« ベネズエラで今我々が見出しつつある事 | トップページ | ダッソーと、何かあったのウリナラさん? »

2007年5月31日 (木)

原爆資料館まで自虐の殿堂になるのか!?

原爆資料館(広島市中区)を運営する広島平和文化センターのスティーブン・リー
パー理事長は 30日、館の展示内容を見直す検討委員会に、中国、韓国人ら
アジア出身の委員を起用する方針を明らかにしたそうです
→http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200705310023.html

・・・私は不勉強で原爆資料館の現館長が外国人、それもよりによってアメリカ
人だという事をこの報道で初めて知りました・・・。
一般市民十数万人を殺した人類史上最悪の蛮行の一つである原爆投下、それを
あれこれ手前勝手な理屈を付けて正当化して恥じる事のない米国の人間が館長
って、悪い冗談にしか思えません・・・。
そもそも原爆資料館とは、被爆した被害者自身の手によって原爆の悲惨さを後世
に語り継ぐべきもので、外国人や特定のイデオロギー集団による政治的意図を
代弁するものであってはならないはずだと私は思うのですが、現実は・・・。

リーバー氏本人が「リベラル」な思想の持ち主なのか、各種「ヘイワ団体」「ハンセン
団体」から吹き込まれた事を鵜呑みにしたのかはわかりませんが、中朝を引き込ん
だ以上、やりたいのはこういう事でしょう。
中国、朝鮮で日本がやったとされる「蛮行」の証拠とやらを展示物に加えて、日本人
の贖罪意識に付け込み、学校で叩き込まれた自虐史観を刺激して、
「日本よ、中国朝鮮の人たちの真摯な声を聞け、原爆を落とされたのはそなたたち
に全ての責任があるぞよ、深く頭を垂れて反省せよ」とやりたいんでしょう。
中朝をダシに使って米国の自己正当化を磐石なものにしたいのでしょうね。
・・・犯罪加害者が被害者にオマエが全部悪いんだぞとお説教しようとするその神経
の太さにはまったく敬服する他ありませんな、恐れ入りやの鬼子母神にございます
ね(呆)。

そのうち「ジュウグンイアンフ」の自称可哀想なハルモニたちが館内で修学旅行の
学生たちに、涙ながらに「悪逆非道な日帝」のシンジツとやらを語るという抱腹絶倒
な光景も見られる事でしょう(ぜひ見に行きたい!息を吐くように嘘をつくその瞬間を
見たい!)。
そしてその学生たちの中から、中国朝鮮の現在進行形の侵略蛮行には
「アーアー聞こえナイニダ!」の「ヘイワ団体」「ハンセン団体」「シンポ派」
「ジンケン派」の次代を担う人材が、売国の産声を上げながら生まれ出てくるので
しょうね。
サヨクの皆様! 憎くてもう辛抱たまらんはずのアメリカさまがあなたたちの子孫作り
に一役買ってくれますよ! もうワシントンには足を向けて寝られないでつね!!

それはさておき・・・マァ、米国と中国・朝鮮は外国に対して自分たちに明らかに非が
ある事でも「謝ったら負け、絶対謝らない」という厚顔無恥な国民・ミンジョク意識と
いう点で共通した面を持っておりますので、根っこの部分ではきっと気が合うんで
しょう。
私が米国を好ましく思えないのはその辺が最大の理由です。

|

« ベネズエラで今我々が見出しつつある事 | トップページ | ダッソーと、何かあったのウリナラさん? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107393/15273240

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆資料館まで自虐の殿堂になるのか!?:

« ベネズエラで今我々が見出しつつある事 | トップページ | ダッソーと、何かあったのウリナラさん? »