« なぜ中越地方ばかり・・・ | トップページ | 青海川駅土砂崩落 »

2007年7月22日 (日)

I’m Here・小比類巻かほるさん

人間、相応の歳になってまいりますととかく昔の事を懐かしむ心境に入って
まいるものですが、私も御多聞に漏れずそのような境地にしばし入っては
嘆息のここ最近にございます。

私のソレは、KOHHYこと小比類巻かほるさんの歌声。
(一般的にはCITY HUNTERの初代主題歌や沢口靖子さん主演ドラマの
主題歌゛Hold On Me゛や゛TONIGHT゛が知られているかと)
ずーっとCDラックの奥に眠っていた彼女のアルバム、ふと気が向いてよっこら
しょっと引っぱり出し、久々に聞いて見た事。
「SO REAL」「小比類巻かほるBEST」「DISTANCE」
「Silent」「Silent(ライブ版)」・・・私所有の彼女のアルバムはこの5枚なんで
すが、なんかもう聞き惚れてしまって、私の小虫のごとく感受性も潤いもない
ささくれ立った魂も追憶の青く深い水底にふーっと静かに漂い落ちていくような
感覚にしばし浸っておりました。
彼女の歌を聴き始めた頃の色んな出来事や思い出を、彼女のあの頃そのまま
の歌声と共に想起してはノスタルジーが止まらない・・・。

小比類巻かほるさんは、私が初めて自発的に聞き始めたシンガーでありまして、
学生の頃に悪友の家で゛I’m Here゛という曲を聴いて圧倒されてしまったのが
その馴れ初め。
ちょうど周囲で色々不幸が続いて凹んでいた時期でしたので、あの曲の

いつかは今日もあの日になって 笑える日がくるよ

愛してるよ 今、素直に言える

ここにいるよ 思い出は消えない

・・・この辺の詩と彼女のソウルフルな歌声が見事にシンクロして私の心を
優しく癒してくれましたね・・・。

また私の家は結構スパルタ&硬派で、いわゆるアイドル総出演の番組や
「ザ・ベストテン」などは「くだらない」と一切見せてもらえずに育ちました故、
一般の歌謡曲や流行歌には全く興味が無く、歌と言えば「特撮ソング」
「アニメソング」もしくは「軍歌」(高校生の時既に゛海~の漢だ艦隊勤務゛
とか唄ってたしw)という極端な振幅ぶりを見せて周囲を思いっきり引かせて
いたものですが、この゛I’m Here゛を聞いて世界観がコペルニクス的大転換
を遂げましたね、やっとフツーの若者になれたと言えましょうか・・・
その後渡辺美里さん、HOUND DOG、尾崎豊さん、浜田省吾さんと続けて
自発的に聞き始めましたからねぇ、カラオケ行ってもチョイスは今なお概ね
このメンバーからだし。
そういう点でも私の人生において、一つの転機を与えてくれたのが小比類巻
かほる
さんなのであります。
゛I’m Here゛を聞いてなかったら、多分あの極端な振幅のままでカラオケに
行ってもバカにされるかドン引きされるかのどちらかだったのは請け合いw。

事程左様に、私の世界観に多大な影響を与えた小比類巻かほるさんですが、
だいぶ前からそのお姿、歌声をテレビやラジオで見聞する事がなくなりました。
それで私の中では彼女が「思い出のひと」になっているのが、前述の「懐か
しさ」を強く感じさせる要因になっているんですけどね。
「渡辺美里」「HOUND DOG」(色々モメてアレだけど)という作品はまだ完結して
いないけど、「小比類巻かほる」という作品は、私の中では既に完結した
作品に思えるんですよ(勿論御本人は今も健在で活動しておられますけど)。
美里嬢はじめ小比類巻かほるショックの後で聞き始めたシンガーは、亡くなった
尾崎さん以外はいまだパリバリの現役ですから、彼女、彼らを聴き始めた頃の
曲を聴いてもそれほどノスタルジックな想いは抱かないんですよね。
御本人たちは現在進行形でメジャーに活動されているので、過去の曲も例えて
言えば長期連載中の小説の第一巻を読んでいる感覚に近いかなぁ・・・。

今回再び彼女の世界に浸ったのも何かの啓示なのだろうと、まだ聴いた事の
ないアルパムを求めて中古CDショップを覗いて、得意の目ざといアンテナを
びんびんに働かせてキャッチに成功! その数2!!
(つーか、たった二枚と言った方が正しいが)
1988年リリースの「HEARTS ON PARADE」と94年リリースの
「KOHHY-1」の二枚を目出度くゲットしましたが、投資額は僅か金250円ナリ。
「HEARTS ON PARADE」はたったの50円でしたよ・・・いくらなんでも
安過ぎorz。
盤に傷も少ないし経年を考えれば非常にコンデション良なんだけど、彼女の
一般的な知名度の低さが起因しているんだろうなぁ、この安さは。
(余談ですがモー娘やミニモニ、プッチモニが二束三文で売り飛ばされていた
のには笑ってしまったw。渡辺美里さんのアルバムが数年前の作品で
¥1600とか結構な値が付いていたのと対照的。オリジナルの世界観を持た
ないビジュアル重視の流行モンは飽きられるのも早し)

価格のあまりの安さに色々複雑な思いを抱きつつ帰宅して早速鑑賞。
~っ・・・やっぱりKOHHYは良いなぁ!
切々と謳いあげるバラードも、硬派でワイルドなロックも。
特に「KOHHY-1」の゛MISTER~今なら素直に言える~゛は聴かせてくれる
ぜまったく・・・(惚)。

例えば渡辺美里さんだとアルバムの曲の好みがはっきり分かれちゃったり
するんだけど(気に入った曲はマイベストに焼いて繰り返し聴くんだけど、
そうでない曲は一度聴いたっきり二度と聴かない)、小比類巻かほるさんの
アルバムの場合は美里さんと比べて何度も繰り返して聴く曲の数は少ない
ながら、反面二度と聴く気にならない曲も非常に少ないので、
アルバムとしてのトータルなリスニング率は高いって事を「KOHHY-1」に
接して今更ながら認識したところです。
来週の日曜は選挙行った後でKOHHYの未聴アルバムを求めて市内の
中古ショップ行脚というのに決定っすねっ!

|

« なぜ中越地方ばかり・・・ | トップページ | 青海川駅土砂崩落 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ中越地方ばかり・・・ | トップページ | 青海川駅土砂崩落 »