« ゴッドシグマのエンディングテーマにピーが入りそうなのぉ | トップページ | なかなか豪気なフネだよ19DD »

2006年8月26日 (土)

信越本線・越後石山駅

本日の駅紹介は信越本線・越後石山駅。

2016年3月5日記、大幅リニューアルを実施しました。

Echigoishiyama101

新潟県新潟市東区に所在する有人駅で、その前身は昭和32年10月に開設された「石山信号場」です。
新潟-亀田間は6.5kmあり、列車増発にはこの間に信号場を設けるのが必要不可欠だったのですが、信号場設置の翌年にはこの区間が複線化されているので、これって二重投資じゃないの?と思ってしまうところ。
駅としての開業は信号場設置から四年後の1960年(昭和35年)11月1日です。
その間、旅客利用が便宜的に認められていたかどうかは一切資料が無く不明です。
なお開業時の所在は既に新潟市でしたが、当駅周辺地域は昭和18年まで石山村であり、それなりの人口集積があったこの地域に高度経済成長期まで駅が存在しなかったのも、今の視点で見ればいささか不思議に感じるのです。
これは当駅から2kmほど東に位置する、越後石山駅同様に旧石山村内の白新線・東新潟駅も同様で、この駅も昭和33年以来永らく仮乗降場扱いで、晴れて駅に昇格したのは昭和53年です。
戦後に誕生した田舎の新駅は新潟県内でも数多くあるのに、この扱いも非常に奇異。
国鉄時代の駅設置要件は、よくわからない部分があるのですよ。

さてこのように駅としては比較的後発の越後石山駅ではありますが、周辺は旧石山村以来の古い住宅地と新興のそれが交じり合った、どことなくまだ村の長閑な雰囲気を留めた街並みです。
当駅の2014年度一日平均乗車人員は1,977人で、JR東日本新潟支社管内新潟県内有人67駅中21位。
越後石山駅周辺に高校は無いので外部からの大きな入り込みは無いと思われ、当駅周辺住民の対新潟をメインとした通勤通学需要による数字です。
前述の東新潟駅も23位で、共に市の中心駅である信越線・柏崎駅や羽越線・村上駅を凌ぐ数字で、かつては駅として中々認めてもらえなかったのがウソのような繁盛ぶりと申せましょう。

一見して何の変哲もない対面式ホームと思われる越後石山駅の最大の特徴は、一度駅構内に入ったら、隣のホームへ移動不可能だという点です。
上下線で、別の駅のような状態になってしまっています。
新潟方面ホームと新津方面ホームそれぞれに自動改札機があり、駅構内には跨線橋も地下道もありません。
従いまして、例えば新潟に行きたい方が誤って新津方面ホームの自動改札から入ってしまったら、構内連絡手段が無い以上新津方面次駅の亀田まで行き、そこから折り返す以外に方法はありません。
幸いにして当駅は複線上にあるので、同じ状態でかつ単線上にある白新線・早通駅よりは行き先別に乗り場が固定されている分まだマシと言えますけれど、それでもとても褒められた話ではありません。
上下ホーム間の連絡地下道は双方の構外を結んでおりますので、初めてこの駅から乗車する方は、自分の行くべきホームをしっかり確認して進む
必要があります。
加えてトイレは新潟方面ホームにしかなく、新津駅方面ホームの待合室は極めて狭く、利用実態を考えると貧弱そのもの。

この辺の利便性の悪さは以前より指摘されていたようで、近年当駅西口の整備事業が着手されたのが追い風となったのか、署名活動の成功に基づく越後石山駅橋上駅舎化の要望が地元から新潟市に提出されています。
バリアフリーもへったくれもないような現状を見るに、駅橋上化は喫緊の課題だと私も思う次第です。
これまでは駅西口至近の園芸センターが邪魔で、着手は到底不可能だったのですが、センターが移転し駅前広場が整備された以上、橋上化実現のハードルはかなり低くなったと言えます。
ただ問題は駅東口の状況。
小さな駅前広場直前まで民家が建て込んでいて、改築工事なんて出来るのだろうかと。

Ishiyama07
新潟市園芸センター(画面左側)が移転する前の、越後石山駅西口の様子。
2010年3月撮影。

Ishiyama06
駅前広場整備以前の越後石山駅西口前の様子、2006年8月撮影。

Echigoishiyama1021215

Echigoishiyama1031215

Echigoishiyama1041215
整備を完了した越後石山駅西口の様子、2015年12月撮影。
あの狭苦しい駅前が、よくぞここまで変身したものだと感嘆するしかありませんマジで。
ロータリーは路線バスも進入に充分な広さで、タクシー乗り場もあります。

Ishiyama12
Ishiyama11
こじんまりとした越後石山駅西口駅舎内部の様子、2009年7月撮影。
この時点ではみどりの窓口も営業していました。
しかし撮影から約半年後の2010年2月に、指定券自動券売機導入により営業を終了しています。
この時期には東新潟駅と越後線・新潟大学前駅が同じ扱いになっていて、今後はこの方式が順次導入されるのだろうと思いきや、この三駅で打ち止めの模様。
やはり苦情が多いんですかね、お年寄りはまごつきそうですしね。
私も初めて使った時はちょっとドキドキしたw
新津駅で早朝に使おうとした時は、稼働時間に入っていたにも関わらず、まだ使えませんとかこのきっぷは購入できませんという警告メッセージが人気の少ない日曜の構内に大音響で響き渡って、非常に恥ずかしい思いをしたものですw

Ishiyama08
越後石山駅東口の様子、2010年3月撮影。
こちらは駅舎でもなく待合室でもなく、自動券売機付きの新津方面ホームへの単なる入り口です。
整備されて面目を一新した西口と異なり、こちらは車もロクに入れない極めて狭苦しいところです。
建物のすぐ左手にあるのが構外連絡地下道の出入り口です。
通勤通学の駅だけあって、画像左側の駐輪場は自転車が鈴なり。

