« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年6月の記事

2010年6月19日 (土)

三日便秘のカチカチの雲古のような

ここ新潟では本日、ずーっと便秘のような天気でありまして・・・。
空は一面鼠色で今にも土砂降りの雲行きなのに、雨は思い出したように
しょぼっと降ったりやんだり。
空気もジメジメで、貧乏神の貧ちゃんがいかにもまったりしそうな。
例えて言えば、三日便秘でカチカチの雲古が、便意はあるのにいくら
ふんばっても小指の先ほどしか出ない、そんな事を一日中繰り返す
そんな感じのいやーな一日でした。
もうすぐワールドカップ日本対オランダ戦が始まりますが、こんないやーな
天気を吹っ飛ばすようなプレイを期待したいものです。
とりあえずディフェンスラインはどの辺に持っていくつもりなのでしょうか?
ゴール前でガチガチに固めると、こちらに勝つ気がない引き分け狙いと
看破されて鬼のように攻められ火達磨にされそうで怖いです。
攻めの姿勢で1点取りに行く姿勢を見せないと勝ちはおろか引き分けすら
無いでしょうな・・・。
にわかの私は残念ながら1-2で負け、これもかなり希望的観測が入っての
ものですが、果たして結果や如何に!?
とりあえずサッカーと「飛び出せ科学くん」のザッピングします。

| | コメント (0)

鼠ヶ関駅(羽越本線)

本日の駅紹介は、羽越本線・鼠ヶ関駅。

府屋駅はこちらへ

鼠ヶ関駅の駅名標

「新潟県の駅紹介」をメインテーマの一つとして掲げている当ブログとしては、本来対象外の山形県の駅ですけれど、過去、そして現在においても羽越本線の新津駅-当駅間の普通列車が設定されていて、「キリがよい」事、県境のすぐ外側に立地している駅でもある事から、扱う事にいたしました。

さて鼠ヶ関駅は山形県鶴岡市に所在する無人駅で、1923年(大正12年)11月23日の開業です。
開業当時は西田川郡念珠関村の所在で、その後村は周辺村と共に東隣の温海町と合併、その温海町も平成の大合併の中、2005年10月に鶴岡市と合併して今日に至ります。

鼠ヶ関駅は開業から約二年間、鶴岡方面からの鉄道終着駅で、羽越本線全通後も運転上の要衝として、永らく存在感を示してきました。
2010年3月改正ダイヤでは、新津-当駅間に一往復、酒田-当駅間に4往復の区間列車が設定されております。
過去においては陸羽西線経由山形・仙台方面への気動車急行「月山」2往復が当駅折り返しで設定されていたのは、オールドファンには懐かしいところでしょう。
また当駅の昔を語る上で興味深いのは、急行の折り返し駅であるにも関わらず、羽越本線を走破する急行群からの扱いが極めて冷たかった事です。
上越新幹線開業直前の昭和57年10月、「月山」以外の羽越線直通急行は昼行4往復(「羽越」2往復と「しらゆき」「きたぐに」)と夜行2往復(「天の川」「鳥海」)が運行されていました。
この内、当駅に停車するのは上り「羽越」1本と下り「鳥海」1本のみ。
早朝に下り「鳥海」が停車していたのは恐らく当駅への新聞輸送があったからと推測され、上り「羽越」停車は「月山」が余目-当駅間で「羽越」と併結運転を行っているからという運転上の理由からです。
つまり純粋な旅客営業の為の停車は皆無!
まぁ、西隣の府屋駅にしても、山北町の玄関駅でありながら急行停車は「羽越」2往復のみという、優等列車停車基準のハードルがまだまだ高かった時代の話なのですが、それにしても・・・。
「月山」の当駅折り返しも、旅客営業上の要請よりはやはり運転上都合がよかったからかと邪推せずにはおれませんなぁ・・・。

さて現在の鼠ヶ関駅は二面三線で、中線も区間列車に使用しております。
1番線が村上方面乗り場、3番線が酒田方面乗り場です。
また時刻表を見るに、現在当駅での普通列車の特急退避は無いようです。
特急「いなほ」は全便通過ですが、快速「きらきらうえつ」は停車します。

当駅のホームは新潟方から見て右にゆるやかにカーブしているのが鑑賞上のポイント。
常磐線に来春から特急の新車導入が確定的で、その数によってはE653系の一部が「いなほ」に転用されてリニューアル車以外の485系が早晩定期運用離脱も大いにあり得る状況で、「いなほ」名残の撮影を行なう方もこれから増える事と思いますが、当駅において撮影の場合、二番ホームに待機して一番線を緩やかにカーブしつつ駆ける下り「いなほ」を撮影するのがベストかと存じます。

