« 越後下関駅(米坂線) | トップページ | 内野駅(越後線) »

2010年5月23日 (日)

越後須原駅(只見線)

本日の駅紹介は只見線・越後須原駅。

2016年2月27日記、画像追加しました。

Echigosuhara101

新潟県魚沼市に所在する無人駅で、昭和17年(1942年)11月1日の開業です。
開業当時の所在は北魚沼郡須原村で、駅名はここから取られました。
その後須原村は昭和31年に隣の上条村と合併して守門村となり、平成16年11月1日をもって周辺町村と広域合併して新自治体「魚沼市」の一部となって今日に至ります。
駅周辺には旧守門村役場と郵便局、小中学校、さらに後述の「目黒邸」と須原スキー場が所在し、旧村の行政・文教・観光が集中したエリアです。

Echigosuhara01
越後須原駅駅舎は昭和51年11月の竣工で、平屋の壁はブラウンで白のラインが入っているという、どことなくヨーロッパ風にも見えるシックなもの、2008年4月撮影。
昭和40年代までの鉄筋コンクリ丸出しの「国鉄標準型」とも、昨今の改築駅舎に見られる土地柄に似合わない派手さとも一線を画するシンプルながら良デザインでしょう。
屋根の厚みは当地が名にしおう豪雪地帯である証です。

JR東日本によれば、当駅の2008年度一日平均乗車人員は61人で、同社新潟県内有人77駅76位。
最下位は入広瀬駅なので、只見線内で一駅(上条駅)挟んで逆1位と2位。
2007年度まではダントツの最下位で大白川駅があったので、只見線内で逆金・銀・銅だったのです・・・。
当駅発着の列車は上下合わせて一日10本なので、単純計算では一列車当たり約6人。
資料によれば昭和50年代半ばの当駅一日旅客は約300人で、半分が乗車と考えると150人。
(昭和55年10月改正ダイヤでは上下併せて14本、うち2本は急行「奥只見」)
約30年で6割減ってしまっているのです・・・。
只見線の置かれた状況の厳しさがここにも表れています。
利用客だけを見ていればとうの昔に無人化されるレベルの当駅ですが、利用客の絶対数だけを見て単純に割り切ることが出来ないのがローカル線の有人駅。
人口4千人台と相応の人口規模の旧村の玄関駅でもありますし、学生の定期需要もそれなりに存在します(実際、土曜午後の列車は結構な数の学生が当駅で降りていたりもするのです)。
魚沼市は広域合併後も当駅や入広瀬駅を有人のまま維持したり、入広瀬地区の福祉バスの運行継続も行っていたりと、過疎地域の公共交通維持について相応の理解があるように見えます。
従って自治体が委託を維持出来ないほど財政に行き詰らない限り、旧守門村の玄関駅・越後須原駅の有人体制も暫く継続されるのではと思う次第です。
→2010年6月20日追記、越後須原駅は平成21年度限りで委託を終了し、無人駅になりました。
己の不明を恥じるばかりで、面目次第もございません・・・(汗)。

Echigosuhara03
Echigosuhara04
有人時代の越後須原駅駅舎内部の様子、2009年7月撮影。
この時点では、駅窓口は平日06:30~17:30、土休日09:00~17:00の営業。
トイレは駅舎の駅前広場側にあり、水洗です。
待合室は仕切られておらず、無人駅定番のベンチが2脚置かれています。
見たところ空調設備は無いようで、冬はストーブを置くのでしょうか?
周りの壁には当駅や只見線に関する写真が展示してあり、その中には当駅が列車交換設備を有していた時代のものも。

Echigosuhara1060513
無人化後の越後須原駅駅舎内部の様子2013年5月撮影。
窓口が閉鎖されているのとベンチがJR東日本定番品に変わっている以外は、有人時代と変化無し。

Echigosuhara21
写真によれば、平成6年10月時点では越後須原駅での列車交換が行われていたのは確実で、駅舎側に側線も一本有していて、
後述する現在の駅構内の様子とはまるで違う賑々しさが、部外者の感傷を誘うのでありました・・・。
故人の在りし日の姿を見ているような感じなんてすよね、
今の構内はさしずめお墓か仏壇か。

そんな寂しい越後須原駅構内は一面一線の信号もない「停留所」。
駅舎からホームまではかつて「構内通路」と呼ばれていたであろう小道で連絡します。

Echigosuhara05
越後須原駅舎からホームへの構内通路の様子、2004年7月撮影。
駅舎から通路に置かれたプランターの花々の彩りが、構内を一色に覆いつつある雑草にせめてもの抵抗を試みるようで、何ともいじらしく。

