« 青海川駅土砂崩落 | トップページ | 新潟交通電車線跡探訪その一(東関屋駅跡) »

2007年7月28日 (土)

信越本線・青海川駅(中越沖地震以前)


前回エントリー
で書いた、中越沖地震で被災した青海川駅ですが、復旧作業の為に駅舎は解体されたとの事。
予定では青海川駅の紹介エントリーはだいぶ先だったのですが、駅舎解体及び復旧作業により駅の雰囲気もだいぶ変わってしまうと思われますので、今回の駅紹介は被災前の信越本線・青海川駅。
旧駅舎や駅構内を偲びつつ、一日も早い復旧を願う次第でございます・・・。
切り立った野趣に富む味わい深い崖の壁面、枯れる事なく水の流れるちっぽけな滝、蒸時代の名残の廃墟然とした遊休ホーム、そして四季それぞれに違った表情を見せる日本海の大海原、特に春と秋の澄み渡る蒼い空と海、そのキャンバスにアクセントをもたらす白き波間・・・。
ひがな一日ぼ~っと海と空を眺めているだけで、至高の精神的沐浴になるこの青海川駅。
復旧工事後は駅とその周辺の光景も随分変ってしまい、また被災というマイナスイメージもあって、かつてのような穏やかな雰囲気を取り戻すには相当の時間を要するのだろうと残念でなりませんが、例え駅の姿が変ってもあの下りホームから見る海と空の美しさは不変のものであります。
新しい駅の姿と空と海が馴染み、集落の方々の不安も無事解消されて、青海川駅を笑顔で利用できる日が一日も早く訪れる事を願ってやみません。
なお、中越沖地震被災復旧後の青海川駅についてはこちらをご覧ください

笠島駅はこちらへ← →鯨波駅はこちらへ

青海川駅の駅名標

さて青海川駅は明治32年(1899年)7月28日開業の、新潟県柏崎市に所在する無人駅。
「日本で一番海に近い駅」として有名です。
開業当時の所在は中頚城郡米山村で、同村は昭和31年に柏崎市に編入されて今日に至ります。
秘境駅の一つに挙げられる事もありますが、訪問に関しては毎時一本程度の電車本数が確保されておりますし、柏崎駅と青海川集落を結ぶ路線バスも設定されていますので比較的容易です。

青海川駅の旧駅舎
青海川駅旧駅舎の様子、2005年10月撮影。
今回解体された旧駅舎は昭和28年12月の完成で、建築財産票によると面積は96.4㎡、許容積雪量は100cm。
券売機、乗車証明発行機共に無し、トイレは駅舎内にあり非水洗式。
待合室内にはベンチx2脚が置かれ、空き缶用ゴミ箱が置いてありました。

青海川駅の旧駅舎内部その1
青海川駅の旧駅舎内部その2
旧駅舎内部の様子、2006年11月撮影。
待合室内もトイレも総じて綺麗で居心地も良しでしたが、掲示スペースには下の画像の張り紙が・・・。

Oumigawa006_2
Oumigawa007_3
マナー注意の張り紙
「トイレの便器にナイロンシートを貼って」とか「落書き」とか「線路横断」とか、なんだかなぁ~(呆)・・・。
「線路横断」は蒸機撮影時に私も目撃しましたが、絵に書いたような鉄ヲタの典型(ブザマに太って眼鏡かけた)のごとき御仁が三脚片手にホーム米山寄り端から複線の線路を堂々と横断・・・、警備員氏が血相変えて走っていって、その後だいぶ揉めていたよう。
いやはやなんとも・・・呆れ果てて言うべき言葉もございません。

中越沖地震前の青海川駅上りホームその1
上りホーム(直江津方面乗り場)の直江津方から見た、地震被災前の青海川駅構内、2005年10月撮影。

中越沖地震前の青海川駅上りホームその2
上りホーム端から直江津方を見る、2005年10月撮影。
古い時代の駅の常としてホームの配置は千鳥型。
画像右側の上りホームは落石避けの内部までホームが延びていましたが、遊休化して久しいようで半ば遺構化の様相。

ホームから見た旧駅舎
旧駅舎の上りホーム側の様子、2005年10月撮影。

中越沖地震前の青海川駅上りホームその3
上りホームの柏崎方から見た旧構内、2005年10月撮影。

跨線橋上から見た中越沖地震前の構内その1
跨線橋上から見た被災前の構内、2005年10月撮影。

跨線橋上から見た中越沖地震前の構内その2
同じく構内の柏崎方の様子、2006年11月撮影。

中越沖地震前の青海川駅下りホームその1
中越沖地震前の青海川駅下りホームその2
下りホーム(長岡方面乗り場)の直江津方から見た、被災前の構内。
上は2005年10月、下は2004年10月撮影。
被災復旧後のこの辺りはその様相を一変させています。

下りホームから見た日本海その1
下りホームから見た日本海その2
下りホームから見た秋晴れと日本海の景観、2005年10月撮影。
「日本で一番海に近い駅」の面目躍如な景色であります。

中越沖地震前の青海川駅下りホームその3
下りホーム端の直江津方、すっかり遊休化した辺りです、2005年10月撮影。

中越沖地震前の青海川駅下りホームその4
下りホームから見た旧構内の中心部、2004年10月撮影。

中越沖地震前の青海川駅下りホームその5
上の画と同じ位置から直江津方を振り返る、2006年11月撮影。

中越沖地震前の青海川駅を出発する115系電車
被災前の上りホームを出発する115系電車直江津行、2005年10月撮影。

開眼側の遊歩道
駅から線路下をくぐって海岸に出て、遊歩道を柏崎方に向かって歩いて振り返り一枚、2006年11月撮影。

米山大橋その1
天高く天狗の赤鼻の如く雄渾に屹立する国道8号線米山大橋の威容、2006年11月撮影。

米山大橋側から見た中越沖地震前の青海川駅
海岸の遊歩道から人道をせっせと登って、米山大橋の鯨波駅側にたどり着いて見た、被災前の青海川駅全景、2006年11月撮影。

駅から米山大橋への道その1
一方、こちらは米山大橋の笠島側に至る急峻な人道、2006年11月撮影。
下は一応コンクリート敷きになっていますが、雑草や枯れ草の塊がいたるところに生え転がっておりますので、足をとられぬようよくよく注意が必要でした。

駅から米山大橋への道その2
行きはともかく、帰りは気をつけないと崖下に真っ逆さまの危険を伴うのです、2006年11月撮影。
お年寄りはあんな道を行くのはとても無理だよなぁ・・・。
国道沿いに住んでおられるお年寄りは、柏崎の病院に通院する時などは電車じゃなくてバスを利用されるんだろうなぁ、きっと。

中越沖地震前の青海川駅を通過する485系電車快速「くびき野」
人道から485系T編成の快速「くびき野」新潟行の通過を俯瞰で見る、2006年11月撮影。

米山大橋その2
笠島側の人道から見上げた米山大橋、2006年11月撮影。

駅から米山大橋への道その3
国道8号線まてせあとわずかのところから、被災前の青海川駅を俯瞰で見る、2006年11月撮影。
立ち木や背の高い雑草に邪魔されて、見晴らしは良好とは言いかねるのが残念。

米山大橋その3
国道8号線にたどり着き、米山大橋を見る、2006年11月撮影

|

« 青海川駅土砂崩落 | トップページ | 新潟交通電車線跡探訪その一(東関屋駅跡) »

R006 信越本線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青海川駅土砂崩落 | トップページ | 新潟交通電車線跡探訪その一(東関屋駅跡) »