« 新潟交通電車線廃線跡探訪その十六・月潟駅跡 | トップページ | 引っ掛かったふりをしてご相伴に(糞) »

2008年4月21日 (月)

出来もしない事を言ったってねぇ・・・

政府は19日、日本の防衛政策の基本指針となる「防衛計画の大綱」を5年ぶりに
抜本的に改定する方針を固めたそうです
→www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080419-OYT1T00894.htm

改定される新大綱では、中国の軍拡に対応して自衛隊の対潜能力やミサイル防衛
の強化などが課題になると見られるそうですが、「中国の軍拡」って、自衛隊
内部でのオフレコや「一部極右政治家の妄言」ではなくて政府レベルではっきり
言っちゃって大丈夫か!?とちょっと心配してしまいました。
チベット問題ですっかり「ばけのかわ」が剥がれてしまって、「大きな北朝鮮」に成り
果てた(元に戻っただけ)中国はこれを聞いて黙ってはいないでしょう。

「中国再侵略を画策する奸悪な日帝極右軍国勢力の策動に、我が人民は自存自衛
の断固たる決意で臨むであろう!」

とか言い出しそうですね、北京五輪が終わった次の日から早速・・・。
媚中派のあのセンセイやこのセンセイは中南海に呼びつけられて、ハニトラのエロ
い写真を突きつけられ、「なんとかならんか!」と凄まれて顔面蒼白で帰国しそう
です。
身から出た錆とは言え、誠にご愁傷様でございます・・・。

さてこの大綱改定では、自衛隊の対潜能力やミサイル防衛の強化を課題としている
との事ですが、海自の対潜能力は既に世界一流の水準ですし、ミサイル防衛に
ついてもイージス艦4隻の改修や陸上配備の迎撃ミサイルPAC3の配備が予算
化され着々と実行に移されております。

これ以上の対潜能力強化といっても、米海軍との特に情報面における一層の連携
強化、2010年代半ばに退役するしらね型ヘリ護衛艦2隻の後継を現在建造中の
ひゅうが型多目的ヘリ母艦(若しくはその改良型)とする事の確定、新型AIP潜水艦
を退役する在来型潜水艦と1対1の更新ペースの維持、新型哨戒機P-Xの戦力化
促進・・・。
素人が考えられるのはこんなところ、いずれも質的向上という既定路線の範疇に
入り、新味はないんですよね。
世代を経る事につれ、質的に前のモノよりも高くなるのは兵器システムに限らず世の
工業製品の常であり、また相手の質も向上しているのですからその関係は相対的な
ものです。
従って明確に「対潜能力強化」を謳うのであるならば、既定路線の範疇を明らかに
超えた事・・・、「更に高度な対潜技術」の獲得なのか、それとも一定の質の向上を
計った上で量的拡大を目指すのかの二択になります。
前者に関しては技術開発の実際を見るにまずないように思えますから、後者つまり
護衛艦、潜水艦、海上哨戒機の増勢(増やすというよりは冷戦後最初の防衛計画
大綱改定の水準に戻す?)なのでしょうか・・・?
しかしそれには正面装備調達予算の大幅増額が不可欠です。
予算規模が現状水準では、以前のエントリーで書いているように増勢どころか相当
の減勢を覚悟しなければなりません。

護衛艦に関していえば、現状の予算規模では現大綱別表で定められた約47隻は、
艦齢30年以上の老朽艦の延命を実施しない限り、30隻前後へ減勢を余儀なくされます。
潜水艦や海上哨戒機についても、1~2割の減勢を覚悟しなければなりません。
これだけのマイナスを生じる予算規模を、反転プラスに持っていくとなると、その
予算額は・・・。
しかも予算増が不可避な案件は他にも前述の「ミサイル防衛の強化」、それに現在
決定が先送りになっている空自ファントム戦闘機の後継機調達・・・。
陸自に泣いてもらうのにも限度がありますから(今まで泣かされっぱなし、もう鼻血も
出ない状態。これ以上予算削減=定員削減されたら災害派遣任務を全う出来なくなる
恐れあり)、これ以上の三自衛隊間での予算の融通(海空が陸から強奪)は不
可能かと思われますので、改定新大綱に沿った防衛力の整備を本気でやるとなれ
ば、防衛予算の他省庁に比較して突出した増加は不可避です。
しかし隙あらば予算を削ってやろうと鵜の目鷹の目の財務省が首を縦に振るとは
とても思えません。

