« 恐怖劇場アンバランス「吸血鬼の絶叫」への遥かな道 | トップページ | 新潟交通電車線跡探訪その四・ときめき駅跡 »

2007年12月26日 (水)

新潟交通電車線跡探訪その三・寺地駅跡

新潟交通電車線廃線跡・第三回は寺地駅跡。
寺地駅は西蒲原郡黒埼町に所在した(現・新潟市西区)駅で、昭和42年(1967)10月1日の開業。
「停留所」としての開業で、平島駅同様一貫して棒駅として廃止に至っています。
寺地駅は東関屋駅跡から2.8km、平島駅から1.0kmの地点にありました。
信濃川に架かる平成大橋と、国道8号-国道8号新潟バイパス-国道116号の結節点である新潟黒埼ICが至近にあります。 平島駅跡から県道で西川を渡り、かつての踏切跡を通って反対側の比較的新しい住宅街を望みながら廃線跡を進むことしばし、一組だけ残った架線柱をランドマークにした寺地駅跡が見えてきます。

terachi01
電鉄線跡と並走する路上から旧寺地駅周辺を見る、2007年10月撮影。

terachi02
旧寺地駅ホーム出入り口の様子、2007年10月撮影。

terachiold01
駅に来た道とは反対側の路上から見た旧寺地駅の様子、2004年5月撮影。

terachiold02
ときめき駅方から見た旧寺地駅構内、2004年5月撮影。
前述したように当駅は昭和42年の開業で、電鉄線の駅としては後発です。
ホームは基礎から伸びる小柱に支えられた素っ気無い作りのコンクリート製ですが、それが幸いして平島駅跡のような開業時期の古い、作りのしっかりした駅にありがちな雑草の跋扈する、小屋作りの待合室や駅舎の撤去跡も痛々しい荒涼とした感じは無く、隣接するときめき駅跡と共に、現役当時の面影を最も色濃く残しています。

terachiold03
平島駅方から見た旧寺地駅構内、2004年5月撮影。
駅は宅地の只中にありますが、それにも関わらず赤字を重ね廃止のやむなきに至ったのです。

terachi03
前回訪問から3年五ヵ月に再訪した旧寺地駅の様子、2007年10月撮影。
この時点でも前回と大きな変化はありません。

terachi04
旧寺地駅の左横には、「寺地駅」が表記された上屋付きの駐輪場が健在でした、2007年10月撮影。
しかし今となっては使う人がいるのかどうか。

隣の平島駅跡は廃墟然として少々不気味な感じですが、ここ寺地駅跡は往時そのままのホームに立って東関屋側を見れば、今にも電車がガタゴトと走ってきそうな好ましいムード。
この駅跡などは市と会社の譲渡の折り合いがついた後でも解体せずに、電車の一両でも置いて地域の子供たちの遊び場並びに電車線のモニュメントにすればいいのに・・・と部外者の無責任な戯言ながら強く思うわけであります。

|

« 恐怖劇場アンバランス「吸血鬼の絶叫」への遥かな道 | トップページ | 新潟交通電車線跡探訪その四・ときめき駅跡 »

R008 新潟交通電車線廃線跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐怖劇場アンバランス「吸血鬼の絶叫」への遥かな道 | トップページ | 新潟交通電車線跡探訪その四・ときめき駅跡 »