« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

2010年10月17日 (日)

宇宙浪漫の精華、森雪嬢の全身タイツコスチューム

平成22年12月1日、ヤマト発進せよ!
ヤマトマニアの諸君がこんなもの本当にできるんだろーか?と、製作決定の一報を聞いた時には何かの冗談だろうと眉唾だった実写版・宇宙戦艦ヤマト。
その号砲一発の日がいよいよ迫ってきております。
私もヤマトマニアのハシクレとして、あのヤマトをどこまで実写で描写出来るのだろうかと、特に元日の宣伝を見てからは興味津々でおった次第。
先日、実写版宇宙戦艦ヤマトのノベライズを購入して一気読みしたのですが、何かこう違和感が拭えませんなぁ・・・。
沖田艦長はちっとも偉大に感じられないし、ガミラスとイスカンダルの関係は石津嵐版ヤマトのパ●リだし、ガミラス=デスラーはスタトレのボーグみたいな連中だし。
その他にもあそことかこことかあれらとか・・・
我らの総統の名調子の後、間髪を入れずに
「総統ーっ!バンザーイ!!」
見ているこちらも思わず直立不動になって右手を挙げたくなる、ああいう集団狂気の滾り立つ名シーンも無いわけですね・・・。
よく書けているネットの二次小説を読んでは、
「そう、こういうヤマトがオレは見たかったんだよ!」
と溜飲を下げオレにもこういうのが書けないかなーと、色々想を巡らせている身としては、なんだかヤマトの上っ面だけ体よく使われただけの気もして・・・。
私がづらづら書き連ねるまでもなく、この映画及びノベライズについてはヨソ様でも色々書かれているのでその辺はおまかせするとして、ヤマトマニアでありかつ全身タイツ萌えである私にとって、この実写版でビジュアル的に最も納得いかないのは、

森雪のコスチュームが何でピッタリフィットな全身タイツじゃないねん?

この一言に尽きるわけでありますw 原作の男子用制服はパジャマっぽくてなんだかなーと昔から思うところもあったので、今回の制服は良しとしましょう。
汗かいたまま着続けると酸っぱい牡臭が艦内に漂いそうではありますが。
しかし!女子用は原作にあくまで忠実に作りこんで欲しかったですな。
佐渡先生も今作では女性化して元レースクイーンが演じるのですから、彼女には完結編で雪が着用した白バージョンの全身タイツコスチュームをぜひとも着て欲しかった!
それを望むのが男の道ではないのかね諸君!
女優が泣こうが喚こうが、あの全身タイツを無理矢理にでも着せてしまうのですよ!
有名女優が裸よりも恥ずかしそうなあの全身タイツを着る!
これぞ漢たちの夢と希望に満ちた宇宙浪漫の誉にして発露なのですよ!
総統万歳も無く、無意味に声を張ってお追従するタラン将軍もおらず、乾杯した後に高価そうなグラスを無造作に文字通り後ろにポイ捨てする総統閣下もおらず、南部は口を開けば戦闘!の狂犬のような砲術バカ一代じゃなく、斉藤は艦内で傍若無人に大暴れする脳筋じゃなく、加藤は古代にタメ口じゃない・・・
これで森雪のコスチュームが全身タイツでなかったら、もうそれはヤマトでも何でもないっす・・・。
またマジな話、メ●サ嬢と高●礼子女史があの全身タイツを着たら、これだけで観客動員もかなり違うはずですよw

話はここで大幅に脱線しますが、ヤマト本放送当時は「宇宙戦艦ヤマトショー」ってあったんですかね?
もしあったなら森雪の着ぐるみはやっぱりマスクに全身タイツだったんですかね?
ミスアメリカを男性が演じるのも実に興味深く魅惑的ですが、森雪を男性が演じるのもまた倒錯的でステキw。

ミスアメリカを男性が演じる場合のイメージ
アトラクショーでミスアメリカを男性が演じる場合のイメージ。

森雪を男性が演じる場合のイメージ
Moriyuki02
アトラクショーで着ぐるみの森雪を男性が演じる場合のイメージ。
まぁ、私が着るとこんな感じですかね。
やはり男が演じるには無理があり過ぎなんであります。

昔のアニメの女性キャラですと、「ルパンⅢ世ショー」では峰不二子はマスクキャラでした。
「スタージンガーショー」はクーゴ・ハッカ・ジョーゴは演者の目元が見えているコスプレ風で、オーロラ姫のみ着ぐるみだったそうです。
オーロラ姫も男性が演じる事を考慮してのフルマスクだったのでしょうか?
そうそう「機動戦士ガンダムショー」ではセイラさんは着ぐるみキャラでしたね。
白タイツを穿いて冗談みたいな出来の巨顔マスクで・・・。
70年代後半のアトラクショーは試行錯誤百鬼夜行の感が強く、また巷に画像も当時の体験談もあまり上っていませんから、色々と妄想してしまいますなぁ・・・

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »