« さつき野駅(信越本線) | トップページ | 岩室駅(越後線) »

2010年4月29日 (木)

内野西が丘駅(越後線)

本日の駅紹介は越後線・内野西が丘駅。

越後赤塚駅はこちらへ← →内野駅はこちらへ

内野西が丘駅の駅名標

平成17年(2005年)3月1日に開業した無人駅で、新潟市西区の所在。
新潟県内鉄道200駅(ガーラ湯沢およびほくほく線を含む)中、最も新しい駅です。
駅西側には「パレットタウン新潟西」が造成されており、この開発事業の一環として駅が設置された経緯があります。
さつき野駅同様、郊外にこうして新駅が設置される一方、越後線の「上所」新駅(新潟-白山間)や信越・白新線の「紫竹」新駅(新潟-越後石山東新潟間)が遅々として進まないのは実に釈然としないところではありますけれど・・・。
まぁ、当駅は宅地開発の当事者(組合)の出資、一方新潟市中心部の新駅は市の出資無しには事はJRは全く動かず、その市も掛け声だけで身銭を切るつもり無しですからねぇ・・・。

内野西が丘駅駅舎
2008年5月撮影、GW夕刻の内野西が丘駅前。
駅東側は宅地造成も未だで後背に建物が殆ど無い為に、真新しい駅舎の姿は事の外目立ちます。


自由通路上から見た内野西が丘駅西口
駅の自由通路から見た駅西口。
駅前はロータリーになっています。
駅前の一等地?は未だ手付かず。
画像左手奥には「新潟西高校」があり、ここの通学生には当駅の存在は大いなる福音。
私がお受験の頃は最寄の内野駅から2kmほど離れていて路線バスも便利とは言えず、学校のレベルは「中の上」で市内の中堅高でありながら、交通不便の為に事実上新潟市西地区の生徒しか通えない学校でしたなぁ・・・。
おかげで私のような東地区の受験生で成績「中の上」レベルは「新潟江南高」に殺到というイヤな展開にw
なおこの通りを進むと500m強進むと県道に行き当たります。
2008年5月現在では県道にはコンビニが一軒有り。

自由通路上から見た内野西が丘駅東口
2006年10月撮影、自由通路から駅東口を見る。
こちらは道路すらまだ未整備。

内野西が丘駅駅舎内部その1
2008年5月撮影、ホームから改札を見る。
Suikaの簡易改札機が一本にょっきりと。
画像右のシャッターは明らかに窓口用ですな。
ウィキペディアによれば事務室も予め設置されているとの事。
将来は自動改札導入とそれに伴う有人化も視野に入れているのでしょう。
シヤッターの向う側には券売機が二台設置。
なお画像左手は待合室です。
トイレはホーム側に男女別で設置。

内野西が丘駅駅舎内部その2
同じく、出入り口側から改札周りを見る。
新潟駅から越後線吉田行に乗車して、うっかり寝過ごした粗忽者の新大生諸君がハッと気づいて慌てて下車するとこの内野西が丘駅だったりするわけですな。
電車は一時間に一本、講義には確実に遅刻。
ぜーつぼうにィイイ!身をよじれぇぇい!新大生どもぉおおおおお!(爆)

内野西が丘駅駅舎内部その3
同じく、待合室内はこんな感じ。
築3年(当時)で内部はまだまだ綺麗。
ゴミ箱も時流に乗ってしっかり分別です。

自由通路上から見た内野西が丘駅構内その1
自由通路から新潟方を望む、2005年8月撮影。
本線から線路が分岐しており、ホーム増設を最初から配慮した設計のようです。
ただ架線柱は外側に移設が必要な気もしますが果たして?
新潟-間のデータイム3本/1時間を実現となれば(現在は1本/1時間)、当駅への列車交換設備増設は必要になろうかと存じます。
この点は新潟市の「にいがた交通戦略プラン 重点プロジェクトその1」でも言及されておりました。

なお自由通路にはバリアフリー時代に相応しくエレベーターが設置されていますけれど、駅東口が未開発とあっては東西の行き来も無く宝の持ち腐れ間強し。
ホーム増設に伴い橋上駅舎化されればこのエレベーターにも真のいのちが吹き込まれるのでしょうか。

自由通路上から見た内野西が丘駅構内その2
自由通路上から吉田方を望む、2005年8月撮影。
ご覧のようにここから先は新潟平野の田圃の海の真っ只中を突き進みます。
遮蔽物が全く無いのでただでさえ強い風はより一層その猛威を振るい、おかげで冬場の運休遅延は日常茶飯事。

新潟方から分岐した線路はホーム中央部で途切れており、こちら側は全くの手付かず。
現在データイム3本/1時間の終点を内野駅から当駅までとりあえず移す可能性が高いのかもしれません、それでこちら側は用地だけ押さえて分岐器等は未着手と。
・・・それにしてはレールの長さがいかにも中途半端なんですが。

内野西が丘駅のホームその1
ホームの新潟方から見た構内、2005年8月撮影。
果たして画像左側にホームが設置される日は来るのでしょうか。

内野西が丘駅のホームその2
ホームの吉田方から構内を望む、2005年8月撮影。
左右架線柱の幅は、新潟方より明らかに狭くなっているのがよくわかります。
従って当駅を列車交換可能な構造にするには、ホームの増設や信号の設置以外にこちら側の架線柱にも手を付けなければなりません。
なかなかおカネのかかる話なので、新潟市が余程積極的に動かないと話は進まないでしょうね。

内野西が丘駅に到着した115系電車
真夏のホームに到着した115系電車新潟行、2005年8月撮影。

|

« さつき野駅(信越本線) | トップページ | 岩室駅(越後線) »

R004 越後線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さつき野駅(信越本線) | トップページ | 岩室駅(越後線) »