« 新潟交通電車線廃線跡探訪その十一・七穂駅跡 | トップページ | 消え逝く高度経済成長時代の残照 »

2008年3月 4日 (火)

新潟交通電車線廃線跡探訪その十二・吉江駅跡

新潟交通電車線廃線跡探訪・第十二回は吉江駅跡。
吉江駅は旧・西蒲原郡味方村(現・新潟市南区)に所在していた棒線の無人駅でした。
電鉄線・東関屋-白根間が開業したのと同時の、1933年(昭和8年)4月1日に開業しました。
東関屋駅から13.5km、七穂駅からは1.2km地点にあります。
ここ吉江駅跡は前回紹介した七穂駅跡同様、周囲にランドマークと呼べるものが無いところなのですが、電鉄線沿いの集落の宅地密度は上がっているようにも見えて、板井、七穂ではついぞ見かけることのなかった人気も感じられ、ホッとした気分にさせてくれました。
廃駅巡りで「滅び」のイメージばかりを見せつけられていると、好きでやっている事とはいえ精神衛生上あまりよろしくないかなぁと思う時があります。
2004年5月に思い立って新潟交通電車線の廃線跡歩きを始めて、この駅に至るまでに眺めて来た板井、七穂両駅跡は周囲に人気も無く、特に七穂駅跡は駅の原型をほとんど留めず、かといって敷地が完全に転用されているわけでもなく中途半端に放置されている様が「見捨てられた場所」「滅び」のイメージをこちらに強く抱かせて、五月にしては強い日差しの下を昼食も摂らずに延々と歩いてきた疲れも手伝ってか、流石にスキモノの私もめげてしまいました・・・。
そんなこんなですっかり弱気の虫に取り憑かれ、「今日はここまでにするか・・・」と足を引き摺り引き摺り辿り着いたのがここ吉江駅跡でした。

yoshieold06
吉江駅跡はホーム上の木造で小作りな待合室も未だ健在、2004年5月撮影。
室内には電鉄線廃止を告知する看板が置いてありました。
「新潟交通電車線(東関屋-月潟間)は平成十一年四月四日迄で営業を停止し鉄道事業を廃止致します。永年に渡御利用戴き感謝申し上げると共に今後は代替バス(四月五日より運行)の御利用をお願い申し上げます 平成十一年三月」
2004年5月の電鉄線廃線歩きで、こんな看板を廃駅で見たのは後にも先にもここだけです。
廃線から5年以上経ってもまだこんな看板が残っていたとは・・・、貴重なモノを見させてもらいました。

yoshieold01
七穂駅方から見た吉江駅。
中之口川の堤防道路の直下に張り付くように駅が置かれていました。

yoshieold03
前述のように、待合室は荒廃が進んでいますが残存しています。

yoshieold02
味方中学前駅方から見た吉江駅構内の様子。
駅名標は枠の柱だけが残っています。

yoshieold04
電鉄線と並行する路上から見た吉江駅の様子。

yoshieold05
堤防道路上には駅への出入り口があります。
板井駅のように集落側にホームを置けば良いと思うのですけれど、駅用地の取得上こうならざるを得なかったのでしょうか。

それから三年半後の2007年11月に再訪した吉江駅跡は、この時期の他の諸駅同様にレールが撤去されていました。

yoshie01
画像右側の廃枕木の束が、全てを象徴していますね。

yoshie02
廃ホーム上には廃枕木が置かれていて、ホームを歩くのも一苦労。
しびとの棺桶の葬列に迷い込んだような違和感が実に嫌でした。

yoshie03
生活道路からホームへのアクセスが容易なので、重機によるホーム撤去もきっと円滑に進んだことでしょう。

yoshieold07
yoshie04
吉江駅から味方中学前駅に向かって堤防道路を進み、振り返って一枚。
上は2004年5月、下が2007年11月撮影。
鉄路は生気を失いましたが、町並みも人々の平和な営みも何ら変わる事は無く。

|

« 新潟交通電車線廃線跡探訪その十一・七穂駅跡 | トップページ | 消え逝く高度経済成長時代の残照 »

R008 新潟交通電車線廃線跡」カテゴリの記事

コメント

ども。zenzoです。
そ~ぃぇばその昔。私も電車好きが講じて 鉄道関連を目指したこともあったなぁ。
乗って出かけることはもちろん 写真を撮ったりその場の風景を楽しむことも好きで
「鉄道オタク」とはいわないですけど 「鉄道小僧」でしたネ。
あれから行く年。。月日が経ち 車を使うようになってからは「電車に乗って移動する」ということが 日常でも皆無になってしまいましたなぁ。
みさっち様の「探訪シリーズ」は 私に 『そ~ぃやぁ。。列車(電車)に乗ってあそこに出かけたなぁ。。。』と
むか~~しむかしを思い出させてもらえます。^^
yoshieold02jpgの感じやyoshieold07jpgなどはいいですねぇ。
おー。。ジブリの映画に出てきそうですな。^^

投稿: zenzo | 2008年3月 8日 (土) 22時19分

おっしゃるように、「クルマの味」を一度覚えてしまうと、
電車を利用するなんて面倒くさくって遠ざかってしまいますよね。
私も一時期はクルマ命で、鉄ヲタを廃業していた時期がありました。
まぁその後ドクターに「クルマに頼って運動しないと半身不随になるで」と宣告されたのを機に、プライベートでクルマ
に乗るのは止めた次第で、その結果現在の体型への肉体改造と鉄ヲタ稼業ふっかーつ!とあいなったわけでw。
何かを始めるにはきっかけ、それも相当強烈なモノが必要
なのでございます。

投稿: みさっち | 2008年3月 9日 (日) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟交通電車線廃線跡探訪その十一・七穂駅跡 | トップページ | 消え逝く高度経済成長時代の残照 »