« 新潟の一番長い夏 | トップページ | 青海駅(北陸本線) »

2009年8月25日 (火)

真夏の夢舞台・意志の勝利

昨日の第91回夏の甲子園決勝、春夏通じて新潟県高校野球史上初の決勝の
晴れ舞台に立った我が県代表・日本文理高校は9-10で愛知県代表・中京大
中京高校に敗れました。
9回表二死ランナー無しから始まったドラマは、皆様すでにご承知の通り。
あの絶望的な状況下でも自分達の野球を断固として貫き通した文理の選手諸君、
あの姿勢があったればこその決勝進出にしてあのドラマ。
まさに

「意志あるところに道は開ける」

なのです。

準優勝は意志の勝利、県民の誇りです。
本当にお疲れ様でした、そして夢をありがとう!

中京の選手はいずれの選手もパワフルで、迫力がありました。
流石、優勝に相応しいチームです、優勝おめでとう!
特にエースで四番の堂林君、彼のバッティングは凄かった!
もうどこへ投げても長打を打たれそう・・・。
これまで甲子園決勝は雲の上の話で、見ていてもプロの試合を見ているような感覚
でしたけれど、この決勝で「決勝まで勝ちあがってくるチームはやっぱり凄いや!」と
初めて現実感を伴って見る事が出来ました。

決勝の感動も醒めやらぬ今ですが、高校球児たちの来春へ向けての新たなる戦い
は早くも始まろうとしています。
日本文理は甲子園で大活躍の二年高橋隼之介君と一年ながらレギュラーの湯本君
を中心とした新チームで臨むでしょう。
甲子園ではっきりと結果を残した「焦らずタマを見極め、低く速い打球をセンター中心
に打ち返す」、これを極めていけばきっとまた良い結果を得られます。
そして新潟明訓や中越など強豪校は打倒文理へ一層の奮起を期待します。
今世紀に入って春夏甲子園での県勢勝ち星は8つ。
(夏・・・文理4勝、明訓2勝。春・・・文理2勝。)
来春のセンバツでは2勝して今世紀県勢甲子園二桁勝利、初のベスト4進出、そして
春史上初県勢決勝進出へ!
今から大いに楽しみに、そして期待する次第です。

|

« 新潟の一番長い夏 | トップページ | 青海駅(北陸本線) »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟の一番長い夏 | トップページ | 青海駅(北陸本線) »