鼠ヶ関駅1番ホームその一
1番ホーム駅舎側の様子、2010年6月撮影。
「きらきらうえつ」の停車駅の駅名票は皆こんな賑々しいものに。
こんなモノが置かれている以上、停車駅から外される事は無いんでしょうな。
なお「きらきらうえつ」は、普通列車の少ない村上-鼠ヶ関間において、笹川流れの起点・桑川駅と終点・勝木駅、区間内最大の駅・府屋駅、そしてレジャーや小観光の拠点であるこの駅にバランス良く停車するのでなかなか使い出があるのです。

旧貨物線と思しき線路   
1番線の鶴岡方の旧貨物線と思しき線路、2010年6月撮影。
ウィキペディアによれば、当駅の貨物取扱いは昭和47年9月に廃止との事。
羽越本線全線電化の代償としての合理化措置でしょうか?
なおこの線路は鶴岡方本線と繋がっております(2010年5月現在)。

鼠ヶ関駅の1番ホームその二
1番線の鶴岡方端から先を見通す、2010年6月撮影。
本線と旧貨物線、中線の繋がりがよくわかります。

鼠ヶ関駅の1番ホームその三
1番線の村上方から構内を望む、2010年6月撮影。
現在列車が停車するのはホームの上屋周りで、列車編成は最大でも4両程度。
三十年前はこのあたりまで長編成の旧型客車列車が止まっていたのを考えると、この手の駅でいつも感じる事ながら、懐古と寂寥の念がないまぜになって万感胸に迫りますです・・・。

鼠ヶ関駅の跨線橋内部
跨線橋内部の様子、2010年6月撮影。
急行列車の一部が停車する駅としてはまず充分な広さです。
内部が綺麗で好感度すこぶる高し。

跨線橋上から見た鶴岡方面
跨線橋上から見た村上方面"2010年6月撮影。

跨線橋上から村上方面を望む
同じく構内の村上方を望む、2010年6月撮影。

鼠ヶ関駅の島式ホームその一
島式ホーム3番線の村上方から構内を望む、2010年6月撮影。
駅裏手は未開発で、その先の小集落との緩衝地帯のような様相。
不自然に広い事から、かつては側線などが敷かれていたのでしょうか?

鼠ヶ関駅の島式ホームその二
島式ホームの鶴岡方から見た構内、2010年6月撮影。
鶴岡方ホーム先端部の幅は狭いので、3番線を通過する列車をこのポジションで撮るのはあまりお勧め出来ません。

,鼠ヶ関駅で待機中のキハ110系気動車
2番線で折り返し待機中のキハ110系気動車の酒田行普通列車、2005年3月撮影。

鼠ヶ関駅にキハ40が到着
3番線にキハ40系気動車村上行普通列車到着で島式ホームにつかの間の賑わい、2005年3月撮影。

鼠ヶ関駅に到着するキハ40
3番線に進入中のキハ40系気動車村上行普通列車、2003年11月撮影。

鼠ヶ関駅に停車するキハ40
キハ40系気動車村上行が3番線に停車中、2005年3月撮影。

鼠ヶ関駅駅舎の様子
鼠ヶ関駅駅舎の様子、2010年6月撮影。
建築財産票によれば竣工は昭和61年10月28日、許容積雪量は100cm。
当駅周辺最大のレジャー施設「鼠ヶ関マリーナ」に浮かぶヨットをイメージしたデザインとの事。
駅前の街灯も「弁天島」の灯台をイメージしているのでしょう。
駅出入り口に飲料自販機が一台設置、トイレは駅舎向かって左側にあります。
水洗なのは流石元有人駅といったところ。
なおタクシーの待機は、私が訪問した三回共ありませんでした。
当駅周辺からの路線バスについては、初回訪問の2003年11月(この時はまだ有人でした)には府屋との間に設定されていましたが、その後程なくして廃止。
あつみ温泉への便は現在も健在ですが、日中の移動に使えるのは3~4便といったところ。
先月、当駅前14:09発のバスが走っているのをチラ見したのですが、黄色いマイクロバス風で遠目には幼稚園の送迎バスかと思ってしまいましたw
目立つっちゃあ目立つけど、まっ黄色っていうのはなんだかなぁ。

