホームの水上方から見た構内、2005年9月撮影。
画像左側の中線側ホームの側面が整形されているのがわかります。

越後滝谷駅の上りホームその4
上りホーム端から水上方を見る、2005年9月撮影。

越後滝谷駅の上りホームその5
ホーム中央部の跨線橋周辺の様子、2007年8月撮影。
当駅の跨線橋は昭和40年7月の竣工で、震度6強の揺れにも耐え切った古強者。

越後滝谷駅の旧島式ホームその1
旧島式ホームの2番線側から水上方を見る、2009年7月撮影。
上越新幹線開業前の上越線最盛期には当駅にも待避線があって、昭和55年10月改正ダイヤでは普通列車の特急待避が一日一回設定されておりました。
しかし新幹線開業による昼間優等列車大削減によってその存在意義を急速に失い、ウィキペディアによると昭和59年11月に棒線化され今日の姿となります。
棒線化当時、当駅を通過する定期昼行優等列車は特急1往復(鳥海)と急行4往復(佐渡2往復、よねやま、野沢各1往復)で、待避線を持つ宮内駅と小千谷駅に挟まれた当駅の早期棒線化は止むを得ないところ。

越後滝谷駅の旧島式ホームその2
旧島式の下りホームの水上方から見た構内、2009年7月撮影。
震災前の2番ホームは線路こそ完全に撤去されていたものの、ホームは昔そのままでしたけれど、震災復旧を機に柵が設置され側面が整形されて、完全に変則対面式のホームに変わりました。


越後滝谷駅の旧島式ホームその3
震災前の旧島式ホーム跨線橋周りの様子、2004年5月撮影。
前述の白い柵がまだ設置されていない時期です。


貨物引込線跡
かつての貨物引込線、2004年5月撮影。
当駅の貨物取扱いは昭和45年12月に廃止されております。

越後滝谷駅の跨線橋
跨線橋内部の様子、2013年10月撮影。
震災以前の画像を撮影していないので断定はできませんが、天井の様子から見て震災復旧工事が施工されたと思われます。
通路の広さは流石国鉄にまだまだ力があった昭和40年製です。

跨線橋上から見た構内
跨線橋上から構内の水上方を見る、2007年8月撮影。

陸橋上から見た構内その2
上越線と隣の国道17号線をまとめて渡る歩道橋から構内の長岡方を見る、2005年9月撮影。
画像左側の線路は、駅構内中程から宮内側に伸びている側線です。

陸橋上から見た越後滝谷駅と国道17号線
越後滝谷駅とその右隣の国道17号線、2007年8月撮影。
国道の通行量は極めて多く、データイム1本/一時間半~2時間の上越線とは対照的。
三番線右隣の側線の右側も駅敷地になっていますが、空き地の広さから昔はあと数本の側線が敷かれていたように思えます。

越後滝谷駅前
くだんの歩道橋から駅前を見下ろす、2007年8月撮影。

越後滝谷駅至近の県道
駅前の県道の様子、2007年8月撮影。
画像左側中央に見えるのが越後交通の「滝谷駅前」バス停です。
この県道には越後交通の長岡駅東口-滝谷線が設定されており、当バス停から長岡駅東口まで所要20分強です。
また国道17号線にも「滝谷」バス停があり、こちらには長岡駅前-小千谷インター線と急行長岡駅前-十日町車庫線が停車。
前者は小千谷中心地区及び小千谷駅に、後者は飯山線越後岩沢十日町
への移動に使えます。
なお、県道の駅周辺にコンビニやスーパーは無く、酒屋が一軒あるきりで周囲は昔からの住宅地。
国道17号の小千谷方にコンビニがありましたが、駅からは少々距離があります。

踏切から見た構内その1
県道の水上方踏切から見た構内、2005年9月撮影。
画像手前に解体された旧中線のレールが。

踏切から見た構内その2
同じく長岡方踏切から見た構内、2005年9月撮影。

越後滝谷駅に停車中の115系電車
秋雨の中、下りホームに停車中の115系電車長岡行、2013年10月撮影。

越後滝谷駅に到着した115系電車
上りホームに到着した115系電車越後中里行、2013年5月撮影。

越後滝谷駅に到着したキハ110系気動車
当駅には朝にのみ姿を見せる飯山線直通十日町行キハ110系気動車が上りホームに到着、2009年7月撮影。

|

« 海賊戦隊ゴーカイジャー第8話「スパイ小作戦」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 六日町駅(上越線・北越急行ほくほく線) »

R005 上越線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊戦隊ゴーカイジャー第8話「スパイ小作戦」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 六日町駅(上越線・北越急行ほくほく線) »