« 初勝利!しかし・・・ | トップページ | 真夏の夢舞台・意志の勝利 »

2009年8月23日 (日)

新潟の一番長い夏

第91回夏の甲子園準決勝第一試合、我が県代表日本文理高校は岐阜県代表・
県岐阜商を2-1で破り春夏通じて新潟県勢初・決勝進出を決めました!

初戦の対寒川戦は前回レビューした通り、三回戦の日本航空石川(石川)を12-5
で破り、準々決勝では立正淞南(島根)を11-3で破り春夏通じて新潟県勢初の
ベスト4進出で、この時点で最早新潟県高校野球史上「伝説」のチームでした。
しかし正直今日は厳しいな・・・と思っておったところです。
相手は名だたる強豪に打ち勝ってきたチームですし、日本文理もそこそこ点は
取れるでしょうけれどそれ以上に打たれるかなと・・・。
文理のエース伊藤君は高めの棒球を打ち込まれるケースがあり、強打のチームに
そこを漬け込まれるとかなりやられて、私の戦前の予想は

県岐阜商8-4日本文理

しかしここまでこれたのがもう凄い事なので(日本がサッカーW杯でベスト4に進出
したと想像していただければ、こちらのテンションもその後の達観した展望もお分か
りになるかと存じます)、後は文理の野球を悔い無く精一杯やって欲しい!
望む事はそれだけでした。

しかし試合が始まってみれば・・・
日本文理は一回裏の攻撃で珍しく三者凡退、やはりなぁ・・・、しかし伊藤君も低めに
変化球を集めて慎重に投げ進めます。
今まで時折見られた投げミスが全くありません。
打ち合いの予想は見事に覆され、2回以降毎回のようにスコアリングポジションに
ランナーを置きながら凌ぎきる県岐阜商のエース山田君との間で息づまる投手戦
の様相に。
日本文理にとって県大会を含め初めての展開でしたが、ポイントと思えたのはあっ
さりと三者凡退する事が一回以外無かった事と、低い打球のクリーンヒットが多か
った事。
凌ぎきっているとはいえ、毎回攻めのバッティングをされて塁上を賑わされては、守り
のリズムがイマイチで攻撃への気持ちの入り具合も違ってくるのです。
日本文理にあれだけ打たれると、いつ大量失点に繋がるかという無言のプレッ
シャーも相手にかけられますしね。
県岐阜商の監督さんは試合後「(文理に)運があった」とおっしゃっていましたが、
その運を日本文理が掴めたのは、なかなか得点出来なくとも奇策を用いずにバット
をコンパクトに振り抜き普段通りの速く鋭く低い打球に徹する文理野球を実践し
切ったからでしょう。
「嬉しい誤算」(文理の監督さんは五点は覚悟していましたから)で好投の伊藤
君は、見ているこちらの心臓に悪い高めの釣り球(少し低くなったらあっという間
にスタンドまで持っていかれそう)を有効に使い、8回は2つの四球によるピンチ
を無失点で(今日の文理内野陣の守備は素晴らしかった!)、9回は二死一塁
から打たれて得点を許しましたが堂々の1失点完投勝利!

県岐阜商は昨日強打帝京を破りましたが、強打のチームを抑えきった後だけに、
エース山田君はかなり疲れていたでしょうね
伊藤君同様中一日開いていたら、流石の文理打線もなかなか打てないのではと
思わせます。
あれだけ打たれても根負けしませんでしたから(10安打打たれても2点で抑える)、
根性は相当なものでしょう。
しかし日程ばかりは個人チームの努力ではどうにもならない事で、その点で言えば
文理には確かに「運がある」と言えるのでしょうか。

ともあれ明日は決戦!明日はお祭り!!
皆仕事は手につかず、県内家電店のテレビは100%決勝戦の中継、スーパーや
デパートはラジオの中継を店内に流しっぱなし。
サッカーのアルビ新潟が優勝してもここまでは・・・と思われるスゴい事になっている
でしょう。
現段階では対戦相手が花巻東か中京かわかりませんが、もうここまで来たんですもん。
臆せず冷静に普段通りの文理野球を貫徹してください!

|

« 初勝利!しかし・・・ | トップページ | 真夏の夢舞台・意志の勝利 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初勝利!しかし・・・ | トップページ | 真夏の夢舞台・意志の勝利 »