« 飯山線・内ヶ巻駅 | トップページ | 只見線・柿ノ木駅 »

2006年11月22日 (水)

来年は福浦クンが欲しいと言い出しそうなジャイアンツ愛

日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言した小笠原道大内野手(33)が
22日、巨人入団の意向を表明しました。
→http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20061122-00000013-kyodo_sp-spo.html

前々から既定路線として語られてきた小笠原選手のジャイアンツ移籍が
とうとう現実の事となりましたが、私的には「なんだかな~・・・」。
小笠原選手は2000年のシーズン(イチロー選手のNPBラストシーズン)
に打率リーグ3位で30本塁打・100打点をマークした頃から、あの古武士
のような風貌もあいまって「イチローがいなくなっても、スターはまた出てくる
もんだなぁ~」と贔屓な選手の一人でしたけど、ジャイアンツには来てほしく
なかった、ファイターズで現役をまっとう若しくはMLBに挑戦してほしかった
・・・という想いです。
腰の具合があまりよくなくて、それ故ポジションを本来の三塁から一塁に
変えたそうですが、ジャイアンツは一塁にチーム一の大砲スンヨプ選手が
おりますので、九分九厘三塁を守る事になるのでしょう。
選手キラーな固いグラウンドを持つ東京ドームで、腰の悪い選手が三塁を
シーズン通して守り通せるのか?
この辺がジャイアンツの補強のチグハグなところ。
ヤンキースのようなやり方なら小笠原獲得→スンヨプトレード→一線級の
リリーフ投手獲得となるのでしょうが、いい選手は例え飼い殺しにしてでも
(かつての広沢、江藤両選手のように)囲っておくのがジャイアンツ流w。
やがて用済みになった外様選手は何のリスペクトもなくポイ捨てです。

先日の仁志選手の「追放」同然のトレード、ここ数年成績が右肩下がりで
故障持ち、全盛期の俊足巧打は期待できないとの巷の噂な谷選手の
トレード移籍、チームリーダー小久保選手のホークス移籍、そして本日の
小笠原移籍決定のニュース・・・。
桑田投手も退団しちゃいますし、私がかつて愛してやまなかったチームの
匂いはもう絶無ですね、ポジションの大半を生え抜き選手で占めた90年代
半ばまでの、多摩川の汗と涙と泥の匂いは・・・。
中畑、篠塚、西本、松本、鹿取、吉村、駒田、槙原、斉藤雅、川相、岡崎・・・
一昔、二昔前は二軍から泥まみれで這い上がってきた選手がこんなにいた
っていうのに。

FAやトレード移籍自体が悪い訳ではありません。
生え抜きの若者たちを二軍で鍛えに鍛え抜いて一軍に送り込み、それでも
なお足りない部分はFAやトレード、外国人で補強する分には一向に構いません。
しかし昨今のジャイアンツは毎年FAや???なトレードが常態化してしまって、
生え抜きの若い選手が台頭するチャンスがほとんどないですからね・・・。
原監督第一期の鈴木、斉藤両選手や、昨年の矢野、亀井両選手のような
重点起用や若手同士の競争という事もありますが二年続いた試しはなく、
監督が変われば、また成績が伸び悩めば即ベンチウォーマーとかそんなのばっかり。
チーム構成の手順が本末転倒でとりあえず来季の結果がよければそれで
よしという、将来のチーム構想など眼中になさげな何とも刹那的なやり方です。

来年のレギュラーポジションを考えても、一塁=スンヨプ、三塁=小笠原、
中堅=谷は決定、生え抜きで確実なのは捕手=阿部、遊撃=二岡、
左翼=高橋由の3人だけ。
残りの二塁は小坂と生え抜きで今年売り出しの脇坂の併用(来年は何が
何でも勝たなければならないので、若手育成よりはある程度の計算が立つ
ベテランを優先起用でしょう)、右翼は恐らく新外国人でしょうし。
矢野を始めとする若手はレギュラーが故障した時のみ出番を与えられます
が、控えとしてベンチに座りっぱなしで、二軍の試合に出てゲーム勘を養うの
も間々ならず実績も乏しい彼らに、故障者発生したから急にスタメンで結果を
出せと言われても無理な相談、
結果が出なければ即物的補強で他チームの中途半端な実績のベテランを
連れてきて、若い芽を潰しつつ大抵はその選手もポイ捨て。
ジャイアンツはこれまでも三十台に入った生え抜き選手が「若手」と呼ばれる
ぐらいのねじれたチーム構成でしたが、とにかく「目先の一勝」を要求される
今後は前述のやり方が一層推し進められて、二軍から這い上がってきた
期待の若手がポジション奪取なんていうサクセスストーリーは期待できないのでしょう。

ジャイアンツや日テレのおエラいサン方は「ジャイアンツが勝てば視聴率も
上がる」と思っていらっしゃるようですが、中学の頃から一昨年あたりまで
狂信的ジャイアンツファンだった私から言わせてもらえば、今のチーム構成、
選手のキャラクターに昔ながらのチームカラー、伝統の重みを感じる事が
出来ないのが不満の最たるもので・・・。
その最たるものが前述した「多摩川の汗と涙と泥の匂い」の無さなんですが。

大砲不在の打線を考えればスンヨプは居て貰わなければ困りますし、外野に
強肩俊足の外国人を連れてくるべきとは思いますが、盛りの過ぎたベテラン
外野手やポジションの重なる内野手を獲ってくるのは若手の育成・競争や
本人の選手寿命を考えれると果たして?

