« 海賊戦隊ゴーカイジャー第3話「勇気を魔法に変えて」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 東北関東大震災 »

2011年3月 6日 (日)

有間川駅(北陸本線)

本日の駅紹介は北陸本線・有間川駅。
2015年3月の北陸新幹線開業に伴い、現在はえちごトキめき鉄道・日本海ひすいラインに所属しています。

名立駅はこちらへ← →谷浜駅はこちらへ

有間川駅の駅名標

有間川駅の開業は戦後間もない昭和22年7月1日。
開業当時の所在は中頚城郡谷浜村で、東隣の谷浜駅に次ぐ同村二つ目の駅でした。
谷浜村はその後昭和30年に直江津市に編入されて、有間川地区は同市の西端となり、次いで昭和46年に高田市と合併して上越市に、更に平成17年元日をもって周辺町村を編入してその市域を大幅に拡大して今日に至ります。
なお平成17年の大合併では西隣の名立町も上越市に編入された為、上越市西端の駅は当駅から名立駅に移っています。

有間川駅駅舎その1
有間川駅駅舎その2
有間川駅駅舎その3
有間川駅駅舎の様子、2006年10月撮影。
建築財産票が見当たらなかったのですが、駅舎は恐らくその当時からのものでしょう。
谷浜駅に比べると、駅舎正面はあっさりとした造りですが、ホーム側のそれは上屋を支える支柱の造作など、昭和30年代以降の駅には見られないクラシカルな実に良い味があります。
・・・しかし谷浜駅(更には浦本梶屋敷親不知市振各駅も)同様に、建物の経年を考えれば第三セクター移行後に改築されるのは避けられない事かと。
改築となれば、ロケーションに全く似合わない「オシャレ」なものになるか、実用本位の無味乾燥なものになってしまうかのいずれか。
どちらにしろ古びたままのホームとはあまりにミスマッチで、これら諸駅が現在有する海辺の鄙びた情緒も無くなってしまうのでしょうなぁ。
これからは最後の活躍を見せる475系や、三セク後は廃止が決定的な「はくたか」、同じく廃止濃厚な「北越」を撮りに当駅周辺を訪れる人が増えていくのでしょう。
その際は電車だけではなく、この駅(並びに前述の鄙びた諸駅)の風情もぜひ記録に留めておいていただきたいところです。

有間川駅駅舎内部
駅舎内部の様子、2010年5月撮影。
相変わらずベンチも無く券売機も乗車証明発行機も無いガランとした室内。
上越市統計年鑑によると、平成19年度の有間川駅年間乗車人員は15,630人(一日平均約43人)。
北陸本線県内駅で券売機未設置なのは浦本駅と当駅のみです。
一般利用客がいかに少ないかの表れと言えそうです。
しかし谷浜駅エントリーでも触れたように、現在ではかつての村の玄関駅であった谷浜駅(一日平均乗車人員約32人で券売機も設置)よりも当駅の方が利用状況は良いのです。
しかし当駅も平成15年度比では約17%減。北陸本線県内駅はいずれも同様の利用状況で、第三セクター移行後はこの実態に合わせるべく、場合によっては気動車化、単行化も考慮しているとの事です。

有間川駅の1番ホームその1
1番ホームの糸魚川方から見た有間川駅構内、2010年5月撮影。
下の国道に抜ける場合、画像中央左側の通路を降りていった方が、駅舎から行くより遥かに近道です。

有間川駅の1番ホームその2
1番ホームの直江津方から見た構内、2010年6月撮影。
ホームはこの位置から見ると糸魚川方に緩やかな左カーブを描いております。

有間川駅の2番ホームその1
2番ホームの中央から糸魚川方を見る、2010年5月撮影。

有間川駅の2番ホームその2
2番ホームの糸魚川方から見た構内、2005年10月撮影。

構内通路
直江津方の端にある構内通路、2005年10月撮影。
列車接近時の警報音が個人的に好きですなぁ。
昨今の電子音ではなくこれぞアナログっ!という音色が郷愁を誘い、古びた普通列車にぴったりハマるのです。

2番ホームから見た駅舎
2番ホームから見た古びた駅舎、2005年10月撮影。

俯瞰で見た有間川駅構内その1
駅の山側にある小道脇の展望?スペースから構内の直江津方を見る、2005年10月撮影。

俯瞰で見た有間川駅構内その2
同じく糸魚川方を見る、2005年10月撮影。

有間川駅に停車中の475系電車その1
2番ホームに停車中の青一色の475系電車富山行、2010年5月撮影。

有間川駅に停車中の475系電車その2
1番ホームに停車中の青一色の475系電車直江津行、2010年5月撮影。
往年の交直流型急行形電車も、最末期はお色直しの経費節減とやらでこのような青坊主に。


