« 上越線・岩原スキー場前駅 | トップページ | 越後湯沢駅(上越線/上越新幹線) »

2008年7月16日 (水)

竹島とシンポセンセイと情念のファビョーン!

文部科学省は14日、2012年度から実施される中学校の新学習指導要領に
ついて、各教科ごとの解説書を公表した。社会科では、日本の領土である
竹島の領有権問題を新たに明記することを決めた。→http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080714-OYT1T00394.htm?from=navr

これまで全く関知せずの状態からとりあえず一歩踏み出したという事で、まずは
目出度いと言うべきなのですが、韓国に配慮して竹島が日本固有の領土である
事を明記せず、日韓間での「主張の相違」と記述して先方の言い分にも理が
ありそうな誤解を生じさせかねない、センセイ方や霞ヶ関のお役人サマ方が大好
きな「玉虫色」の表現に留まった事は非常に残念でもありますね。
まぁ、この件で韓国が恫喝まがいの事をいろいろ言ってきた時には、「全方位土
下座外交」と2ちゃんで揶揄されている、「他人の嫌がる事はしません!」
がモットーの我らが宰相の事ゆえ、総理の判断で教科書には竹島のたの字も
入れさせないだろうなと私などは思っておりましたから、それを考えれば御の字
と言えるのかもしれませんが・・・。

また不勉強で恐縮なのですが、「学習指導要領解説書」というものは「学習指導
要領」のいわば下位に属するもので、学習指導要領は法的拘束力があるので
すが解説書は建前上そうではないのだそうです。しかし実際の授業や教科書
編集は解説書に沿ったものになっているそうです。→sankei.jp.msn.com/life/education/080714/edc0807141901003-n1.htm

そうなると今後注目なのが、今回の文科省の決定に不満のある、「シンポセン
セイ」や「ハンセンヘイワゴケンセンセイ」「ジンケンセンセイ」の方々の授業
の進め方。
学習指導要領に明記されていれば従わないわけにはいかないでしょうが、解説書
止まりであれば拘束力は建前上無いのですから、教科書に載っていても華麗に
スルーする事も可能でしょう。高校受験に竹島に関する問題が出題された場合、
困るのはスルーされて教えられなかった生徒ですが、特定のイデオロギーや
特定の民族に対するシンパシー(センセイ御本人の出自がその民族という事も
大いにあり得ますし)を最優先で考えるセンセイ方にとっては、己の信念を貫く
事が教え子の将来を左右するかもしれないスルーの害悪よりも優先されるで
しょうから、4年後の中学校社会科授業現場では、2ちゃんのニュー速を賑わす
話が続々登場しそうな気がします。

さて今回の件で、左右保守革新問わず、国を挙げて燃え上がっているのが韓国。
ぱっと目に付いたのをザッピングしてもこんな感じです。

友好国の立場を考慮しようとしない典型的な自国利己主義だ(朝鮮日報)
日本、「独島紛争化→返還要求」が狙い(中央日報)
今日の分では
歴史的に、国際法的にも厳然たる韓国領土で、韓国が実効的に 支配している
独島を、ロシアが管轄している北方列島のように領有権紛争がある島で、
将来、 日本が返還されるべき所だと青少年たちに教えるというのだ(中央日報)
独島(トクト、日本名竹島)は我々の領土であるだけに対日外交に強硬策を講じよ
(中央日報)

などなど・・・。

竹島の領有権に関しては、、米国の見解は竹島について、日本が朝鮮併合に
よって新たに獲得した島ではなく、それ以前から日本領であった事をはっきり
と述べており、領有権そのものに関しては韓国が避け続けている国際司法
裁判所での審判でも疑いなく日本のものであると判定されるでしょう
ただし韓国による実効支配-侵略ともいう-をずっと見過ごしてきた点が、
日本に不利に働くかもしれませんが・・・。
これは戦後日本という国、また日本国民の抱えてきた、

ハンセンヘイワ>>>>>>>>>>>>領土(最も基本的な国家主権)

