« 季節の句読点未だ・・・ | トップページ | FXはやっぱりF-15ですかねぇ »

2007年5月19日 (土)

キハ58系急行べにばな号

昭和30年代後半から50年代後半まで日本全国の国鉄線で大活
躍した気動車急行の最後の正統的生き残りであった広島県・芸備
線の急行「みよし」が来る7月1日のダイヤ改正をもって廃止さ
れる事となりました。

使用するキハ58系気動車の著しい老朽化もあり、「みよし」
運用からの撤退は時間の問題と思っておりましたが、「みよし」
自体を快速に格下げとは・・・。
遠く離れた新潟住まいの身の不肖みさっちは、広島県と沿線自治
体のお布施で広島-三次間の高速化と新車導入(キハ187系あ
たり)アリかなぁと踏んでおったものですが、色々調べると、
広島県にも沿線自治体にも鉄道へのお布施の財政的余力はないん
だとか・・・。

ともあれ「みよし」の廃止で、JRに残存する昼行急行列車は
岡山-津山間の「つやま」1往復のみとなります。
こちらは使用車両も普通列車と共用の一般型気動車で、同区間を
走る快速列車との差もほとんどなし。
噂では津山界隈の官民たってのお願いで「急行」として走らせて
いるそうで、実質的には急行の役割を終えております。

夜行を合わせても、JRの急行列車は7月1日より「銀河」
(東京-大阪)、「きたぐに」(大阪-新潟)、「能登」(上野
-金沢)、「はまなす」(青森-札幌)、そして「つやま」の計
5往復。
いずれの列車も使用車両は老朽化、そして新車導入(特急化)
するまでの需要があるかと言えば甚だ?。恐らく「車両の切れ目
が縁の切れ目」となりましょう。
次に去り往くのは色々噂のある「銀河」、あるいは「能登」あた
り・・・寂しい話ですなぁ・・・。

我が県JR東日本新潟支社管内では、残存キハ58が昔懐かしい
国鉄急行色を身に纏い最後のご奉公中。
つい前週末も団体列車扱いで「急行べにばな」として新潟-米沢
間を走っておりましたなぁ。

|

« 季節の句読点未だ・・・ | トップページ | FXはやっぱりF-15ですかねぇ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節の句読点未だ・・・ | トップページ | FXはやっぱりF-15ですかねぇ »