有間川駅に停車中の475系電車その3
1番ホームに停車中の北陸地域色475系電車直江津行、2010年6月撮影。
私のような生粋の下越民は国鉄交直流急行色には馴染みが無いので、475系といったらやはりこの色です。

有間川駅を出発する475系電車その1
2番線を出発する475系電車富山行、2010年6月撮影。

有間川駅に停車中の419系電車
2番線に停車中の419系電車富山行、2005年5月撮影。
この位置からだと視界が開けずあまり冴えない画。

有間川駅に進入する419系電車
1番線に進入する419系電車直江津行、2010年6月撮影。

有間川駅に停車中のクハ419
上の画の編成の最後部はお目当てのクハ419。
この日は475系電車とこれを撮るのを主な目的にしていたのです。
しかし運用がわからないので、勝負は出たとこ勝負。
ワンチャンスでクハ419を撮れたのはラッキーという他無しでした。

有間川駅に到着した413系電車
JR時代末期になって、直江津-糸魚川間で運用を開始した413系電車の直江津行が1番線に到着、2013年10月撮影。

有間川駅を通過する485系電車特急「北越」その1
有間川駅を通過する485系電車特急「北越」その2
2番線を通過する485系電車R編成の特急「北越」金沢行、2010年6月撮影。

有間川駅を通過する485系電車特急「北越」その3
1番線を通過する485系電車T編成の特急「北越」新潟行、2010年6月撮影。
「北越」撮影は国鉄色を狙っていたのですがこの日は空振り。
「北越」の車両運用が少々難しくて、私レベルでは特定が不可能です。
よって極めてアバウトにアタリをつけて後は天に運を任せるのみ。

有間川駅を通過する特急「はくたか」その1
有間川駅を通過する特急「はくたか」その2
有間川駅を通過する特急「はくたか」その3
有間川駅を通過する特急「はくたか」その4
有間川駅を通過する特急「はくたか」
上二枚が金沢行(2010年6月撮影)、下二枚が越後湯沢行(2005年10月撮影)。

駅から国道に出る道
駅前から国道8号線に出る正規の小道、2010年5月撮影。
ご覧のような道幅で、車で駅前に進入するのは無理です。

有間川駅至近の国道8号線その1
有間川駅至近の国道8号線その2
駅至近の国道8号線の様子、2010年5月撮影。
上は谷浜方、下は名立方です。
駅周辺にコンビニやスーパーはありません。
上の画像の道路の左右にバス停が確認出来ます(待合所有り)が、このバス停は頸城バス名立線/能生線のもので、直江津駅南口と谷浜、有間川、名立駅をダイレクトに結んでいて、北陸線の補完として使えます。
なお、当駅付近には桑取線も設定されていて、当駅へは「新有間川」もしくは「有間川橋」バス停から西へ約1km。

有間川フィッシャリーナその1
有間川フィッシャリーナその2
駅の谷浜方至近にある「有間川フィッシャリーナ」(有間川
漁港)、2010年6月撮影。
私は釣りに全く興味が無いのですが、釣りスポットとして知名度は高いようです。

2010年6月上旬、一応撮るべきものを撮り、漁港も見物して
この日の目的は一応終了。
しかし次の直江津行まで一時間以上あります。
天気がかなり怪しくなってはまいりましたが、せっかくの機会でもあり谷浜駅まで旧北陸線の廃線跡を活用したサイクリングロードを歩いてみる事に。

有間川橋と旧線橋脚跡その1
有間川橋と旧線橋脚跡その2 
有間川橋とその先の北陸本線旧線橋脚跡?

北陸本線旧線跡の自転車道
国道8号線と現北陸線の狭間の細道を淡々と進みます。

旧長浜トンネルその1
旧長浜トンネル有間川方入口。
鉄道トンネルをそのまま活用しています。
長さ467m、通過時間2分との由・・・という事は時速14km!
この辺の人はそんなに歩くのが速いのか!? 
私なぞは時速8kmで4kmも歩くとかなりキツいゆーとるのに!!
・・・などとこんなところで何故か憤ってふと考えてみれば、ここはサイクリングロードでしたな、成る程納得。

旧長浜トンネルその2
トンネル内の様子、緩やかにカーブしているのが少々怖いw
向こう側から怖い人が急に飛び出してきたら目も当てられませんな。

旧長浜トンネルその3
旧長浜トンネル谷浜方出口。

国道沿いの谷浜地区
トンネルを抜けた頃から空が明るくなり、心配していた雨に降ら
れる事無く無事に谷浜地区に到着です。

|

« 海賊戦隊ゴーカイジャー第3話「勇気を魔法に変えて」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 東北関東大震災 »

R012 北陸本線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊戦隊ゴーカイジャー第3話「勇気を魔法に変えて」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 東北関東大震災 »