« 越後中里駅(上越線) | トップページ | 上越線・岩原スキー場前駅 »

2008年7月 9日 (水)

弱者は見殺しカトちゃんペッ!

自民党の加藤紘一元幹事長は7日夜、日本BS放送の番組に出演し、2002
年に北朝鮮から一時帰国した曽我ひとみさんら拉致被害者5人に関し、同国
に戻さないとした当時の政府決定について

「国家と国家の約束だから、(戻した方が)よかった。安倍(晋三前首相)さん
を中心に返すべきでないとなったが、その辺が今、日朝の間で打開できない
理由だと思う」

と述べ、官房副長官として永住帰国への方針転換を主導した安倍氏の対応に
問題があったとの認識を示した。
→http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008070700894

ここのところ、内外共に呆れ果てるニュースが続いている昨今ではございますが
、加藤議員のこの発言はちょっと見過ごせない事なのであります。

拉致された方々の原状回復を図る事、すなわち外国の脅威から自国民の生命
を保護する事は相手が何者であろうと国家の国民に対して成されるべき最初の
誓約であり義務です。
それが国民主権の民主国家として当然の姿です。
民主国家の尖兵たるべき国会議員のあり方もそれと全く同様です。外国からの
脅威から国民の生命を守るべく活動する、それが国会議員が議員たるべき基本
なのであり、自らを選出してくれた有権者(日本国民)に対して果すべき第一の
義務であり誓約であるべきなのです。
しかし加藤議員は「国家と国家の約束」をそれら義務や誓約よりも重いと考えて
おられるようです。しかも相手は最高指導者の指示によりかかる所業を行った、
また拉致以外にも世界を舞台におよそ思いつく限りの国家犯罪に手を染めデフ
ォルトも核開発の横紙破りも平気の平左、非難の石つぶてにも蛙のツラに何と
やらの厚顔無恥な犯罪国家。
そんな連中との約束を拉致被害者の人権よりも優先されるとは、加藤議員は人間
性善説に立脚した現人神のような心性の持ち主なのか、そもそもの人権や犯罪
に対する価値感が倒錯しておられるのか、はたまた御自分が連中と色々あって
(精神的に拉致されて身動きとれない状態ですか?)重度の「ストックホルム症候
群」に罹患されておられるのでしょうか?

ともかくこの方、所詮は拉致被害者の方々を北との国交正常化で美味しい思い
をする為の、もしくはスキャンダラスな恥部に蓋をして墓場まで持っていく為の
道具ぐらいにしか考えていない事がこの発言ではっきりしましたね。
拉致被害者=弱者を無情に見殺し・切り捨て、おそらく日本国内の我々庶民も
弱者と捉え、己の欲望の為には道具として使いあっさりポイ捨てでも構わないと
お考えなのではと、その破廉恥極まる御心中をお察し致しますです。
まぁ、同じ事を考えているセンセイ方は与野党共に大勢おられるようですし、
そういう筋のお歴々の拉致問題に対する世論観察のアドバルーンに体よく利用
された形なのかもしれませんが・・・。
そうであるならば自民党元幹事長にして一時は総理総裁の最有力候補と目され
た政治家の末路としては哀れ極まりですね。

ここまで国民の人権を無視し馬鹿にした発言をオフィシャルな場でおっしゃった
加藤議員、当然それなりの覚悟はされておられるものと思いますが、果たして?
社民党・辻本議員の「私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の“国壊
議員”や」発言や民主党・岡崎議員の「満面の笑みでジュウグンイアンフデモ
に参加」(→www.tamanegiya.com/okazaki.html)でもほとんど
華麗にスルーのマスコミ各社
ゆえ、今回の加藤議員の発言もサミット報道にかこつけてスル~、当の御本人
も知らぬ顔の半兵衛を決め込むおつもりなのでしょうが、心ある有権者はあなた
の今回の御発言をよく覚えておきますよ。

・・・しかし、仮に議員辞職に追い込んだところで、次回総選挙ではみそぎは済
んだと立候補し、圧倒的な票数で当選をされるのでしょうね。
加藤議員の選挙区は何故か民主党が対立候補を立てないんだそうで。
困ったモンだまったく・・・。
まぁ、私の住まいの選挙区も大きな事は言えないんですけどね。
私のところの選挙区は民主党の若手のおなごセンセイが連続当選されており
ますが、そのセンセイが師と仰ぐ大学のセンセイというのが「主体思想研究家」
でして・・・。
(「主体思想研究家」といえばいかなる思想信条の持ち主なのか察してくださ
いませ)
前回の新潟県知事選では現知事(新人)を苦戦させた程の知名度を誇って
おります。
彼の愛弟子のおなごセンセイ御本人も「外国人参政権賛成」「人権擁護法
賛成」。
前回衆院選時の大手新聞(確か産経だと思いますが)のインタビューでは

「拉致問題は選挙の争点ではないから云々」

とおっしゃったとかおっしゃらなかったとか。
拉致問題の象徴である横田めぐみさん拉致が行われた街の国会議員がこんな
調子ですからね・・・。
では自民党の候補はというと、

「私は中央とパイプがあります!」(利権誘導があまりに露骨過ぎてワロスw)

と前々回の総選挙で御本人自らマイクを取ってまくしたてられた(私は直接拝聴
しました、結果は落選)、二昔前、三昔前によくいらっしゃった土建政治家の
系譜に繋がる方で、前回総選挙の郵政民営化に対する「踏み絵」では、一蓮托生
のはずの親分亀井センセイを見捨てて「郵政民営化賛成!!」とでっかい声で
吼えまくった少々アレな方なので、選択肢が無いんです・・・。
私などはもうアタマにきて、ぶっちゃけ共産党の候補に入れましたけどね。自民
・民主両党の候補のトンデモさ加減に対する批判票のつもりで。

こういう現象は今や日本中至るところで見られるようです。
与党も野党もマトモな候補がいない、どちらにしても国内問題に対してはあー
ゴニョゴニョ、売国度も中国人と朝鮮人移民受け入れ・日本国籍付与が一千万人
か三千万人かの違い。拉致問題、領土問題、歴史認識に関しても以下同文。
・・・溜息出ますね。

|

« 越後中里駅(上越線) | トップページ | 上越線・岩原スキー場前駅 »

特定アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 越後中里駅(上越線) | トップページ | 上越線・岩原スキー場前駅 »