« 自信という名の波動砲効果 | トップページ | 西燕駅(弥彦線) »

2010年8月19日 (木)

野球の夏も終わりです

夏の甲子園第92回大会第13日目準々決勝第二試合、我が県代表・新潟明訓は
兵庫代表・報徳学園と対戦し1-2で敗れました。
新潟県勢二年連続ベスト4の夢ここに潰える・・・。
残暑はまだまだ衰えを見せませんが、新潟の野球の夏はこれでお終いです。

相手の先発はまだ一年生、初回は球が高めに浮き四球二つと明訓につけ入る
チャンスは充分にあるかとも思いましたが、回を追う事に落ち着いてきて捉え切れ
ませんでしたなぁ・・・。
もうちょっとコントロールの良い、ストライクゾーンでどんどん勝負してくるタイプなら
多少球威があっても捉えられたのでしょうけれど、適度な荒れ球となると中々難しい
のでしょう。
それにしてもあの一年生はこの先楽しみ、報徳も後二年は投手の心配をせずに
済みそうな逸材ですね。

明訓はよく投げよく守り、名門報徳を2点で抑えたのは立派でした。
しかしスコア上は1-2と惜敗に見えるものの、内容はやはり相手が一枚上手の
印象です。
精神的には気後れせずやれていましたから、純粋に実力の差でしょう。
常に余裕があり先の先まで見越している報徳(何しろエースは温存ですから)と、
目一杯の野球をしている明訓の差です。
また本当の意味で勝ち慣れていないっていう事でもあるんでしょうね。
ともあれ明訓の選手並びに関係者の皆様お疲れ様でした!

明訓が優勝候補筆頭の興南とどこまでやれるか見たかったのですが、それも叶わ
ぬ事となりました。
こうなれば明日は報徳にぜひ勝っていただきたい!
報徳が勝ち抜ければ、そんな強いチームとあそこまでやれた明訓の株も大いに
上がるというものです。
・・・しかし興南は強い!
一撃必殺の長打があまり期待出来ない報徳は得意の足技で徹底的にかき回す。
後は投手陣が最小失点で切り抜ける、これ以外に勝機はなかなか・・・。
果たして勝負の行方や如何に!?

|

« 自信という名の波動砲効果 | トップページ | 西燕駅(弥彦線) »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自信という名の波動砲効果 | トップページ | 西燕駅(弥彦線) »