従いまして、大綱改定による防衛力の強化をいくら謳ったところで予算の裏付けの
無いそれは絵に描いた餅そのもの。
また予算の裏付けを取ろうとしても、現在の政治環境では媚中派多数の民主党が
政局に結びつけて大騒ぎ、マスゴミ各社もその提灯持ちを買って出て、年金や
高齢者医療の問題と絡めてネガティブキャンペーンを張ってくるのは確実です。

財政的にも政治的にも、とても認められるとは思えない正面装備の増勢に繋がる
施策を打ち上げるよりは、防衛予算の現状水準を確実に確保し続ける事で、量的な
減勢は止むを得なくとも質的には一定の水準を保ち続ける一方、多額の経費を
要する新たな部隊の造成を行う事無く実行可能な限定的「対地攻撃機能」を自衛
隊に持たせる事の方がより国益に適う事だと私は思っているのですが・・・。

陸自には203ミリ自走榴弾砲の後継として、米国製の地対地ミサイル「ATACMS
」(最大射程は約120~160km)を導入、小型軽量で機動性に富む発射機HIM
ARSも併せて導入し、島嶼防衛に際して有効な火制手段を獲得する(あくまでも特科
部隊の装備更新であり、新たな部隊の造成は必要としない)。
海自、空自に関しては港に停泊中の艦船への攻撃並びに沿岸への限定的な攻撃が
可能な米国製ハープーン対艦ミサイル(海自で現用中)の最新モデルを導入、
護衛艦の一部と新型哨戒機P-X、F-2支援戦闘機に運用させ、侵攻船団及び
敵艦隊のみならず、揚陸作業中の敵地上部隊や装備に対するスタンドオフ精密打撃能力を獲得させる。
併せて国産で更に長射程の同機能巡航ミサイルを開発(既に現用の国産対艦
ミサイルをベースとするので、完全な新規開発に比べて時間もコストも短縮可能)する。
(ATACMSの導入については以前陸自で装備化を検討されており、国産の対地ミサ
イルの研究開発についても確か現中期防策定時に議論されたと思いますが、公明
党の反対によって見送られた経緯があります)

敵の戦力中枢(弾道ミサイルのサイロや管制システム)を狙える火力を早急に獲得
するのは予算上からも技術上、運用上からもまず無理です。
従ってそれは将来の課題として具体的な研究に着手しつつ、まずは上記の装備、
能力を早期に獲得していくのが費用対効果上、最も有効な施策ではないかと思い
ます。
非常にささやかな装備・能力ではありますが、従来の自衛隊には存在しなかった
ものです。
ゼロだったものが1になる(ゼロに何を掛けてもゼロですが、正整数は違います)
事のインパクト、相手へのプレッシャーは1以上のものになると推察できます。
己の足元をよく見てまず櫂より始めよ、費用対効果においていかにこちらの出費を
極限し相手の出費を極大化させるか、福田総理のおっしゃる
「相手の嫌がる事はしません!」
ではなく、最小の労力でいかに相手を嫌がらせるか。
それを考えていくのが防衛計画大綱の改定作業に際して肝要な事だと考える
次第です。

|

« 新潟交通電車線廃線跡探訪その十六・月潟駅跡 | トップページ | 引っ掛かったふりをしてご相伴に(糞) »

軍事」カテゴリの記事

コメント

島根県程度の予算でアメリカと渡り合ってる北朝鮮並みの人材があれば、今の予算で十分だと思います。
今の予算ではこれが精一杯なんていう政府や政府筋の評論家の言葉を鵜呑みにしていちゃ、暫定税率は絶対必要なんですってのと同じって気づかないと。
アメリカも中国牽制は、日韓でやるよりも北朝鮮でやるほうがずっと安上がりって気づいたというか、ぽつぽつ育っている日本の民族運動に手を焼いているというか。
なんの根拠もない、私の妄想ですけどね。

