« 只見線・柿ノ木駅 | トップページ | 帯織駅(信越本線) »

2006年12月11日 (月)

怖くて作れないヤマトのプラモ

バンダイが1/350スケールのプラモデル・宇宙戦艦ヤマトを発売するとの事
です

波動砲エネルギー充填音や主砲・パルスレーザー射撃音などの効果音付き
だって・・・うぎぎぎぎっ!! 
ヤマトフリークな私的にはぜひとも欲しい一品!
しかし艦のサイズは全長:766mm×全高:220mm×全幅:102mm・・・在来
のプラモ艦艇用ドックを一個潰さないと収納不能なデカブツですな・・・。
艦船プラモも置場に難渋して、買い込んだアイオワ級戦艦やキーロフ級原子力
ミサイル巡洋艦などの大艦をずーっと組み立てられない状態だしなぁ・・・。
またお値段が47,250円(税込)・・・、一万円台の軍艦のレジンキットでさえ、組
み立て失敗あぼーん廃艦が怖くて手が出せないヘタレな私的にはかなりヤバめ
な一品ではあります。
1211b06_2 

ヤマトのプラモデルと言えば、去年年明けの再販時に買い込んだメカコレク
ション(¥200)が未だほぼ手付かずです。
全30種類が再販されましたが、店頭で影さえ見なかった「アンドロメダ」(一番
欲しかったのはコレなのに、トホホ)と「惑星破壊ミサイル」、興味のない
「超巨大戦艦」以外は各種最低一個を確保したんですが・・・今回を逃すと
次の再販がいつになるかわからない(個数限定の再販なので、売り切れた
らそれでオシマイ)危機感から野放図に買いまくった次第ですが、数個の
スジ彫りに着手したところで放置プレイ続行中。

1211a06_2
買った当初はテキトーに組み立てて塗装して、また「オレ流艦」にも改造
して悦に入ろうとお気楽なモンでしたけど、ちょっと欲をかいて参考までに
と模型サイトを覗いてみたのが運のツキでした・・・。
それまで模型サイトなんて閲覧皆無で免疫がなかった事もあり、、載って
いる作例、サイト管理人さんたちの卓越した技術力やセンスに驚倒する
やら我が身を返り見て嘆息したりやらと・・・。
よくもまぁ、あのちっこいプラモをここまでディープに改造できるものだと・・・
沖田艦
の作例の「艦体を肥えさせる」
とか「ゆきかぜ」の艦橋窓の作例とか、
私ごときがどう頑張ってもうまく出来そうにありません・・・。

昔は買っても組み立てないモデラーを「プラモなんて作ってナンボだろう」
と蔑んでいた私でしたが、今ではそういう人の気持ちも理解できますね~。
多少でも向上心があり、作品として「他人の鑑賞に耐え得る」レベルを
志向し始めると、高レベルの作品と自己の技術を比較するようになり、
結果己の未熟さを思い知らされて筆を折ってしまうんですよね・・・。
欲しいアイテムが発売されればとりあえず確保するんだけど、いざ組み立
て開始となると、失敗したらどうしようという懸念が先走って結局中断して
しまうという悪循環。
それが昂じると、買っただけでずーっと寝かせたままというモデラーとしては
引き篭もった状態へと成り果てますです・・・。
私がヤマトのプラモデルや、前述のアイオワ級戦艦やキーロフ級原子力ミサ
イル巡洋艦の建造に着手できずにいるのは、保管スペースの問題もさること
ながら、こういう悪循環に陥ってしまっているのも原因。

納得のいくように作ろうと考えて事前に考証し始めると、通信アンテナの位置
から手摺の造作までもう何が何やらわからなくなってきて、そういった事を解明
解消するにはバカ高い洋書を取り寄せて・・・とか、主砲砲身からレーダー、
手摺に至るまでメタルパーツ・エッチングパーツをフルに使うとなると、それだ
けで軽く一万円は飛びそう・・・とか塗装の色合いの問題とか・・・、作る前から
会議が踊るっていったらもうw。
結局「手持ちの資料不足、技術不足」で建造中止、部屋の隅で埃を被ったまま
の箱が鎮座ましますという、お気軽な自己満足の娯楽のつもりがいつしか
本末転倒な難行苦行の道に。

・・・まぁ、こんな事を続けていてもラチがあかないし、とりあえずタミヤの
特型駆逐艦やピットロードの海防艦でも買ってきて、習作のつもりで作り込んで
ネガティブ発想の突破口にしてみようかなぁ(安いから失敗しても問題ないし)
などと考える年の瀬近い今日この頃でした。

|

« 只見線・柿ノ木駅 | トップページ | 帯織駅(信越本線) »

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

いいですね。
ヤマトに登場する宇宙艦隊はどれもカッコイイ。
でも一番いいのはやはりアンドロメダですね。子供の頃に波動砲が光るのをつくりました。いまでも一番、美しい宇宙戦艦だと思います。

ヤマトⅢにでてきたプリンス・オブ・ウェールズやアイオワはキット化されないのですかねぇ?

投稿: アラメイン伯 | 2006年12月17日 (日) 23時09分

アンドロメダは¥1500の大きめサイズのヤツを
ゲットしたのですが、アレって寸足らずでそのまま
組むと太っちょのなんだかな~なフネになっちゃう
んですよねw。
アニメの流麗なフォルムを再現しようと思ったら、
プラ版で作った船体区画を挿入する必要があります
が、それもまた私の手に余るモノなので実行できず
にいます。
ヤマトⅢに出てくる地球の次世代艦はワンフェスへ
行くと一日版権でガレキを売っていると思います。
ネット上でアンドロメダと並べたアリゾナを見た事が
ありますが、素晴らしい出来でしたよ。

投稿: みさっち | 2006年12月18日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 只見線・柿ノ木駅 | トップページ | 帯織駅(信越本線) »