二軍から引き上げた若い選手を使ってなかなか結果を出せなくても、一年
二年は辛抱して応援し続けます。
その間チームが勝てなくても構いません。
明日を、将来を見据えた選手起用(それには対高校生のスカウト戦略と獲得
方針を練り直すのが前提となりますが)を貫徹するのであれば、最下位に
ならない限りBクラスでも我慢します。
それでも力不足で通用しないのならヨソから獲ってきた選手で一時しのぎも
納得出来ますが、まず補強ありきで自前の選手を一人前に育て上げる気の
ない(将来の可能性を秘めた選手を獲らない・・・他球団はドラフト下位でも
好選手が少なからず台頭してくるっていうのにorz)、汗や泥や涙といった
日本人の心の琴線に触れるドラマ性のないビジネスライクな没個性チーム
を応援する気にはとても・・・。
エンターテイメントな野球チームに望む事は、ただ勝てばいいっていうんじゃ
なくて、チームや選手個々の背景に人間味溢れたドラマ性を感じさせてくれ
る事、己の人生における夢を仮託出来る事だと私は思う次第です。
一昔前(清原選手や松井選手の入団)までは存在したそうした要素も、
今のジャイアンツには残念ながらそのいずれも欠如しています。
昨年のマリーンズ、今年のファイターズの成功、人気のないBクラス常連
チームがほぼ自力で成し遂げた夢のようなサクセスストーリー、人間ドラマ、
そのチーム戦略、構成、ドラフト戦略を見習ってなどとは思わないんでしょう
ね、あんな田舎球団如きと我が栄光ある大巨人軍を一緒にするなと。

そして来季、谷は故障がちでシーズン通して働けず、期待の新外国人もジャ
イアンツの伝統?に違わないアレな結果に。
小笠原も危ぶまれていた三塁守備による故障発生で、仁志がいれば三塁を
守れるのにと後悔するもあとの祭り(来季、仁志選手にはぜひ頑張ってもら
ってジャイアンツ戦で鬼神の如く打ちまくり、お立ち台で古巣に思いっきり
毒を吐いてもらいたいw)。
「ジャイアンツ愛」な監督氏は「外野が二枚足りない」とか言い出して、
FAの権利を取得済みでかつ来季で三年契約満了になるマリーンズの
福浦選手を「彼は外野を守った経験あるんでしょ? だったらぜひウチに
来て欲しいね」とか何とか言って直々に口説いて入団させ、更なる新外国
人外野手も獲得、谷は高額なベンチウォーマーに。
また結果の出なかった他球団出身のベテランはポイ捨てし、その穴埋めに
中途半端な実績
のベテラン選手数人を獲るという予測が容易に立ちますね(wと言っていい
ものやら・・・
嘆息)。

|

« 飯山線・内ヶ巻駅 | トップページ | 只見線・柿ノ木駅 »

野球」カテゴリの記事

コメント

初めて書き込みさせていただきます。
今度は朝倉クンに触手を伸ばしているようですね。

投稿: COZY | 2006年11月27日 (月) 20時09分

門倉クンでしたね(汗)。
失礼しましたm(__)m

投稿: COZY | 2006年11月28日 (火) 19時08分

COZYさん、こんばんわ。
門倉投手のジャイアンツ入りは決定的ですね、オファーを
してきたMLBの2球団に断りの連絡を入れたそうですし
(もったいないなァ・・・)。
しかし、10勝しても10敗も覚悟しなければならない
タイプの投手のカレ、ジャイアンツには向いていないタイプ
だと思うんだけどなぁ・・・。
他球団なら開幕後二ヶ月ほど勝ち星が伸びなくても、シーズン
トータルで二ケタ勝ってくれればいいと割り切った起用法を
するのでしょうが、とにかく「目先の一勝」が欲しいジャイ
アンツはそんな悠長な話は許さないでしょうね。
開幕後一ヶ月の間にある程度数字を残さないと二軍落ち、
その後は一軍とのエレベーター生活、再来季オフには戦力外
・・・なんて転落の詩集を奏でなければいいのですが・・・。

ジャイアンツの現下のお買い物リストは門倉投手の他に
ズレータ内野手(ホークス一塁手)
セギノール内野手(ファイターズ指名打者)
リグス内野手(スワローズ一塁手、本業は二塁手)
ガトームソン投手(スワローズスターター)
バーニー・ウィリアムス外野手(ヤンキース外野手)
ジャイアンツの外国人枠は現在当確2名(スンヨプ、パウエル)
ですので残り2議席。
リグスとバーニーを獲りに行きそうな気がしますが果たして!?

投稿: みさっち | 2006年11月29日 (水) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯山線・内ヶ巻駅 | トップページ | 只見線・柿ノ木駅 »