« 押切駅(信越本線) | トップページ | 1970年の英国海軍 »

2011年1月25日 (火)

平成のミスアメリカついにお披露目!

ども。
某画像掲示板に「海賊戦隊ゴーカイジャー」の新たなネタバレ画像が!
・・・それはゴーカイジャーの過去戦隊への「変身」!画像でございます。

前回エントリーで、「ゴーカイジャーは歴代レッドにのみ変身」と書いたのは、
これを見る限り嬉しい勘違いであったのか! 
そう思わずにはおれない物凄い画です。

この画像を見ると、ゴーカイジャーは「レンジャーキー」なるものを使って、
歴代戦士に変身するようです。
ゴーカイピンクはモモレンジャーから始まって、勿論我らがミスアメリカの御姿もっ!
ミスアメリカのスーツは濃い目のピンクに変わっていますが、デザインは原典準拠
のようです。
そして、最も危惧していたスカート化ではなく、オリジナルのミスアメリカ同様に
ハイレグですがな!
脚は肌色ですがミスアメリカの映りが小さいので、スーツと同じ生地の肌色タイツ
なのか原典同様のストッキングなのかはちょっとわかりませんが・・・。
しかしスカートじゃなかっただけでも凄い事ですよコレは!
他のピンクも皆華奢で、歴代女形とは一味違います。
ファイブピンクのポーズなんかめちゃくちゃ可愛いんですけど! 
野川瑞穂さん(多分)はこういう乙女ちっくなポーズも出来るんですねw。
ちなみにピンク以外にはブラックパイソン、ホワイトスワン、ニンジャホワイト、
ガオホワイト、クワガライジャー、ゲキチョッパー、ゴーオンブラックに変身する
ようですな。
ブラパイ、クワガ、チョッパー、ゴーオン黒は原典の牡から性別チェンジです。
うーむ、黒の女戦士というのも今までいなかっただけに新鮮です。
しかし・・・特にゴーオン黒は原典の変身前があまりに濃いキャラだったので、
かなり違和感あるなぁw。

一方、もう一人のヒロイン・ゴーカイイエローはというと、こちらはちょっと・・・。
物凄く抵抗あるキャラ多数・・・。
キレンジャーやバトルコサックやイエローオウルやマジイエローあたりは、もう口
では言い表せないような・・・。
戦隊ヒロイン女形萌えで蜂須賀祐一さんのファンである私でも、コレを受け入れろ
というのは無理ですな。
しかしゴーカイイエローを蜂須賀さんが演じるとすると、ヒロインではファイブ
イエローを21年ぶりに、メガイエローを14年ぶりに、ボウケンイエローは5年ぶり
に演じられる事になり、またピンク役として女形コンビを組んで一緒に芝居してマスク
のゴーグル越しに常に見ていたチェンジマーメイドやイエローフラッシュ、イエロー
マスクを今度は自分で演じられる事になり、雑誌のインタビューでこれらキャラを
演じていた赤田昌人さんへの思いを語っておられた蜂須賀さんには、感慨深いもの
があるのではないでしょうか。
さらに面白いのは、ゴセイジャーではピンクを演じていた蜂須賀さんが、今度は
イエローを演じるという事。
どう演じるのか、野川さんの突貫娘っぷりとの差が見所になろうかと思います。

・・・ハイ、ここでブルードルフィンやブルースワローやハリケンブルーやマジブルー
変身後が大好きなヒロイン萌え諸兄に残念なお知らせ!
彼女たちは「男」になっちゃってます。
中の人の話ではなく設定上の性別として。
ご愁傷さまでございます。
マスクが小さく見えるほど肩幅広く皆逞しい体ですよ。
なんかもうここまで性別捩れちゃうとねぇ・・・、全ての戦士に無理に変身させなくて
もいいんじゃない?と思いますけどね。
まぁ現役視聴者である3歳児に抵抗感が無ければそれで正解なんですけど。
でもコレを見るとドルフィンやスワローやハリブルでは二度とハァハァ出来ないですね
、大きなお友達は。
ドルフィンやスワローは蜂須賀兄弟が演じていましたから体型も男なんですけど、
体格が違い過ぎる上に劇中性別が男か女かで受ける印象全然違っちゃいますな。

歴代登場となると気になるのがオモチャ、そしてアトラク。
お面はどうするんでしょうね、これを機会に復刻?
金型はゴセイジャー以外残っていないでしょうけど、そうなるともう一度金型から作り
直し?
アトラクはホントにどうするんだろうか・・・?
レッドにのみ変身にするのかなぁ、番組のウリとして歴代変身を全面に出す以上、
アトラクショーが過去戦隊への変身無しでは困るでしょう。
ショーにミスアメリカが登場するならば、万難を排してでもぜひ見に行きたいw
ショーの場合は撮影のように着替える時間なんてありませんから、ゴーカイジャー
役と変身した過去戦隊役は別キャストになります。
キャストが倍になって、動ける人手集めが大変そうですな。

|

« 押切駅(信越本線) | トップページ | 1970年の英国海軍 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 押切駅(信越本線) | トップページ | 1970年の英国海軍 »