投稿: ヨーコ | 2008年4月25日 (金) 07時32分

>今の予算ではこれが精一杯なんていう政府や政府筋の
評論家

ではあなたはどのようにすれば良いと思っておられるの
ですか?
抽象論、観念論ではなく、私が書いたように防衛の現実
を踏まえた上で、専門知識に基づく具体的な施策をお書
き願います。


>島根県程度の予算でアメリカと渡り合ってる北朝鮮並み
の人材があれば

何の罪もない外国人を大量に拉致し(フランスでも今問題
になっていますね)、三十年以上前から債務不履行を平気
で行い、麻薬や偽札を国家ぐるみで造り、日本や米国との
取り決めや合意を平気で横紙破りして弾道ミサイルを日本
海に何発も発射してみたり核開発を全然止めずに、指弾
されれば火の海にするだの援助をもっとよこせだのと
詐欺外交、瀬戸際外交を飽きもせず繰り返してはホルホル
している恥知らずな国の人材を評価すべきだとあなたは
本気で思っていられるのでしょうか?


あと

>ぽつぽつ育っている日本の民族運動

って何を指しておっしゃっておられるのですか?
もしかして竹島の件ですか?
そうそう、前からお聞きしたかったのですが、竹島は
どこの国の領土でしょうか?
日本・韓国・北朝鮮、この三カ国の中から一つを選んで
お書きください。
条件付けとか歴史的経緯とかどこの国のものでもない
とか、そういう言い逃れは一切無しでお願いします。
領土主権の問題は簡潔にただYES or NOの話です
から。

一つ言っておきます。
逃げないでくださいね。
書き逃げしたら、私はあなたに対して然るべきレッテルを
貼りますよ。

投稿: みさっち | 2008年4月26日 (土) 15時35分

>抽象論、観念論ではなく、
っていわれましても、詳しいことは知りません。「なんの根拠もない、私の妄想です」ってことわってます。
>何の罪もない外国人を
って、日本だって琉球やアイヌに対して、拉致以上のことをしています。時効って言うのがありますから、拉致された時に言わないとって思いますけど。
拉致より新しいことでは、例えば薬害エイズとかB型肝炎とか熊本の冤罪事件とか、ごめんなさいで、済んでますよね。そんなもんじゃないですか?
拉致だけ特別に怒るのは政治的というべきだと思います。
>日本の民族運動
は、防衛庁の次官がやられたことです。沖縄警備隊でも一番人望のある日本人がやられていますけど、警戒しだしたって事は、起きているんだと思います。

投稿: ヨ-コ | 2008年4月27日 (日) 08時55分

>日本だって琉球やアイヌに対して、拉致以上のことをしています

アイヌの方々に関しては明治の北海道開拓時代、悲惨な話
が確かにありそれらにたいしては憤りを感じますが、それ
らの事例は天皇陛下のご指示でもなければ明治政府の指示
でもありませんよ。
開拓を請け負った業者の行った行為であり、またそういう
話は当時の日本人一般にもよくあった事です。
今日的な価値観でみれば理不尽この上ない話ですが、現在
とあの頃とでは人権や労働に対する価値観が大きく異なり
ます。
それらの時代的背景を無視するのはフェアなやり方では
ないと思いますが?
琉球に関して、そういう事があったとしても江戸時代以前
の話だと思いますが?
明治時代よりも更に価値観の異なる大昔の話ですよ?
それに類する話は世界中でありふれた事ですが?

それらに対し、北による拉致は拉致発生当時既に金日成
主席の後継者として、将来の国家指導者としての地位を
確実なものとしていた金正日現総書記直接の指示による
国家犯罪ですよ、それも僅か三十年前からの。

前述のアイヌの方々の苦難や薬害エイズ等の今日的問題
は日本の内政の抱える問題、拉致は日本国に対する重大
な主権侵害、国権侵害です。
それらを一緒くたにして論じるのは完全な筋違いですよ、
問題の根幹が全く異なります。

>拉致だけ特別に怒るのは政治的というべきだと思います。

ではあなたは、拉致問題についてどう決着をはかれば良い
とお考えなのでしょうか?
この点、簡潔且つ明確に述べていただきたい。


>日本の民族運動
防衛庁の次官って、守屋前次官の事でしょうか?
あのような個人的欲望や権勢欲に基づく事件が、日本の
民族運動とどう関係があるのでしょうか?
不勉強な私にぜひご教授いただきたいものです。

>沖縄警備隊でも一番人望のある日本人がやられていま
すけど
何の話でしょうか???
ご説明願えれば幸いです。

最後に、私の先の質問にあなた、完全に無視してますね。


竹島はどこの国の領土でしょうか?

ごく普通の日本人なら、何でこんな質問をするのだなどと
ごちゃごちゃ文句を抜かす前に、まず答えると思いますが?
あの社民党だって、不承不承ながら日本領と答える事です
よ。
改めて、

日本・韓国・北朝鮮、この三カ国の中から一つを選んで
お書きください。
条件付けとか歴史的経緯とかどこの国のものでもない
とか、そういう言い逃れは一切無しでお願いします。
領土主権の問題は簡潔にただYES or NOの話です
から。

以上です。

投稿: みさっち | 2008年4月27日 (日) 10時17分

竹島にこだわるって事は、私は活動家って疑われているってことでしょうね。
竹島は日本の領土だと思いますよ。
拉致問題は、謝ったので決着済み。
どうしてもって言うんなら、軍隊とか特殊部隊とかで強行救出ですが、そこまでする価値は無いと考えます。戦争になる危険がありますから。
戦争の危険を犯してまで解決すべき問題じゃないと理解しています。
まあ、そもそも日本は戦争できないですけどね。
次官の件は、アメリカのいいなりにならない次官が更迭されたと理解しています。
警備隊の件は偶然見た夕方のTVで特集されていまして、ご自身で調べていただきたいと思います。私は、臆病なので、その人と同じ目には合いたくないですから。

投稿: ヨ-コ | 2008年4月27日 (日) 13時09分

>拉致問題は、謝ったので決着済み。

拉致被害者の現状回復も無しでハイそうですかと済ます
んですか?
それに謝ったといっても、金正日総書記が部下に責任を
擦り付けただけでしょう。
また責任を擦り付けた部下を処罰したといっても、拉致
実行犯の一人シンガンスは北朝鮮の英雄として今もかの
国でのうのうと暮らしているんですよ。
この事一つを取っても、どこが「謝った」と言えるので
しょうか?


>どうしてもって言うんなら、軍隊とか特殊部隊とかで強行救出ですが

確かにそれも手段の一部で、我が国にそれを実行するだけ
の腕力が全く無いのは事実です。
しかしそうであっても、何の罪も無く一方的に拉致された
方々の故国への帰国を諦めさせるわけには断じていきません。
政府要人や国会議員はもとより、我々日本国民一人一人が、拉致は北朝鮮の国家犯罪であり、人権に対する重大な
挑戦であり、またそれは日本一国の問題では無く、国際
社会共通の懸念であり問題である事を国際社会に向けて機
会ある毎に何度でも、何百回、何千回、何万回でも発言し
続けなければなりません。
肝心な事は絶対に諦めないという事。
かかる無法に絶対に屈しないという事。
例え腕力が振るえずとも、我が国はこういう国柄なのだと
いう事を世界に発信し続ける事。
それが拉致被害者奪還の力になると同時に、今後二度と
このような犠牲者を出させないという我々の決意であり、
犯罪国家に対する強い心理的抑止力となるのを私は信じて
います。

>次官の件は、アメリカのいいなりにならない次官が更迭されたと

守屋前次官はその在任中、米国の「テロとの戦い」に追随
した小泉政権下にあって、防衛庁事務方トップとして米国
支援の為の法整備と部隊派遣に辣腕を振るった人で、むし
ろ米国の意向に忠実に従った、あの国にとっては非常に都
合が良く頼りになる人材であったと思うのですが?
その人のどこが「アメリカのいいなりにならない」ので
しょうか?
簡潔且つ明確にお答え願いたいです。


>警備隊の件
色々調べましたが全く解りません。
こんな場末のゴミブログでも書けない事を、夕方のテレビ
でよく放送できましたね。
非常に興味が沸きました。重ね重ね恐縮ですが、仔細を
ご教授頂きたく、お願い申し上げます。


投稿: みさっち | 2008年4月27日 (日) 16時07分

参りました。
降参します。

投稿: ヨ-コ | 2008年4月28日 (月) 07時43分

>参りました。
降参します。

ここでのやりとりは勝ち負けの話ではありません。
私はどのようなプロセスであなたが諸問題について
「理解した」のか「判断した」のか、それが知りた
いのです。だからお尋ねしているのです。

>拉致問題は、謝ったので決着済み。
なぜそのように判断されたのですか?

>次官の件は、アメリカのいいなりにならない次官
が更迭されたと

なぜそのような理解に立ち至ったのですか?


私はあなたのおっしゃる事に、一応の回答と意見表
明をしました。
従ってあなたも私の問いかけに対して筋道の立った
、それなりに理屈の通った回答をする義務がありま
すよ。
それがフェアな議論というものです。
それに、元々このエントリーの議論は、あなたの方
から仕掛けてきた事なのをお忘れなく。
言いだしっぺがこれじゃダメダメですよ。

前にも書きましたが、逃げないでくださいね。
このまま降参とかくだらない事を言ったまま書き逃
げしたら、私はあなたに対して然るべきレッテルを
貼りますよ、いや貼り続けますよ。

投稿: みさっち | 2008年4月28日 (月) 22時26分

お詫びのしるしに死にます。

投稿: ヨ-コ | 2008年4月29日 (火) 09時42分

こんな場末のゴミブログの管理人に多少きつい
事を言われたからといって死ぬ必要は全くござい
ません。
単に私はあなたの事を「ああ、そういう人
なんだ、まともな議論が出来ない人なんだ」と
認識理解したまでの事で、他にどうこう
するつもりもありません。

投稿: みさっち | 2008年4月29日 (火) 21時38分

shock>>みさっちさんへ

このブログが無い時代からフェチ関係でお世話になっているものです。ふとブログを覗いてみると、意外と真面目な事も書いてあって驚きました。
なんだか荒れて居るようですが、一つの議題に対して複数の見方があって、絶対的に正しいものなんて無いのだから気にする必要はないと思いますよ。私も、貴方の論が「すべて正しい」とは思いませんが、共感できる部分は多いです。

>>ヨーコさんへ
ウザイ、死ね。
と片付けてしまえれば良いのですが、それでは貴方と同レベルになってしまいますね。あなたはこのブログに対する反論で息を荒げているようですが、何様ですか?
仮に貴方がこんなミクロなレベルでの議論に満足して何も行動を起こしていない、というのでしたら、ただの軽蔑の対象にしかなりえません。(あなたが中学生、というのなら話は別ですけど)文句を言うだけなら誰でもできます。

もし、貴方が対外的に議論を発しているのなら、上記の発言を取り消して貴方を全力で尊敬しますけど。力を入れるところが違うのではないですか?一民間人を議論で打ち負かして、有意義なところあるのでしょうか。(あなたは楽しいのでしょうけどね。きっとサディスティックな性癖をお持ちのことでしょう)

投稿: 他人 | 2008年4月30日 (水) 17時17分

>>ヨーコさんへ
すみません、普通に言い過ぎました。というのは、

「こんな場末のゴミブログの~」

というのが、ヨーコさんの発言で、

「お詫びのしるしに死にます」

というのがみさっちさんの発言だと勘違いしてしまったからです。

えらく罵倒しているな、と勘違いして、えらくきついことを書いてしまいました。もし読まれることがあったらお詫びします。


投稿: 他人 | 2008年4月30日 (水) 17時22分

私とヨーコさんのやりとりを逆に読んでお書きに
なったようですので、


>>ウザイ、死ね。
と片付けてしまえれば良いのですが、それでは貴方
と同レベルになってしまいますね。
あなたはこのブログに対する反論で息を荒げている
ようですが、何様ですか?
仮に貴方がこんなミクロなレベルでの議論に満足し
て何も行動を起こしていない、と
いうのでしたら、ただの軽蔑の対象にしかなりえま
せん。(あなたが中学生、という
のなら話は別ですけど)文句を言うだけなら誰でも
できます。

もし、貴方が対外的に議論を発しているのなら、上
記の発言を取り消して貴方を全力
で尊敬しますけど。力を入れるところが違うのでは
ないですか?一民間人を議論で打
ち負かして、有意義なところあるのでしょうか。
(あなたは楽しいのでしょうけどね。
きっとサディスティックな性癖をお持ちのことでし
ょう)

というのは私に対するご意見としてしかと賜りまし
た。


私の拉致被害者の方々の無事帰還を願うという考え

>>ウザイ、死ね。

なのですか。
私はこのような自分の意見が大局として間違っては
いないと思っておりますし、撤回するつもりは全く
ありません。
しかし一般世間、とりわけあなたがたのような着ぐ
るみ好きの方々の常識は違うのですね。

「向こうが謝ったから拉致問題は解決済み」

私からすれば、とても日本人の言う事とは思えませ
んが、きっと私の考えは間違っているのでしょう、
しかし私は絶対に自分の考えを撤回致しません。
自分の家から十キロほどしか離れていない場所で実
際に拉致事件が起こった、横田めぐみさんが理不尽
にも拉致された。こんな身近且つ惨い話を見過ごし
ておく事は断じて出来ません!
軽蔑したければどうぞご自由に。
どうせ「文句を言うだけなら誰でもできます」な
つまらない人間ですから。


>>もし、貴方が対外的に議論を発しているのなら

非常にささやかながら、こうして場末のゴミブログ
から議論を発しています。
一般に、個人ブログで一日50hitあれば成功の
部類だと言われておりますが、幸い当ブログはその
3~4倍のアクセスを頂戴しております。
それでも「対外的に議論を発しているのなら」と
おっしゃるのであれば、プロの評論家、コメンテー
ター、文筆を生業とする方以外は何も言うな、書く
なという事なのですね。


>一民間人を議論で打ち負かして、有意義なところ
あるのでしょうか。

ヨーコさんは過去、当ブログの

ttp://bakenokawa.tea-nifty.com/mfd/2005/10/post_4077.html

ttp://bakenokawa.tea-nifty.com/mfd/2005/11/post_1c13.html

において私に議論を仕掛けてました。
そして後者の方では、私から見れば頓珍漢な事をおっ
しゃった後、それを受けた私が少々専門的な事を書い
たらそれきり逃げてしまわれました。
その件があったので、今回はそういう事のないように、
徹底的に議論を尽くす為に

「逃げないでくださいね」

と念押しをしたのですが、それも非難の対象なのです
ね。

デンパサヨクの方の常套手段として

「誰かに吹き込まれた理屈、極端に偏ったものの見方を
さも自分が100%正しいという態度で議論を仕掛け、
批判し、それが相手に論破されると言い逃げ、書き逃げ
、無視を決め込む」

なのが、私のこれまでの拙い経験から導き出された事
です。
そういう不実でいい加減な行為を許さない姿勢も

「サディスティックな性癖」

と非難されるのであれば、もう何も言う事はございま
せん。

アホらしくて馬鹿馬鹿しくて、もうやっていられませ
んな。

投稿: みさっち | 2008年4月30日 (水) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟交通電車線廃線跡探訪その十六・月潟駅跡 | トップページ | 引っ掛かったふりをしてご相伴に(糞) »