« 来年はひとりミスアメリカ祭りか!? | トップページ | 近未来の護衛艦隊勢力予測 »

2006年11月 6日 (月)

鉄ヲタクンたちの脳内オxニー射精どぴゅどぴゅっ

昨日までの三連休中、我が県では全国の鉄ヲタ諸氏が大集合する一大イベント
がありました。
それは「DD53ばんえつ物語号」。
磐越西線で普段運行されている「SLばんえつ物語号」の牽引機関車が、
10月下旬から本年運行終了の11月末までの期間中に、従来の蒸機C57形
からディーゼル機関車のDD51形とDD53形、そして蒸機のD51形が交代で
変更になるのですが、この三連休中の牽引機はDD53形・・・。
この機種、本来は重除雪用の機関車で、性能的には幹線用機関車のDD51形
と同一なので旅客、貨物共牽引に差し支えないのですが、貨物列車の激減と
普通客車列車の急速な衰退(現在は全廃)により、JR以降後の約20年間、
除雪以外の営業運転に使われた事のない「幻の機関車」的存在であります。
それが三連休限定、しかも今回がJR化後最初で最後の営業運転?という事で、
いわゆる「撮り鉄」なヲタクンたちが磐越西線沿線に大集合、まさにヲタの饗宴
とも言うべき壮観(グロテスク)でございました。

本来イベント列車に全く興味のない私ではございますが、ディーゼル機関車
ヲタの気が濃厚な身としては、今回だけは見過ごす事ができず、こだわりの
駅通過撮りヲタと化して沿線に出没しました。
・・・しかし行った先々で色々スゴいモノ見ちゃったよ。
私は普段、ローカルな無人駅に行ってしばらくホゲーとしていたり、知らない
街をぶらぶらしたり、適当な距離の駅間をてくてく歩きながら、沿線の小さな
「よかった探し」をする奇特な趣味ゆえに、これまで一般の鉄ヲタと遭遇する
機会はほぼ皆無だったのですが、今回ばかりは嫌でも目につきました・・・。
信越線に一日限定で蒸機が走った去年と今年の秋でもお目にかかれなかった
ような濃いのがまぁそれはぞろぞろと・・・。

110606a 始発・終点の新津駅ではホームを歩く人に
「入線をビデオ撮りするのに邪魔」
と言ってカメラの視界に少しでも入ろうものならヲタ、
一般客問わず文句を言いに来る肉ダルマな奴
(入線までにはまだ少し時間があるのに)、
撮影を終わって引き返す車中では、車内中に響き渡るドラ声でヲタ話を
しぃの、ケータイで手下に撮影の指図を得意気にしぃので周囲の一般客
を思いっきり引かせている数人連れ。
(どこかの大学の鉄研らしいが・・・鉄に限らず、ヲタ趣味で群れる連中って
視野の狭さと群集心理の併せ技が強烈、徹底して排他的になるしね。
銀箱などの装備を混んだ車内の通路やドア前にドッカと置いて、人が通って
もどかす気配もなく大汗かいてボーッとしている肉ダルマなどなど・・・。
(何でこういう趣味の人たちって、肉ダルマやドカンが多いんだろう・・・)
車窓の著名な撮影ポイントでは、線路に向って三脚カメラの夥しい放列
(皆横並び意識が強いんだね、私的には手垢のついた場所で撮っても
面白くも何ともないが・・・、そういう場所の画はプロ・セミプロの人が撮った
作品を見ればいいだけの話)
、線路ぎわギリギリまで近づいてカメラを構える怖いモノ知らずの御仁方・・・、
凄いのでは歩行者用踏切の通路ど真ん中に脚立を置いて歩行者を通せんぼ
している奴とか。
私が撮影に行った某駅近くの国道に通じる道では、クルマを飛ばして列車に
先回り追っかけ撮り鉄をする連中が大渋滞を引き起こす醜態。
公共の場でのマナーや立ち居振る舞いが何よりも大事と考えている私にとっ
ては、あまりのマナーやデリカシーのなさに唖然ボーゼン・・・。

所詮ヲタ趣味なんてモノは対象に対する「脳内オxニー射精」。
オxニーならオxニーらしくこっそりと、少なくとも公共の場、公衆の面前では慎むの
が常識でしょう。
それが先述のような行状の数々・・・、私的な解釈では、ああいう手合いは
不特定多数の見ず知らずの人達の前で、
「露出オxニー」や「オxニーの見せ合いっこ」をやっているのと同様。
やってる本人たちはそれで気持ちいいのかもしれませんが、見ているこちら側
にとっては痴態・狂態以外の何者でもありませんがな。
欲望のおもむくままに行動し、他者の迷惑など爪の先ほども省みない心根は、
常軌を逸したヲタも性犯罪者も同一のレベルで考えるべきであろうと思った、
この三連休でございました。

・・・こういう事を書くと「同族嫌悪」とか「ヲタ叩きヲタ乙」とかのたまう御仁がい
らっしゃいますが、嫌いなモンは嫌い、不快なモンは不快なんだから仕方ない。
特にうすみっともない肉ダルマやドカンの連中、一人じゃ何も出来んくせに
群れると途端に気が大きくなるような連中は反吐が出る程嫌いなタチなので
あしからず・・・。

110606b そんなこんなでムカつく頭を冷やすべく、足は自然と大好きな
海沿いへ。
笹川流れを歩き、海を眺め、ようやく人心地ついた秋の夕暮れ
でございました。

|

« 来年はひとりミスアメリカ祭りか!? | トップページ | 近未来の護衛艦隊勢力予測 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

「youtube 鉄オタ」でぐぐってみた

http://d.hatena.ne.jp/rocketdolphin/20060718/p1

投稿: | 2006年11月 7日 (火) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来年はひとりミスアメリカ祭りか!? | トップページ | 近未来の護衛艦隊勢力予測 »