Echigosuhara06
越後須原駅舎ホーム側全景、2005年7月撮影、。
待合室に空調なさそうなのに事務室には付いてるのねんw


Echigosuhara07
自然に帰りつつある構内の線路撤去跡、2009年7月撮影。
十数年前にはこの空間に線路が2本あったのです。


Echigosuhara08
駅舎側(魚沼田中駅方)から見た越後須原駅構内の様子、2009年7月撮影。

Echigosuhara09
上条駅方から見た越後須原駅構内の様子、2009年7月撮影。

Echigosuhara10
越後須原駅に進入する午前中の小出行キハ40系気動車、2005年7月撮影。
当駅の駅名票はこの時点では上越線・只見線特有の独特なスタイルでしたが、2009年7月に再訪した時にはJR東日本定番の何の変哲もないものに変わってしまっていました。

Echigosuhara11
越後須原駅前の様子、2009年7月撮影。
駅前広場は狭く、駐車スペースは僅少です。
タクシー待機はしていないようでした(一日五往復の列車待ちは流石に意味なしか・・・、歩いて数分で観光拠点の目黒邸だしね)。
駅から僅かに歩くと、南越後観光バス運行の小出-入広瀬・大白川間の路線バスが走っている国道252号線に出ます。
駅前にはAコープがあり、付近に食堂もあります。


Echigosuhara12
越後須原駅至近の国道252号線の様子、2009年7月撮影。

Echigosuhara13
画像左のバス停が小出行きの「須原駅角」バス停です、2009年7月撮影。

越後須原駅前から国道を横断し真っ直ぐ進むと行き着くのが国指定の重要文化財「目黒邸」。→HPはこちらへ
入口の左手にある「守門民俗文化財館」で入場券(¥500)を購入し、いざ見学!
越後下関駅エントリーで紹介した「渡辺邸」に比べると、屋敷そのものはやや小振りなのですが、昔の雪国の家屋の特徴を、見る者にヴィヴットに伝えるこの佇まい!
後背の山々という素朴なロケーションも相まって、個人的にツボですなここは。

Echigosuhara14
「目黒邸」正面の様子、2008年4月撮影。
この時は本格公開(GWから)に向け一部補修工事中でした。
邸の裏手にある目黒邸資料館とその先の「佐藤邸」は冬期休館中だったのが残念。

Echigosuhara15
土間では杉の木をくべて煙を天井へ。
見学者向けの実演の一種なのかなぁ~と、木をくべている女性にうかがってみましたら、煙を出しているのは藁葺屋根の維持の為に必要不可欠な事との由。
煙には防虫効果があり、年末年始の休館日以外は毎日やっているそうです。
文化財の維持には一見地味ながら絶え間無い努力が必要なのですね・・・。
一見の部外者が実に僭越ではございますが、こうしたものの維持に費用対効果などという俗な物差しを当てはめる事のないよう、関係各位にお願いするところであります・・・。
なお、防虫効果としては本当は桜の木が良いそうですが、杉は近くの山で沢山採れるのでそうしているとの事。

Echigosuhara16
囲炉裏のある21畳敷きの茶の間。

Echigosuhara18
大正2年からのものである配電盤。

Echigosuhara19
目黒邸の裏手は小さなダムが。
周辺は遊歩道、・・・しかしこの時期は残雪があって散策どころではありません。

Echigosuhara20
やはり目黒邸の裏手にある「須原スキー場」。
ご覧のように、既に営業は終えていました。
魚沼市は新市誕生から今日まで、旧町村運営のスキー場を引き継いで維持してきましたが、どのスキー場も経営状態は芳しくなく、また市の財政が逼迫している事から市営スキー場の再編を実施します。
5つあるスキー場のうち4つまでを廃止、引き続き経営を続けるのはこの須原スキー場だけとの事。
他のスキー場と比べて至近に観光資源が豊富なのが存続の決め手になったようです。
とはいえ、このスキー場は市内スキー場で利用客最大でかつ赤字額も最大なんだとか。
頭の痛い話です・・・。

無人化後の越後須原駅を2013年5月に再訪した際、春の須原スキー場をちょっと登ってみました。

Echigosuhara1020513
須原スキー場のリフトの乗降口周りの様子。

Echigosuhara1030513
高度が少しずつ上がってまいります。

Echigosuhara1040513
デジカメのデータによると、登り始めてここまで8分。
たった8分かと言うなかれ、結構キツかったですマジで。

Echigosuhara1050513
ここからの眺めはなかなかのものであります。

|

« 越後下関駅(米坂線) | トップページ | 内野駅(越後線) »

R007 只見線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 越後下関駅(米坂線) | トップページ | 内野駅(越後線) »