« 越後線・礼拝駅 | トップページ | 興味深々なスイス空軍の新型戦闘機選定 »

2008年12月13日 (土)

田母神ショック! 軍研と諸君!が店頭から消えた!!

田母神前空幕長の論文が問題になった先月から、私の住まいの最寄のツタ屋は
それまでずっと置いていた月刊誌「軍事研究」「諸君!」を置かなくなりました。
私は「軍事研究」をもっぱらあの店で購入し、「諸君!」も年に数回購入していた
ので、手軽に読みにも買いにも行けなくなったのは非常に遺憾です。

「軍事研究」は退役高級自衛官の文章がたびだび載り、田母神氏の寄稿もいずれ
あるかもしれません。
日本の防空体制の実情についてぶっちゃけた話をぜひ聞きたいところです。
(私がこの雑誌を購入し始めの二十年ほど前は、現役自衛官の文章も載せていま
したっけ・・・。
貧弱極まりない装甲しか持たぬくせに無謀にも敵戦車に戦闘を挑む愚を犯させな
い為に、歩兵戦闘車の対戦車ミサイル装備を止めさせるべきとか、一発の被弾で
一個分隊全滅の危険を避けるためにも、歩兵戦闘車にも複合装甲を導入すべき
とか、陸自の現役士官が書いていましたなぁ・・・。)

「諸君!」は中国朝鮮や日本国内のシンポミンシュジンケンセイギ派の方々に
「極右偏向」のレッテルを貼られ、悪名を轟かせている(彼らに批判されるという
ことは、あの雑誌にとっては褒め言葉でしょうけれど)雑誌です。

ツタ屋にこの二誌を置かなくなったのは、片や退役自衛官が寄稿しまた自衛隊
内部でも読まれている半業界誌ともいえるその性格から、片や田母神論文を全力
で擁護しかねない「危険思想」を編集ポリシーとする雑誌だからなのかなぁと
私は思っておりました。
ツタ屋はあのメタボで脂ギッチュな三重アゴの教祖様の息のかかった会社と噂
がありますから、あの宗教(政党も)の親特亜戦後史観擁護の体質を考えると、
会社の指示で母体にとって都合のよろしくない雑誌はカット!なのだろうかと。
しかしその理由を店員に問い質すというのもいささか偏執的であり、なにより
今後あの店に行き難くなるのも困るので(笑)、色々と他地域の情報を探って
みたところ、店によっては逆に置き始めたところもあるそうで、うーむ、どうやら
中央からの業務命令ではないようですね・・・。

ツタ屋はコンビニ同様フランチャイズ制だそうですが、コンビニの品揃えが本部
バイヤーの決定に厳格に従わされるのに比べるとずっと緩いようです。
「潮」などは置く事を義務づけ?されているらしいのですが、その他エロ本以外
の品揃えについては各店の自由裁量で置けるのだとか。
(ちなみに最寄店では「フランス書院文庫」も「マドンナメイト」も一切取り扱っ
ていません。他店舗では新刊に限り置いてあったりしますが・・・)
それが本当ならば、私の最寄の店で「軍事研究」「諸君!」を扱わなくなった
のは、売り上げが極端に悪い(「軍事研究」は月に三~四冊いれて十日ほど
で売り切れてましたから、売り上げが悪いとは全く思えないのですけれど)の
か、あるいは店のオーナーもしくは仕入れ担当の個人的な考えが反映されて
いるかのどちらかになります。

例え数は少なくとも、入れればとりあえず掃けて返本にならないレベルの雑誌を
、もし個人的思想に基づいて切ったとすれば、客商売としては如何なものだろう
と思います。
あの手の本が「思想的に不純偏向」していると考えて、またエロ文庫本同様
「不道徳」と考えて、シンポミンシュジンケンセイギ派のバイブル「世界」あたり
を(流石に「前衛」は置けないでしょうねw)、例え返本だらけであっても断固
として置く姿勢を示せば、あぁここの担当の人はそういう思想の持ち主なのだ
なぁとある意味納得もする(そしてそういう店では金輪際買い物はしない)
のですけれど、流石にそれは商売上美味しくないと判断してかやりません。
そのあたりがなんとも生臭くって嫌~な感じ・・・。

嫌~な感じついでに、もう一つ極めて遺憾なのは「世界の傑作機」まで置かなく
なったこと!
同じ出版社の「航空ファン」は引き続き置いていますから、こちらについては

田母神=空自=飛行機=その手の本は思想的に不純なので置きません!

という単純な図式ではないようですけれど。

ともあれ、お陰で「世界の傑作機」も気軽に読めない買えない本の仲間入り。
先月末発売のリニューアル版「99式艦上爆撃機」にまだ目を通していません。
(脊髄反射即買いな機ではないので、購入するかどうかは目を通してから決
めます。アメ公に魂を売った売国奴みさっちは99式艦爆よりもSBDドーン
トレスが断然かっこいい! 英国のスピットファイアやドイツのハインケル
He111もそうなんですけど、私はどうしてもあの「楕円翼」が好きになれな
い・・・。大抵の機はプラモを作れば好きになってくるのに、99式艦爆は
どーしても・・・)

・・・おっと、愚痴の前フリをごちゃごちゃと並べ立てているうちに、今日の
愚痴真打

「世界の傑作機にモノ申ーす!(仮)」

を書く時間が無くなってしまいました(泣)
それはまた次回のお話にございます・・・。

|

« 越後線・礼拝駅 | トップページ | 興味深々なスイス空軍の新型戦闘機選定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 越後線・礼拝駅 | トップページ | 興味深々なスイス空軍の新型戦闘機選定 »