Ishiyama10_2
越後石山駅東口建物内部の様子、2010年3月撮影。

Echigoishiyama1050312
新潟駅方から見た越後石山駅構内の様子、2012年3月撮影。
このホームは上り(新津方面乗り場)用です。
設備は反対側の新潟方面乗り場よりも遥かに貧弱。

Echigoishiyama1060312
越後石山駅上りホーム端から新潟駅方面を見通す、2012年3月撮影。
右手至近にJR東日本新潟支社の新潟車両センターがあり、様々な車両の姿を望見できます。

Echigoishiyama1070312
上りホームの亀田駅方から見た越後石山駅構内、2012年3月撮影。
直複線上の対面式ホームである当駅構内は、さしたる見所はありません。

Echigoishiyama1080312
上りホーム端から亀田駅方を見通す、2012年3月撮影。
この先少し進むと、左手には昔ながらの亀田郷の田圃の海が広がります。
政令指定都市ではありますけれど、中心街から僅か6~7kmでそんな風景に様変わりするのが我が街新潟の良くも悪くも大きな特徴です。

Echigoishiyama1090509
早朝の越後石山駅構内、2009年5月撮影。
まだ始発電車が来る前の午前五時過ぎです。
早朝から地域の方々が清掃にいらしていて、その取り組みには頭が下がりますです。

駅構内は全く見所のない、地味色一色実用一点張りの越後石山駅ですが、磐越西線直通列車も通るので目にする車両はバラエティに富んでいます。

Echigoishiyama1100312
Echigoishiyama1110814
Echigoishiyama1120814
間もなく姿を消すのがまだ信じがたい115系電車、一番上は2012年3月、下二枚は2014年8月撮影。

Echigoishiyama1130714
Echigoishiyama1140814
信越線では既に過去帳入りとなったE127系電車。
上は夕方の長岡行六連で2014年7月撮影、下は新潟行で同年8月撮影。

Echigoishiyama1150305
越後石山駅で顔を合わせた磐越西線直通新潟行キハ110系気動車と、新津行E127系電車、2005年3月撮影。

Echigoishiyama1160814
越後石山駅を通過するキハE120とキハ110系の朝の快速気動車列車、2014年8月撮影。

Echigoishiyama1170814
Echigoishiyama1180814
古強者のキハ40系気動車も越後石山駅を含む新潟-新津間では未だ健在、しかしE129系電車の新製投入が終了したら、次に着手されるのはこの車両の後継気動車です。
夕方の磐越西線直通馬下行、2014年8月撮影。

Echigoishiyama1191215
Echigoishiyama1201215
日増しにその数を増やしつつある新鋭E129系電車、2015年12月撮影。
上越線直通越後中里行の運用にこの電車が入っているのを見た時は、かなりの衝撃を受けたものです。
子供の頃から慣れ親しんだ電車がいなくなってしまう現実を思い知らされたのですよ。
大げさに言うと「日常性の崩壊」というヤツ。

Echigoishiyama1210914
越後石山駅を通過する485系電車R編成の特急「北越」新潟行、2014年9月撮影。

Echigoishiyama1220814
過去帳入りの485系電車国鉄色の快速「くびき野」新潟行が通過、2014年8月撮影。

Echigoishiyama1230814
新津駅から新潟駅への、「SLばんえつ物語号」の回送運転、2014年8月撮影。
この駅には蒸機は残念ながら不似合い。
お盆の真っ最中でしたが、写真撮ってるのは私だけ。

Ishiyama13
Ishiyama14
2006年11月撮影。
新津駅から始発駅の新潟駅に回送中の「磐西・只見ぐるり一周号」。
キハ52・国鉄色キハ40・キハ58系二連の気動車四両編成、現在では実現不可能な
編成です・・・。

Ishiyama09
さて越後石山駅は県道と市道に挟まれた立地ですけれど、この画は市道。
県道は道幅が狭く、旧石山村以来の住宅密集地で店舗の新規出店にも向いておらず、発展のウエイトは東口側の市道沿いに大きく偏っています。
近年は路線バスもこの市道経由がメインになっています。
駅至近にはスーパーとドラッグストアが一軒ずつ。
以前はコンビニもありましたけれど、閉店して久しい状況。
立地は良いと思うのですがねぇ。

越後石山駅と新潟駅間は5kmあって、その間も住宅街は切れ目なく続いていて、以前より中間地点の沼垂貨物駅付近に新駅「紫竹駅」をとの動きがあり、新潟市でも越後線の「上所駅」(新潟-白山間)と並んで都市交通政策上の課題の一つとなっています。
しかし例によって地方の施設関係投資には非常にシブい会社相手の所為か、具体化には到っておりません。
あの周辺は信越線・白新線・車両基地の線路が錯綜していて、新駅開設となると配線をいじる必要があると思われ、それも会社がシブる要因の一つだと思いますが・・・。
また新潟交通にとっては、駅空白地域の公共交通輸送を一手に引き受けていて中々美味しいところであろうというのは想像に難くなく、BRTの件を見てもやたらバス会社に肩入れするエラいさんのままでは、「紫竹駅」設置の目は無いのだろうなと達観しつつ見ておるところです。
新駅を作ってバスの食い扶持が減ったら困るんでしょうしねw

|

« ゴッドシグマのエンディングテーマにピーが入りそうなのぉ | トップページ | なかなか豪気なフネだよ19DD »

R006 信越本線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴッドシグマのエンディングテーマにピーが入りそうなのぉ | トップページ | なかなか豪気なフネだよ19DD »