« 田母神ショック! 軍研と諸君!が店頭から消えた!! | トップページ | 加治駅(羽越本線) »

2008年12月16日 (火)

興味深々なスイス空軍の新型戦闘機選定

>スイス国防省はF-5E/Fの代替機として中古の
F/A-18C/Dを購入する案が出ていると報じられた件に
ついて、これを否定する声明を出したそうです。
→ソースはこちら。
ttp://www.kojii.net/news/news081212.html

スイス空軍は現在、2010年から退役開始予定の米国製
F-5E/FタイガーⅡ戦闘機(現有54機を2個飛行隊と
アクロバットチーム「バトルイユ・スイス」に配備中)の後継機選定
作業を行っております。
冷戦も終わりスイスに敵対的な周辺国も皆無、軍事、安全保障
環境としてはまことに羨ましい現在のスイスですが、武装中立
を全うする為の国民皆兵制に変更はなく、軍の規模も冷戦時代
に比べれば縮小したとはいえ、その質的向上におさおさ怠り
はなく、空軍においても現在の主力戦闘機である米国製F/A-18
C/Dホーネットは冷戦終結後の1990年代後半に配備されています。
そして今また、新たな戦闘機の選定作業。
我が国では、社民党の党首センセイを筆頭に、

「スイスは平和な非武装中立国!日本も見習って自衛隊も日米安保も
解消して非武装中立、万が一には国連に助けてもらうか潔く降伏して
皆平和に暮らしましょう~♪」

とおっしゃる方々がまたまだ少なからずいらっしゃいますが、スイスは
「平和な非武装中立国」どころか、日本の「シンポミンシュジンケン
ゴケン派」の方々が目を剥いて怒りだしそうな重武装と、特に戦時中の
えげつない行動でその名を轟かす、いい意味でも悪い意味でも
「食わせ者」な国なので(戦前戦中戦後を通じて、日本国及び日本人には
同じ事をやれと言われても恐らく無理)、その辺をよく認識されて、
かの国へのお花畑な理想境の妄想をお持ちになりませぬよう、
衷心よりご忠告申し上げる次第です。

さて話を戻しまして、記事中の候補3機種というのは、

ユーロファイター・タイフーン(英国、ドイツ、イタリア、スペイン共同開発)
ダッソー・ラファール(フランス)
の各機なのであります。

つい先日まで、これら各機をスイスに持ち込んで、実際に飛ばして
選定の為のデータを収集したとの事で、新戦闘機選定作業も
いよいよ佳境に入りました。
この各機のどれを導入するのか?
それはスイス空軍が現在防空の主柱と頼むF/A-18(現在33機
を保有し、3個飛行隊に配備)の今後の戦力としての位置付けに
かかっていると考えます。

まずF/A-18を今後も引き続き防空の主力と位置づけると
すると、(この場合はF/A-18に相当規模のアップグレード
改修が必要でしょう)新戦闘機の性格は代替対象のF-5同様、
主力戦闘機を補佐する従の関係になります。
そうであるならば、性能も価格もそこそこ、加えて運用コストが
ライバル各機に比べて低いJAS39グリペンになります。
先述のスイス国内での飛行テストでは騒音の計測も実施された
との事で、空軍当局も環境問題から騒音問題に神経を使っている
と推測されますが、この点も単発機のグリペンには有利に働く
かもしれません。

それとは逆に、F/A-18を今後戦力として従の立場に置くの
であれば、新戦闘機にまず求められるのは防空の主力としての
高性能であり、F/A-18のそれを凌ぐものが不可欠になります。
そうであるならばグリペンでは能力的に不足で、タイフーンか
ラファールという事になります。
タイフーンとラファールの比較でいえば、共に双発機で機体規模も同等。
エンジン出力の差で飛行性能全般はタイフーンがやや有利、アビオニ
クスにおいては互角、ステルス性では鼻の差ながらラファール有利
と言われております。

また両機とも海外販売はすこぶる芳しくありませんので、
(タイフーンは何故?のオーストリアと王室への賄賂攻勢でモノにした
サウジアラビアのみ、ラファールはゼロ。一時モロッコが導入決定と
いうニュースが流れましたが、その後具体的な話については寡聞
にして耳にしません)
両機関係各国は水面下でスイス空軍及びスイス航空産業、ひいては
スイス政財界に対して相当な値引きや生産・技術移転合戦を繰り
広げているものと推察されます。
その点では、戦前からスイス航空産業と繋がりがあり、戦前戦中は
モラヌソルニエMS
406戦闘機シリーズのライセンス及び独自改良型生産、戦後は
F/A-18の先代主力戦闘機ダッソー・ミラージュⅢのノックダウン
生産(これについては予算の大幅超過でかなり問題になったようです
→ソースはこちら)の実績があるフランス製ラファールがやや有利と
いうところでしょうか。

この三機種いずれかになるにせよ、来年夏には結論が出るとの事。
果たして結果は如何に? 大いに注目して待つことにしましょう。

・・・とこれで綺麗に終われれば言うことなし、私の文章量も少なくて
済むのですが、そうは問屋が卸さないのがスイス流(笑)。
ここでトップ記事の「中古機導入」という第四のファクターが絡んでまいる
のです。