駅舎内部の様子その1
駅舎内部の様子その2
駅舎内部の様子その3
駅舎内部の様子、2010年6月撮影。
当駅は2004年春に無人化されております。

有人駅時代のきっぷ
2003年11月に窓口で購入したきっぷ。
当駅の有人時代は自動券売機が未設置で、このような短距離きっぷも窓口購入でした。

前回(2005年3月)訪問時は待合室内に無人駅定番の朱色ベンチを深緑にリペイントしたものが数脚置かれていましたが、現在はこのように有人無人問わずベンチの定番となりつつある新しいものに交換されていました。
自動券売機は一台設置。
室内にも飲料自販機一台設置、時流に乗ってゴミ箱の分別もしっかりされております。
室内は有人時代そのままの小奇麗さですこぶる好印象です。

鼠ヶ関駅前通り
駅前通りから駅方向を望む、2010年6月撮影。
画像中央が鼠ヶ関駅です。
通りの左側は村上市で、集落は両県に跨って形成され一体化しているのが特徴です。
民家の前に何気に県境の石標が置かれているのには驚きました・・・。
県境ってもっと「構えた」感じなのが常なので。
なお駅前通りには酒屋が一軒と昔ながらの食料品店が一軒といった按配。
地域の方々はまとまった買出しの場合、前回エントリーの府屋駅裏のスーパーまで車でひとっ走りですかね矢張り。

鼠ヶ関湾
前回のエントリーで府屋駅からてくてく歩く事一時間強で辿りついた、駅からは1km弱の鼠ヶ関湾、2010年6月撮影。
まさに天然の良港で、古代から当地に関所が置かれているのもこの湾の存在を抜きには語れないでしょう。
この画の左手が前述の「鼠ヶ関マリーナ」になります。

鼠ヶ関マリーナに隣接した公園
マリーナに隣接した公園、2010年6月撮影。

湾内の弁天島
公園から湾内の弁天島を望む、2010年6月撮影。
源義経奥羽東下の上陸の地であります。
義経一行は馬下(羽越本線越後早川駅-桑川駅間の辺り)まで馬で来て(だから「馬下」=「馬を下りる」という地名なのでしょうか? 
コレを書いていてふと思いました)、そこから船でこの地まで逃げ延びたとの事です。

弁天島遊歩道の入口
弁天島遊歩道の入口、2010年6月撮影。
遊歩道はルートが二つあり、これは行くのが少々難しいルート。
足場があまりよくない岩場をせっせと登っていくので、足腰の弱い方はお勧め出来ません。
足を踏み外したりふらついたりするとそのまま下の岩へバーン海へドボーンの可能性もアリ。
私はこういうところを登るのに血が騒ぐタチなので、、「鉄也のテーマ」を口ずさみつつうにゃにゃにゃにゃーんと登りますたw。
途中で休憩していたご老体方が驚いていましたなぁw。

弁天島頂上の鳥居と鼠ヶ関灯台
弁天島頂上の鳥居と鼠ヶ関灯台、2010年6月撮影。

弁天島から見た鼠ヶ関湾内
弁天島から見た湾内、2010年6月撮影。
五月の海は凪いで穏やか。

史跡「近世念珠関址」
2005年3月撮影、史跡「近世念珠関址」。
古代、そして江戸時代に関所が置かれていました。
弁天島に上陸した義経一行はこの関を難なく通過した後、この先に宿をとりしばし長旅の疲れを癒したそうです。

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

府屋駅から県境越えて鼠ヶ関駅へ

今回の駅紹介は、2007年6月2日の府屋駅エントリー時では取材不足だった部分を補足の形で。
当初は府屋駅の元記事に画像と文章を追加しようかと思っていたのですが、それをするとココログ大先生がご機嫌を損ねておしまいになり、「HTMLが複雑過ぎて~」なんて表示が出て、HTMLを直接弄らなくてはならなくなるケースがしばしば。
弄る事自体はHPでやっているのでそれほど難しい事ではないのですけれど、ココログ大先生は構文を直しても、アップ前の確認をすると元に戻っていたりして・・・。
文字のサイズは勝手に極小になってしまって、いくら直しても受け付けてくれませんからね!
何度かそういう事があったので、それなりの量の画像や文章を追加する場合は別途ページにしておいた方が無難なのです・・・と、愚痴はこれぐらいにしまして本題へ。

