« 三川駅(磐越西線) | トップページ | 2000年の英国海軍 »

2011年2月13日 (日)

海賊戦隊ゴーカイジャー第1話「宇宙海賊現る」をヒロイン目当てで見る

昨年末以来、各方面で物議を醸し果たしてその設定は、世界観はホンマでっか
!?と私もここで色々推測妄想を逞しくしておった、
「海賊戦隊ゴーカイジャー」!
いよいよ本日よりスタートです。

第1話「宇宙海賊現る」、本編はのっけから「レジェンド大戦」の激闘!
誠直也氏御本人声のアカレンジャー指揮で、歴代戦隊が地球に侵攻した宇宙
帝国ザンギャックと死闘を繰り広げます。
そんな中で私が目を皿のようにしてサーチングするのは勿論、ミスアメリカの御麗姿
にございますっ!

マスクだけちっちゃく映っているミスアメリカ
ミスアメリカはえーと・・・いたっ!
ハリケンレッドの上にマスクだけちっちゃく映ってる!
録画を見直しても、この後本編にミスアメリカは全然出てきません(涙)。
デカピンクなどを見ると、突っ立っているシーンと立ち回りのシーンでは体型が
あからさまに異なっていたりするので、立ち回れる女性は思いの他少ないような
気がします。
女戦士のかなりの数の中の人は男性ですかね。
ですのでミスアメリカのように「女性しか演じられない」?キャラはカメラに
映るようなポジションでの目立つ立ち回りは無しなのかもしれませぬ。
全てはあのハイレグコスチュームの成せる業、つくづく業深いおなごさまです、
だがそれがいいっ!

ザンギャックと戦うチェンジマーメイドとチェンジフェニックス
ザンギャックと戦うチェンジフェニックスとマーメイド。
チェンジマーメイドはお尻の大きさと丸みからして、中の人はおねいさん!?

ファイブイエローとファイブピンク
ゴーグルピンク、ダイナピンク、デカイエロー&ピンクと並んでお股の
ふくらみが心配なファイブイエロー&ピンク。

そして時は流れて、海賊戦隊ゴーカイジャー変身!

ゴーカイジャーの初変身場面
ゴーカイジャーは黒タイツに海賊ジャケットが装着されて変身。
変身後のスーツはジャケット一体型だと思われるので、黒タイツはタイム
レンジャー同様に変身シーンのみでしょうか?
個人的には変身不能になって黒タイツのまま退却とか見たいw

ゴーカイイエローは変身前がボーイッシュな男前なので、変身後の蜂須賀
祐一さんと合わせてダブル姐さんと尊称たてまつりたいです。
しかし蜂須賀さんは相変わらず凄いなぁ・・・
体型も遠目で見れば女性に見えるしねぇ~。
なんか気だるそうに斜に構えちゃって、演技もゴセイピンクとは全然違う!
まさしく仮面ヒロイン女形の本領発揮と申せましょう。
演じる方としては、変身前がああいうキャラ立ちした男前の姐さんの方が演じ
やすい気がしますなぁ。
ゴーカイピンクは・・・番宣ポスターの「おっほほほほほほっ」な仕草と全然
違うYO!
第一話を見た限りにおいては、野川瑞穂さんは天然お嬢様よりもゴセイイエロー
のような無手勝流突貫娘の方が似合う気がします・・・。
でも変身前のあのキャラだと、おすまし顔で何か凄い事をやらかしそうなアブナイ
雰囲気もするのよね。

モモレンジャーにゴーカイチェンジ
最初は新戦隊顔見世興行で歴代変身はせずこのままトドメか・・・と思って
おりましたら、早くも秘密戦隊ゴレンジャーに変身!
野川さん演じるモモレンジャーでありますっ! 
しかし小奇麗なモモレンジャーだなぁ・・・。

シンケンイエローの背中に見えるブラジャー
本日の何気にフェティッシュな一枚。
ゴーカイジャーが変身したシンケンジャー、シンケンイエローの背中にブラジャー見ゆ!
なおシンケンジャーもマジレンジャーも、マスクはアクション用のパッチン型の模様。

EDに登場するミスアメリカ
エンディングからミスアメリカの麗姿再び!
フェチ者にとって最大の注目点である下半身は・・・、やはりベージュの厚手
タイツでしょうか?
ミスアメリカがセンターポジションなのは、お父さん世代を意識してでしょうか!?
次回予告を見る限り、バトルフィーバー隊への変身はなさそうですが・・・。
しかし今回、「ゴレンジャーハリケーン」までも再現してくれたのですから、
いずれバトルフィーバー隊として立ち回りからペンタフォースまで再現してくれる
だろうと期待に胸膨らむところ。
ピンクが主役回でミスアメリカに変身してそのセクシーな姿に敵兵メロメロで、
男三人がミスアメリカをガン見して顔を赤らめてドキマギして、アイム=野川さん
がそこで初めて自分のえろえろしい格好に気がついて恥ずかしがるという描写
なら、迷う事なく神認定です。

EDに登場するフラッシュマンとマスクマン
フラッシュマンとマスクマン。
エンディングの歴代戦隊は性別チェンジは無くオリジナル設定のようです。
イエローフラッシュの蜂須賀さん(多分)が実に可愛らしいですなぁ。
また原典と違って華奢な体型のピンクマスクが新鮮です。

次回はデカレンジャーに変身するのは確定ですが、他への変身は果たして?
でも初回でゴレンジャー、シンケンジャー、マジレンジャーと三つも出しちゃったし、
大盤振る舞いはしばらくしないような気も。
今後はバトルフィーバーは当然として、ゴーグルV、バイオマン、チェンジマン、
フラッシュマン、ファイブマンへの変身が個人的に楽しみです。
ゴーカイジャーのキャラ設定も、イエロー姐さんの他にも自信家で常に不敵な
笑みを浮かべるカトリくん似のレッドと挙動不審で強いんだか弱いんだかよく
わからないグリーンが中々良い味出してます。
ブルーとピンクのキャラ立ちはこれからといったところでしょうか。
敵の殺り方も海賊刀で一斉に切り刻む容赦の無さが中々良し。
残酷だなんだとアレな筋からイチャモンを付けられませんように。

|

« 三川駅(磐越西線) | トップページ | 2000年の英国海軍 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三川駅(磐越西線) | トップページ | 2000年の英国海軍 »