スイスは戦闘機(攻撃機)選定に対して、戦後少なくとも二回、
なんだかなぁ~と思わせる事をやった前科があります。
最初は1950年代半ば、冷戦の激化に対応すべく、それまでの主力戦闘機
ヴァンパイア(共に英国製)に代わる新戦闘機として、一旦はフランス製
ダッソ
ー・ミステールⅣの採用を決めます。
しかしそれはなんだかよくわからないうちに白紙とされ、改めて
コンペを開いて比較検討した結果、くだんのミステールⅣとは性能的
に五十歩百歩な英国製ホーカー・ハンタ
ーの採用を決めます。
ハンターは頑丈で長期の運用に耐え得るのが最大の特徴で、スイス
空軍では独自改良を実施しつつ1994年まで運用されましたから、
これはこれで正解だったのでしょう。
しかし一度内定したのをすぐ白紙にしてしまって、信義という点では
大いに問題がある行動に思われます。
なお、その埋め合わせの意味もあったのか、1960年代初めの超音速
全天候迎撃戦闘機選定では、スウェーデン製のサーブJ-35ドラゲン
を破り、前述のミラージュⅢが選定されております。

二度目が1960年代末、ヴェノム戦闘爆撃機の後継機として米国製
LTV・A-7Gの採用を一旦は決定しますが、今度は「予算の都合が
つきません」でアッという間にキャンセル。
かといって東洋の某列島国のように
「予算ないなら純減純減! 周辺国とのヘイワ共存の為に純減軍縮!!」
とおっしゃる奇特な方はあの国では例えいたとしても極少数、
ヴェノムの旧式化は待ったなしであり、このままでは侵略者の地上軍を
空から叩く阻止能力の低下は免れず、中立国にとって重要な抑止力も
低下してしまいます。
そこでスイス空軍が打った手は、既にスイス空軍で数の上では主力を
成しているハンター戦闘機の増勢。
ハンターはとっくの昔に生産を終えていましたが、その頑丈な機体ゆえ
に英国や先進各国空軍を退役した機が、手を少し入れればなお長期の
運用に耐える状態で相当に残っていたのです。
その余剰ハンターに戦闘攻撃機化改修を加えて、ヴェノムの後継に
当てようというのです。
何分中古機ですので価格も安く、国の財布にもやさしい買い物です。
また既に運用中でしっかり手の内に入っている機体ですから、要員訓練
のコストも最小限で済みます。

無論ハンターも当時でさえ半ば旧式化していましたが、遷音速飛行能力
を持ちその能力はヴェノムよりも一段上、長期に渡り攻撃機の主力と
頼むのでなければ、当面の運用には差し支えなく予算の都合がつきしだい
導入する新型機までのストップギャップにもなります。

こうしてハンター中古機は各型合計52機が1971~75年に引き渡され、
現在新型機への代替選定中のF-5E/Fが1970年代末から導入を
開始するまでのリリーフ役として、アルプスの空を飛ぶことになりました。

いつもの如く前振りが長くなってしまい恐縮ですが、この「白紙撤回」と
「中古機導入」の前例・・・。
トップ記事の「ホーネットの中古機」がにわかにクローズアップされて
くるわけであります。
歴史は繰り返すといいますし、また昨今は金融危機で、深刻な安全
保障上の脅威に晒されていないスイスのような国が、純減は論外と
しても出来るだけお金を節約したいのは予想も理解もできます。
スイス国防省はああ言ってはおりますが、痛いところを突かれると
ムキになって多弁になるのが人間という生き物の業なのでありま
して、まぁ色々と考えているんじゃないのかなぁと(笑)。
新型機をバーゲン価格及びスイス航空産業に見返りの大きい
好条件でゲットする為のブラフとしての「中古機」検討報道と
その否定を、当局がマッチポンプをしかけているのかもしれま
せんし、ここへきて本当にお金が無くなったのかもしれません。

私のようなミリヲタ野次馬としてネタ的に期待しておるのは、

新型機決定

決定からいくらもたたぬうちにお金ないからと白紙撤回

中古機導入方針、本命は米海軍海兵隊で余剰になったホーネット

調査団が渡米、メーカーのボーイング社が全力で接待攻勢、
中古もいいけどおニューのスパホ今なら出血大サービス! 
既存のホーネットのアップグレード改修も込み込みで
、おいらも男だ二言はねぇぜ、えぇい持ってけドロボー!!

調査団ご満悦で帰国、一度は導入候補から落選した
F/A-18E/Fスーパーホーネットが大どんでん返しで採用決定!
あれだけ真剣に売り込んだのにあの苦労は一体なんだったんだと
泣き、喚き、怒る英、仏、独、伊、西、瑞各国関係者・・・。

とまぁ、こんな流れですかね(笑)。

|

« 田母神ショック! 軍研と諸君!が店頭から消えた!! | トップページ | 加治駅(羽越本線) »

軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田母神ショック! 軍研と諸君!が店頭から消えた!! | トップページ | 加治駅(羽越本線) »