前回記事時点では岩船郡山北町の所在だった府屋駅も、その後2008年4月1日をもって村上市及び岩船郡の町村と合併して村上市の一部となりました。
2005年には県境を挟んだ山形県温海町が鶴岡市と合併しておりますので、村上市と鶴岡市はこれでお隣さん同士という事になります。
それぞれの玄関駅である村上駅と鶴岡駅は約80km離れている「お隣さん」って凄い違和感があるのですが、地元の方はどう思っておられるのでしょうね。
また現・村上市にしても、東端のここ府屋駅と西端の坂町駅は約48km離れていてまた何とも・・・。

今回は勝木駅近くの「寝屋漁港」を見学した後に、勝木駅前から路線バスで府屋駅へ。
定期旅客列車の途切れる空白時間帯に、人気の無いであろう駅舎内を撮影し、前回駅周辺をぶらついた時に歩いたのとは違うルートで踏切を越え、海岸側の国道に出てそのまま県境を越えて鼠ヶ関駅に至るコースです。

昼下がりの府屋駅
五月の日曜の昼下がりの府屋駅。
一時間以上旅客列車がこないせいか、タクシーも待機していません。

府屋駅駅舎内部その1
府屋駅駅舎内部その2
府屋駅駅舎内部の様子。
案の定人気は無し。
有人駅駅舎内の撮影は周囲に気を遣わなくてはならず、列車到着30分前に余裕を見て駅舎へ行ったら既にオバサン団体がどっかり腰を据えておしゃべりに興じ、結局駅舎内撮影を断念して、その為だけに後日再訪しなければならないという泣きたくなる事もしばしば。
当駅も数度の訪問全てそんな感じだったので、今回は「どー考えても人などいない」時間帯を狙って撮影に成功した次第。

府屋駅駅舎内部その3
前回までと変わっていたのは、待合室内のベンチが新しくなっていた事。
去年あたりから、有人無人を問わず、ベンチがこのタイプに急速に置き換えられている気がしますが・・・。

造船所踏切
鼠ヶ関寄りの「造船所踏切」(昔はこの辺に漁船の造船所でもあったのでしょうか?)から見た府屋駅方面。
ご覧のように線路がカーブしているので、ここから見えるのは構内外れのモーターカーの車庫のみです。

府屋駅付近の国道7号線その1
日本海海岸に沿った国道7号線に出て駅方面を望む。
画像中央のやや赤みがかって見えるのが府屋駅の跨線橋です。

府屋駅付近の国道7号線その2
前回エントリーでは、目立つのはAコープ程度と書きましたが、前述の踏切を渡って国道とT字路になっているところにスーパーがありました。
駐車場は車で埋まっていて、中々繁盛している様子。

府屋-鼠ヶ関間の国道7号線その1
これからてくてく歩く方向を見定め。
時刻は午後1時ジャスト、駅を出て15分経過。
目標は画像左手にある、海に突き出た岩のようなところ、その名は弁天島。
鼠ヶ関駅から海岸に向かって1km弱のところにあります。

府屋-鼠ヶ関間の国道7号線その2
その13分後、歩いてきた道程を振り返ってみる。
ちなみに国道は左右どちらかに必ず歩道があるので、車を気にせずに済み精神衛生上極めて良し。
同じ県境海岸沿いの国道でも、親不知あたりじゃこうはいきません・・・。

EF510形電気機関車牽引の貨物列車その1
EF510形電気機関車牽引の貨物列車その2
EF510形電気機関車牽引の貨物列車その3
次々とやってくる貨物列車。
一時間の間に上下併せて4本見ました。
そのうち画像のEF510形牽引は3本。
かつては羽越本線を特急・急行・普通・貨物と独占して走り回っていた交直電機の雄EF81も今や稀少になりつつありますなぁ。
国道と羽越線は併走していて、列車が近づいてくるとトンネル周りから警告音が聞こえてくるので、その都度慌ててカメポジを探します。
定期旅客列車は来ない時間帯なので、通るのは団体か貨物。
団体だと国鉄色の485系電車が充てられていたりするので、急いで構えてみれば通過するのは皆貨物列車。

府屋-鼠ヶ関間の国道7号線その3
午後1時31分、行程丁度半ばを過ぎ。
弁天島の荒々しい岩肌がはっきり視認できます。
気分はバラン星を越えてイスカンダルへ急ぐヤマトw

国道7号線の新潟山形県境
午後1時41分、ついに県境へ到着。
この先は山形県鶴岡市です。

この後、弁天島の灯台に到着したのは午後1時56分。この先は鼠ヶ関駅のエントリーにて。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »