« 消え逝く高度経済成長時代の残照 | トップページ | ドロンジョマスクを被ってみた »

2008年3月20日 (木)

新潟交通電車線廃線跡探訪その十三・味方中学前駅跡

新潟交通電車線廃線跡探訪・第十三回は味方中学前駅跡。
当駅は電鉄線廃止時の起点である東関屋駅から14.4kmの地点に所在していました。

開業は昭和28年4月1日で、開業当時の所在は新潟県西蒲原郡味方村。
電車線が廃止された1999年4月時点でも同村の所在で、味方村は電車線廃止の約六年後の2005年3月に新潟市に編入されて、同市南区になって今日に至ります。

Ajikatachugakumae0010504
味方中学駅前の待合室、2004年5月撮影。
電車線廃止から約五年後の様子です。
随分と荒廃していましたが、建物の原型はしっかり保っていました。

Ajikatachugakumae0020504
吉江駅方から見た味方中学前駅ホームの様子、2004年5月撮影。
昭和28年の開業以来一貫して「停留所」だった棒ホームです。
ワンマン運転用のミラーが二本共残っていました。

Ajikatachugakumae0030504
ホーム中央部の様子、2004年5月撮影。
駅名標は枠だけが残っていました。
駅名標の右側の朽ちかけた柵もなかなか味わい深いのです。

Ajikatachugakumae0040504
味方駅方から見た廃ホームの様子、2004年5月撮影。
この時点ではホーム、待合室、レール、架線柱の四点セットがしっかり残存していました。

Ajikatachugakumae0050504
線路と並行する路上から見た味方中学前駅全景、2004年5月撮影。
ホームの有効長はギリギリ三両というところ。
廃駅の周辺は駅名が示すように中学校が立地する味方村の文教地区で、真新しい住宅が建ち並んでいる中にこのような廃墟。
周りとのギャップが強烈でありました。
懐古系廃墟系鉄ヲタとしては万感胸に迫るものがある一方、住民感覚で見れば鉄道廃止後五年も経つのにこんな廃墟が近所にあるのは、とても褒められた話ではありませんな。
その辺のせめぎあいでやるせない気持ちになった、皐月の土曜の夕刻なのでした。

この訪問から約三年半後の2007年11月に再訪したところ、すっかり様変わりしていて驚愕しました。

Ajikatachugakumae1011107
Ajikatachugakumae1021107
あの廃墟がこのような見栄えのする「味方中学前駅跡地公園」に生まれ変わっていました。

Ajikatachugakumae1031107
Ajikatachugakumae1041107
廃駅がいずれ姿を消し、その敷地がこのような用途に転用されるのは当然の話なのですが、鉄ヲタの感情論としてはやはり寂しい・・・。
しかしここでは駅のホームを模した空間が綺麗に整備されて、模擬の駅名票にはここがかつて鉄道の駅であった事を明記しています。

Ajikatachugakumae1051107
味方村として、この地に鉄道が走っていたという歴史を忘れない、後の世代にも語り継いでいくのだという心意気が感じ取る事が出来ます。
電鉄線の廃駅跡のいくつかでもこちらのような活用の仕方をしてもらえれば感謝の極みと当時思ったものです。

Adichuu05
味方中学前駅跡地公園から白根方面へ進んで300m弱までは舗装されていましたが、その先はこのようにレールを撤去された廃路盤がしばらく残っていました。

|

« 消え逝く高度経済成長時代の残照 | トップページ | ドロンジョマスクを被ってみた »

R008 新潟交通電車線廃線跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消え逝く高度経済成長時代の残照 | トップページ | ドロンジョマスクを被ってみた »