« そこのおまいら!飯を食え!! | トップページ | ウリナラ最強イージス艦の舞台裏 »

2007年5月25日 (金)

最狂のネタキャラ・望月源治氏

人間、記憶の片隅に引っ掛かっていて、折に触れ思い出しては
「あれはなんだったんだろー・・・?」
という事が一つや二つはあるものです。
現実世界での出来事なら実生活上の経験を通じて思い出していく、
ハッと閃くなんて事もありますが、フィクションの世界のそれだと
現実と断絶された閉じた世界で
の問題ゆえ、思い出せずに時に悶々と・・・なんて夜の車中も
ございます。

私がごく最近まで
「アレは何だったんだろうか・・・?」
と時折思い出しては、記憶の断片をまさぐってみる映像が
ございました。
それは、
「明け方か夕刻か、蒼暗い空を背景に雪の斜面を必死の形相で
逃げる刑事と女、そしてその背後から凄まじい形相でケモノの
ように吠え喚きながら、手に持つ鉈に殺意をギラつかせて追い
かけてくる動物の毛皮をそのままなめしたような上着を着た
粗野な男」の映像。
刑事ドラマの一シーンである事は確かで、一緒に見ていた母親が
「またコイツ出てきたよ、何度死んでも生き返るんだね」
という趣旨の事を面白そうに喋っていたのを覚えております。

覚えているのはそのシーンだけで前後のストーリーも映像も
さっぱり思い出せず、あの鬼気迫る異常なまでのテンションは
一体どんなドラマだったんだろうかと、時折シャブシャブな方の
フラッシュバックのように突発的に思い返しては首を捻る長き
年月にございました。

ホントについ先日までそんな状態だったのですが、ただの偶然か
はたまた天の配剤か、ふと訪れた2ちゃんの某スレで記憶の糸口に
辿りついたのです。
人間、生きてると何があるかわかんないよねーと、こんなちゃっちい
出来事にも生きてる意味をかみしめる不肖みさっちにございます。

さて、私の記憶の断片をつなぐ糸口になったのがこの書き込み。

>896 :どこの誰かは知らないけれど:2007/04/16(月)
20:36:16 ID:ku1eR/mv
>>895

俺もそうだね。
蟹江敬三は今とは正反対というか真逆の役を1970年代とか
1980年代は 主にやってたからね。
どの作品に出るにしても悪役が主でいわゆる「怪演」というやつ
をやっていた。
星人ブニョや牛神男の役なんかほんとこの「怪演」の他ナニモノ
でもないし…。
他に大人向けのドラマ、なかでも刑事ドラマでは「怪演」が
ものすごく多かった。
「Gメン’75」という刑事ドラマがあってこれに蟹江氏は出ずっ
ぱりだったんだが、
「長野県黒谷町」というホラーシリーズの「望月源治」役なんか、
これ以上のものは
考えられない魔物のような「怪演」だった。
まともな役を演じるようになっても、気味の悪い何考えてるか
分からない印象を植え付ける には十分過ぎる、存在感ある
「怪演」だった。

>「長野県黒谷町」というホラーシリーズの「望月源治」
役なんか、これ以上のものは 考えられない魔物の
ような「怪演」だった。

・・・そうそう、アレって山奥の秘境みたいな町だか村が舞台
だったもんね、うーむ、なんか段々思い出してきたゾ。

ここで注目するキーワードが「Gメン‘75」と「望月源治」。
これらを検索してみたところ、こちらのサイト様に行き着いて
「コレコレ! 蟹江さん演じるこの野卑な男が鉈を振り回して
追いかけてくる基地外みたいなヤツだったYO!!」

・・・でもこの話での望月源治、
「動物の毛皮をそのままなめしたような上着」
は着ていないっぽいんだよね~、一度は繋がりかけてパズル然と
なった記憶の断片もまたグシャグシャ!?
で、もうちょっとディープに調べると望月源治には双子の弟・柿崎源造
という者がいて、彼のファッションというのが

>季節柄かケモノの皮で作ったベストを着用→こちらのサイト様参照。

どうやら私の記憶の断片、
「凄まじい形相でケモノのように吠え喚きながら、手に持つ鉈に
殺意をギラつかせて追いかけてくる動物の毛皮をそのままなめ
したような上着を着た粗野な男」
はこの柿崎源造氏と見て間違いないようです。
しっくりと手に馴染んだ殺しの得物は鉈ではなく手斧だったようですね。
放映日は1982年3月6日、舞台は長野県の山奥。
一面雪景色での光景だったでしょうしね、ロケーションもぴったりです。

・・・しかし調べてみるとこの望月源治と柿崎源造(彼らの家系はまさに
呪われているとしか思えないどいつもこいつも極め付きのDQNぞろい
だそうです、ビバ!基地外一家!)、劇中での暴れっぷりは尋常では
ないまさにナチュラルボーンマーダー・・・。
彼らを紹介しているサイト様いわく

>“「源治はとにかく凄い」としか言いようがない・・・”とか、→こちらのサイト様
>“人間から理性をとったらこうなるのではないか、というのが望月源治
なのかもしれない”とか・・・。→こちらのサイト様の源治解説が最高w。

あまりにもぶっ飛んだ衝撃的な人物像に、私はモニターの前で涙を流して
大爆笑してしまいましたよ(完全に笑いのツボにハマって
しまって読み返す毎に大爆笑、ハライテェw)、読み返す度。
蟹江さんのあの風貌、あの雰囲気でこういう濃いキャラクターです
からね、あぁ、実物が見たい・・・w。

ここまで濃いキャラクター(突き抜け過ぎて爆笑ネタキャラとしか
思えない)に匹敵するのは丹波御大主演「ジキルとハイド」のハイド氏
ぐらいしか思い浮かびませんね。
ハイド氏もつまらない理性の束縛から解き放たれた自由奔放なキャラで、
女と見れば即レイープ、立ちはだかる者はその怪力(理性がぶっ飛んでるので
常に火事場のバカ力が出せるんでしょうが)で殴り殺し、小五月蝿い餓鬼を
走行中の電車の窓から外に放り出し、半狂乱の母親もぶん殴って半殺しと
いう気まぐれフルコースっぷりでしたがw。

記憶の断片を繋ぎ合わせるというナイーブな動機だったはずが、
すっかり「望月源治氏とその聖血統」に魅了されてしまった私、
望月源治vsハイド氏という世界ビックリ人間最強決定戦を見たいなぁ
などと幼稚な妄想をば。
源治の百発百中の手斧がハイドの眉間に突き刺さるのが先か、
はたまたハイド氏の必殺ハイドパンチが源治の顔を180度回転させる
のが先か!?
感情を爆発させる源冶のファイトスタイルが、ただただ欲望のおもむく
まま淡々と戦うハイド氏に果たして通用するのか、暖簾に腕押しの
きらいあるか!?
ウルトラファイトみたいな実況もあれば良いなぁ・・・。

|

« そこのおまいら!飯を食え!! | トップページ | ウリナラ最強イージス艦の舞台裏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107393/15191636

この記事へのトラックバック一覧です: 最狂のネタキャラ・望月源治氏:

« そこのおまいら!飯を食え!! | トップページ | ウリナラ最強イージス艦の舞台裏 »