という何ともお目出度く救い難い九条信仰のゆえなのですがね。責任はセンセ
イ方やお役人サマだけではなく、我々ひとりひとりにもあります。

日本としては、本来竹島は「日本固有の領土」である事を明記して当然のところ
、韓国の国内事情その他も考慮してあのような「玉虫色」の表現で勘弁してやっ
たので、本来は韓国政府から感謝されてもいいぐらいの話なのですが、それで
もあんな調子ですもんねぇ・・・ホントに呆れてしまいます。

こちらが譲った分、あちらはその譲った分を自分のものだとでかい声で喚き
散らす。
そしてもっとよこせと恫喝する。駄々をこねる。
韓国には、
「泣く子は餅をひとつもらえる」
ということわざがあるそうですが、彼らの行動はまさにそのまま。
日本人は、彼らがあのように大声で喚き正気を失ったように騒ぐからには、きっ
と我々の知らない真実も幾ばくかあるのだろう、我々にも至らない点があるの
かもしれないと思い、妥協できる点はそうしてあげようとお人よしにも考えるの
ですが、相手の立場に立って物事を考えるというのは日本人同士で成立する
美徳なのであって、彼らに対してそんな甘い考えは通用しません。
譲り合いの精神や平等互恵など彼らの頭の中にはハナから存在しないのです。
自己主張が激しいのは欧米も同様ですが、彼らにはその一方でキリスト教の
道徳観や倫理観が深く根付いてもおりますので、それにも一定の歯止めはあり
ギブアンドテイクの話し合いも出来ますが、韓国(及び中国と北朝鮮)には儒教
と中華思想に基づく勝手で押しつけがましい序列関係が基本で、宗教的な道徳
観や倫理観は存在しません。
ゆえに、特に彼らの世界観では一番格下の日本に対する歯止めは一切存在しま
せん。
その結果が国内における「在日朝鮮人の存在」であり、「在日朝鮮人の地方参政
権要求(選挙権だけのはずが、将来は被選挙権も手中にするつもりのようです。
人権擁護法が通ってしまったら、シャベツだなんだと喚きたおして国政選挙・
被選挙権もゲットの算段でしょうね)」であり、外交問題における竹島の件なので
す(向こうの地方レベル、民間レベルでは対馬も我が領土と言い出してますから
ね、竹島の件で火病が極まれば、韓国政府として公式に領有権を主張しかねま
せん。またそうでもしないと火病る国民の怒りの矛先が自分たちに向かってきか
ねませんしねぇ・・・)。

再度の経済危機の兆候が見えてきているのに、米国には牛肉の件で噛み付き
「ローソクデモ」、日本に対しても「宣戦布告も辞せず!」と国を挙げて火病まるで
人間松明のごとし。
燃えろよ燃えろーよ♪ 火病よ燃えろー♪

経済破綻の深淵を前に、理性的に接すれば必ず助けてくれる日米にこれだけの
過激な行動を見せる一方で、金剛山では同胞が射殺されたというのに北に凄ま
れればもうダンマリ。
実利よりも情念を優先し同胞愛に溺れる自称世界最優秀民族の誉れここに極
まれりですな。
もう断交でも宣戦布告でも対日経済制裁wでも、その自尊心が満たされるまで
一度とことんまでやってみてください。好きにしてください。その代わり、その結果
今後何か起こっても絶対に同情しないし助けませんよ。
それが今の私の偽らざる気持ちなのであります。

それにしても・・・
「宣戦布告」というのはかつては北朝鮮の専売特許でしたけれど、ノムヒョン
閣下の就任からというもの、韓国でもよく使われるナイスなフレーズになりました
ね。
左傾化して国民のメンタリティが北のそれに近づいてきた何よりの証左と思われ
ます。

よかったね、もうじきいっしょになれるよ。

|

« 上越線・岩原スキー場前駅 | トップページ | 越後湯沢駅(上越線/上越新幹線) »

特定アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上越線・岩原スキー場前駅 | トップページ | 越後湯沢駅(上越線/上越新幹線) »