« 只見線・田子倉駅 | トップページ | 来年は福浦クンが欲しいと言い出しそうなジャイアンツ愛 »

2006年11月21日 (火)

飯山線・内ヶ巻駅

本日の駅紹介は、飯山線・内ヶ巻駅。

2016年6月26日、リニューアルを実施しました。

Uchigamaki101

新潟県小千谷市に所在する無人駅で、開業は昭和2年(1927年)6月15日。
現在は長岡市に編入された旧川口町との境界にある駅です。
開業当時の所在は北魚沼郡川井村で、内ヶ巻駅は同村唯一の鉄道駅でした。
同村は昭和29年(1954年)に小千谷市に編入されて今日に至ります。
当駅の開業当時、「川井」駅は他に存在していなかったので(青梅線・川井駅が開業するのは昭和19年)、当駅も村名をそのまま駅名にしても特に問題は無かったと思うのですけれど、実際は現在の駅名が開業時から一貫して使われています。
旧川口町との境界に所在するという立地がもしかしたら関係しているのかもしれませんが、何分資料が無く推測の域を出ません。
しかし駅名の座り具合としては「内ヶ巻」の方が「川井」よりは断然良いと個人的には強く思うところ。
「内ヶ巻」は駅付近の地名ですが、どういう謂れでそのような地名が付いたのか?
大昔の土着の色々なエピソードがありそうで、大いに好奇心をそそられるのですよ。
子供の頃、上越線の急行「佐渡」の車中から見た越後川口駅の駅名票の「内ヶ巻」の三文字が非常に印象に残っていて、夜の闇が迫る中、一番線で客待ち中のキハ55を見るたびに、この駅に対する興味と旅情を掻き立てられたものです。

Uchigamaki1030511
Uchigamaki1020511
内ヶ巻駅駅舎の様子、2011年5月撮影。
建築財産票によると平成9年1月の完成。
同時期に改築された飯山線の新潟県内区間の諸駅同様の定番スタイルです。
トイレはありません、また周辺にトイレを借りられるコンビニやスーパーもありませんので、訪問の際はその点をよくご留意ください。

Uchigamaki101
内ヶ巻駅待合室内の様子、2011年5月撮影。
室内はベンチが三脚あるきり、自動券売機は未設置です。

Uchigamaki1040805
駅舎ホーム側の様子、2011年5月撮影。

Uchigamaki1050511
越後川口駅方から見た内ヶ巻駅の様子、2011年5月撮影。


Uchigamaki1060511
同じく越後川口方を見る、2011年5月撮影。

Uchigamaki1070511
越後岩沢駅方から見た内ヶ巻駅の様子、2011年5月撮影。
ホームの有効長は4両程度です。

Uchigamaki1080511
同じく越後岩沢駅方を見る、2011年5月撮影。

Uchigamaki1091103
晩秋朝の雨に濡れる内ヶ巻駅、2003年11月撮影。
ローカルムードたっぷりの情景ですが、これは最大震度7を記録した国内観測史上有数の直下型地震であった中越地震の約一年前の姿です。
当駅は震源に近く、ホームも損害を蒙ったようで、2005年8月に二度目の訪問を果たした際には現在の姿に改修されていました。

Uchigamaki1131103
中越地震発災以前の内ヶ巻駅前、2003年11月撮影。
当時の駅舎周りは雑草が蔓延るにまかせた状態で荒れた印象でした。
震災後の復旧工事で綺麗に整地され、小さな駅前広場になっているのが現在。
美観的にも防犯上にも、その方が良いのは言うまでもないことです。

Uchigamaki1100511
内ヶ巻駅に停車中のキハ110系気動車十日町行、2011年5月撮影。

Uchigamaki1121103
中越地震発災前の内ヶ巻駅を出発するキハ110系気動車十日町行、2003年11月撮影。

Uchigamaki106
越後岩沢駅方の踏切から見た内ヶ巻駅の様子、画像中央の建物が駅舎です、2011年5月撮影。

Uchigamaki1110511
踏切の近くにあった農業用の溜池、2011年5月撮影。
こういう風景は実に良いのです。

Uchigamaki102
飯山線と並行する駅前通り、2011年5月撮影。

Uchigamaki103
Uchigamaki104
内ヶ巻駅から駅前通りを数分歩くと県道に出ます。
上は越後岩沢方面、下は越後川口方面。
上の画像中央左側(酒屋の看板の横)の道が内ヶ巻駅前通りになります。
周辺で買い物が出来るのはこの酒屋さんだけです。

Uchigamaki105
県道のバス停二態、2011年5月撮影。
数m離れて設置されております。
左側は越後柏崎観光バスの小千谷-南中学校前線の「内ヶ巻駅前」バス停で、2016年現在は北越後観光バスの運行になっています。
現在も一日四往復体制は変わらず、また土休日も運行されています。
小千谷市中心街から越後川口駅至近を経由してここまで来るので、駅巡りに使えるかもしれないルートであります。
右側は町営バスのもので、行き先がマジックで書かれていてしかも擦れている為に、よく読めません・・・。
純粋に地域住民の足としての機能のようで、土休日全便運休です。

|

« 只見線・田子倉駅 | トップページ | 来年は福浦クンが欲しいと言い出しそうなジャイアンツ愛 »

R002 飯山線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 只見線・田子倉駅 | トップページ | 来年は福浦クンが欲しいと言い出しそうなジャイアンツ愛 »