« 宇宙浪漫の精華、森雪嬢の全身タイツコスチューム | トップページ | 21世紀に甦るミスアメリカ!? »

2010年11月 6日 (土)

前川駅(信越本線)

本日の駅紹介は信越本線・前川駅。

来迎寺駅はこちらへ← →宮内駅はこちらへ

前川駅の駅名標

新潟県長岡市に所在する無人駅で、平成の大合併以前は旧長岡市の西端に位置しておりました。
開業は昭和39年(1964年)8月15日で、前年9月に設けられた信号場からの昇格になります。
信越本線の前身である北越鉄道は元々この地に停車場を開設する考えだったそうですが、地元の反対で駅開設は流れてしまい結局宮内駅が明治31年(1898年)に開業し、上越線との接続で運転上の要衝として存在感を示し続けたのに対し、この地に新駅
が開業したのは宮内駅に遅れる事実に66年!・・・。
鉄道忌避が珍しく無い時代の判断だったとは言え、地域の発展にとっては結果的にかなり損な事だったかも知れません。

当駅の南方1km弱に長岡運転免許センターがあり、当駅は一応その最寄り駅という触れ込みになっておりますけれど(駅から徒歩15分)、実際にはデータイム毎時一本に満たない過疎ダイヤで利便性が高いとはとても言えず、公共交通機関利用者は長岡駅前
発の越後交通の路線バスで訪れているようです。
なお路線バスは前川駅前を経由するので、当駅-長岡駅間の移動に使えます。
また来迎寺方面へは運転免許センター入口バス停から急行片貝経由小千谷行に乗れば移動できます。
「浦」バス停は信濃川を渡った先のバス停で、免許センター入口バス停はその一つ手前になっていて、浦バス停との距離は橋を挟んで1.5kmほどです。

さて前川駅周辺は半農半住といった佇まいで、駅舎側が昔からの集落のようです。
長岡市近郊であるにも関わらず、2006年時点では本格的な宅地開発はこれからという感じでしたけれど、その後開発が進展して新興住宅地化が進行しているところです。
平成20年度長岡市統計年鑑によると、前川駅の平成19年度乗車人員数は10,600人、一日平均では約30人と極めて少なかったのですが、宅地化が進行した今日、どのような数字になっているのか興味の湧くところなのです。

前川駅駅舎その1
前川駅駅舎その2
前川駅駅舎全景、2006年11月撮影。
建築財産票が見当たらなかった為、竣工日時は残念ながら不明です。

前川駅前
駅舎から集落側を見る、2006年11月撮影。
駅から直進すぐに墓地があります・・・
私は信心深い方ではないので平気ですが、特に夜は抵抗を感じる方もおられるかと。

前川駅周辺その1
駅周辺の様子、2006年11月撮影。
駅舎右手に見えるのは線路横断地下道の入口です。
駅構内には跨線橋・地下道共にありませんので、ホーム間の行き来はこの地下道を使わねばならず、駅撮りには少々面倒。

前川駅周辺その2
駅舎反対側の県道、2006年11月撮影。
この県道に前述のバス路線が設定されています。
この道路を長岡方に少し進むとコンビニのセーブオンがあり、取材時には当駅周辺で唯一のめぼしい商店でした。

前川駅駅舎内部
駅舎内部の様子、2006年11月撮影。
小さなベンチ一脚と乗車証明書発行機が一台あるきりで、なんとも殺風景。
朝陽の差し込む室内に、カメラを構える駅フェチな好事家のおっさんの人影が映り込んでいます・・・

下りホームの待合室
下りホーム(長岡方面乗り場)の待合室を駅舎側から見る、2006年11月撮影。
こちらの竣工は昭和54年3月です。
室内のベンチは新しく、駅舎よりも居住性は良さそう。
旅客流動から考えて、電車を待つ人は圧倒的にこちらの待合室を使うからでしょうか。
なお、こちら側にも自動券売機は未設置で乗車証明書発行機が一台ありました。

トイレ使用禁止の張り紙
2006年11月取材時に駅舎内掲示板に貼ってあったもの。
前川駅のトイレは駅舎ホーム側に男女兼用が設置されていますが、
「井戸の具合が悪く水を汲み上げる事が出来ない」ので使用不可との事。
トイレは施錠されていた為、内部を見る事は出来ませんでしたが、アレって簡易水洗なのだろーか? そういう雰囲気は感じられませんでしたが・・・。
それとも「汲み上げる」水は手洗い用?
現状はどうなのか知りたいところなのであります。

前川駅の上りホームその1
駅舎ホーム側の様子、2005年9月撮影。
画像右側にくだんのトイレが確認出来ます。
ホームの国鉄以来の白線はしっかり刻印されてなかなか良い感じ。

前川駅の上りホームその2
駅舎に接する上りホーム(直江津方面乗り場)を長岡方から見る、2006年11月撮影。
線路はこの先右に大きくカーブして信濃川を渡ります。
上りホームには上屋は架かっていませんが、画像右側の下りホームには上屋なのか遮風板なのかよくわからないモノが建っているのに注目。

前川駅の下りホーム
下りホームの柏崎方から見た前川駅構内、2005年9月撮影。
こちら側は気持ちのいい直線が延びております。
ご覧のようにホーム幅は狭いので、通過列車を駅撮りされる際は充分にご注意の程を。

前川駅を出発する115系電車
下りホームを出発する下り115系長岡行普通列車、2014年5月撮影。

前川駅を通過する485系電車特急「北越」
上り線を通過する485系T編成の特急「北越」金沢行、2014年5月撮影。

前川駅を通過する快速「越乃Shu*Kura」
上り線を通過する上り臨時快速「越乃Shu*Kura」、2014年5月撮影。

踏切から見た構内
柏崎方踏切から見た構内、2005年9月撮影。
当駅はご覧の通りの複線上の簡素な棒駅です。

|

« 宇宙浪漫の精華、森雪嬢の全身タイツコスチューム | トップページ | 21世紀に甦るミスアメリカ!? »

R006 信越本線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇宙浪漫の精華、森雪嬢の全身タイツコスチューム | トップページ | 21世紀に甦るミスアメリカ!? »