« それはアナタよ、シンポ先生~ | トップページ | 北越急行ほくほく線・魚沼丘陵駅 »

2007年5月27日 (日)

謙遜の美風はチョパーリのパクリ?

萬物相】「アイム・ソーリー」

 米国のある大学教授が「韓国人は演説する際に、なぜ謝るのか」と尋ねた。
彼は「わたしのような学識の足りない人間が、このような場所に立つことになり、
申し訳ないかぎりですが」といった前置きを耳にするたびに、「そんなに自信が
ないのなら、なぜここに出てくるのか」という疑問を抱くという。また、食べきれ
ないほどの料理を準備しておきながら、来客に「召し上がるほどのものもなくて、
申し訳ないかぎりですが」と「謝罪」するのも奇妙だという。彼にとって、韓国式の
「謙遜(けんそん)」とは、なかなか理解し難いもののようだ。
→www.chosunonline.com/article/20070526000034

そして
>韓国には「謝罪している者に最後までつらく当たる者はいない」
という意味のことわざもある・・・んだそうです。

スゴいですね・・・「川に落ちた犬は棒で叩け」・・・こういうことわざが
あるミンジョクがよく言いますなぁ・・・。

日本には

「韓日基本条約では謝罪と賠償が足りないから一度ご破算に
してもう一回最初から謝罪と賠償やり直しニダ!」

なんて向こうの与党議員が徒党を組んで喚いているではないですか。
こちらが何度謝ってもその都度「謝罪と賠償が足りない! 謝罪と賠償
おかわり!!」でしょう。
また向こうの儒教的道徳観では、「謝った方は相手の言う事を全て聞き
入れなくてはならない」という、「謝罪しているものに最後までつらく当たる
者はいない」とは逆の「謝ったオマエはもう一生オレ様のどれい、オレの
モノはオレのモノ、オマエのモノはオレのモノ」というジャイアニズムが
真骨頂ではないですか。
そういう考えが念頭にあるので、何度も謝っている日本が技術移転や竹島
の問題で手前勝手な要求を聞き入れないので「日本は不実だ」とか
何とか言って騒ぐんでしょう。謝ったチョパーリは我がミンジョクの言う
事を全て聞けと。

日本人の謙譲の美風を国技のパクリでウリナラ起源化してホルホルして
いるとしか思えませんね、まったく・・・(呆怒)。

|

« それはアナタよ、シンポ先生~ | トップページ | 北越急行ほくほく線・魚沼丘陵駅 »

特定アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107393/15221490

この記事へのトラックバック一覧です: 謙遜の美風はチョパーリのパクリ?:

« それはアナタよ、シンポ先生~ | トップページ | 北越急行ほくほく線・魚沼丘陵駅 »