« 眠れる街にて~恐怖劇場アンバランス~ | トップページ | ゴッドシグマのエンディングテーマにピーが入りそうなのぉ »

2006年8月12日 (土)

今日のお昼はフライでもうお腹一杯

高校野球・夏の甲子園7日目第二試合、我が県代表の<センバツ
ベスト8>日本文理高校は香川県代表・香川西高校と対戦し、
1-2で敗れましたorz・・・。

日本文理は夏の県予選、特にエース横山君が投げた試合では、
相手に格の違いを見せつけるかのような横綱相撲の試合運び。
横山はセンバツとその後の公式戦で無失点ピッチングを続け、
予選決勝の新潟明訓戦でも完封勝利(9-0)!
今年に限っては、例年のような投手の出来にヒヤヒヤする事も
なく、普段通りの戦い方が出来れば甲子園でも初戦突破は確実、
ベスト16もいくだろうし、県勢2回目となる夏ベスト8も
充分に現実性のある話だと私は確信を持っておりました。
香川県民の方々には大変失礼な話ですが、初戦の対戦相手が
香川西に決まった時は「まず一勝いただきまんもすぅ~♪」と
浮かれまくっていたのを告白せねばなりませんw。
ぶっちゃけ、横山君の二桁奪三振ピッチングで、文理が3-0で
勝ちと皮算用しておりました。

そして本日・・・。
超久々の県勢初戦快勝を見届けよう、ばけのかわにも得意満面の
勝利レビューをエントリーしようと、ノートに試合の流れを書き込む準備を
万端整え、運命のプレイボール・午前11時20分を迎えた次第にございます・・・。

一、二回は両チーム共、単打は出るものの、比較的静かな立ち上がり。
センバツの時のような、エース横山君の「分かっていても打てない」
大きく曲がる縦のスライダーを駆使しての奪三振ショーを期待して
いた私でしたが、一、二回の奪三振はわずかに2個。
香川西打線は低めのボールをよく見ているなぁと思いましたが、
横山君がエンジン全開になる二周り目からは、我慢し切れずに手を出し
始めるだろうとたかをくくっておりましたが・・・。

ちょっと嫌な展開かな・・・と思い始めたのは、3回の攻防から。
3回表、香川西は先頭打者がヒットで出塁するとバントをしてきます。
この時はバント失敗でゲッツーだったのですが、次の回にも先頭打者が
二塁打を打つと、再びバント作戦を敢行・・・、結果的にはバント失敗で
二塁ランナーは殺され一死一塁。すると次打者もまたもやバント(結果は
失敗でしたが)。
次の五回表にも一死一塁からまたまたバント(これも失敗)。
3~5回に香川西が試みたバントは計4回、その全てが日本文理の堅守と
自らのミスで失敗に終わった訳ですが、横山君の低めのスライダーには
徹底して手を出さずに、例え失敗しようとひたすらセオリー通りに次の塁を
狙うというチームとしての明快な姿勢・・・、文理の攻撃は3回裏に二死
一、三塁のチャンスがありましたが、それ以外はフライを打ち上げるだけの
淡白な(しかも早打ちで相手投手に利する始末)攻めに終始・・・。
この道はいつもきた道・・・敗北の足音が聞こえてくるぅ・・・、そんな
不吉な予感に囚われ始めた矢先の6回表・香川西の攻撃、先頭打者がヒット
で出塁すると次打者は再びバント、そしてこの試合初めて成功・・・。
結局二死二塁から連続タイムリーが出て香川西、2点先取orz・・・。

結局これが決勝点、日本文理は8回裏に無死満塁の絶好のチャンスにも
外野フライの3連発でわずか1点のみ。
最終回も二死三塁、カウント2-2で代打の代打を出し、その初球を
打ってピッチャーゴロ・・・短い夏もこれで一巻の終わりと相成りました。
今年の夏は日本文理に非常に期待しておりましたから、その分
香川西には申し訳ないですが「まさかの」敗戦にマジ凹みました・・・。
試合終了後、数分は放心状態でしたね、ホントの話。
スポーツ観戦でこんなに凹んだのは久しぶりでなぁ・・・。
今年のW杯だって、こんなにはならなかったし。

また、センバツベスト8ですっかり幻惑されておりましたが、よく考えてみれば
夏の甲子園で県勢は7年連続初戦敗退・・・この現実は重いよなぁ。
21世紀になってから、夏未だ勝ち星なしだもんね・・・。

さて、敗戦のショックで呆けたアタマを冷やして、試合内容を再吟味してみますと・・・
スコアだけ見れば一点差と接戦のように見えますが、その内容はかなりの
差がありましたね・・・。
出塁数は日本文理=9(二塁打1、単打7、死球1)、香川西=12
(二塁打2、単打8、四球1、死球1)。
無死での出塁数は日本文理=2、香川西=5。
またアウトの内訳は
日本文理・・・三振2、内野ゴロ6(ヒット性の当たりは1)、内野フライ6
(ジャストミートしたライナーは1)、、外野フライ13(ジャストミート
した当たりは1)
香川西・・・三振6、内野ゴロ12(バント2、バント失敗3※うちゲッツー
1)、内野フライ6(バント失敗2、ダブルプレイ1)、外野フライ1。

フライアウトの数は日本文理19(ジャストミート2)対香川西7。
バント数は日本文理1(結果的に内野安打)対香川西7(成功2、失敗5)。

横山君相手では、打ちにいっての得点は厳しいとばかりに、アウトになろうが
ゲッツーを喰らおうが、しゃにむにバントを仕掛けて少ないチャンスを
確実にモノにした香川西と、足のある選手が多いという利点を忘れたかの
ように、バントをするわけでもなく(転がせばセーフになる場合も多々ある
わけで)、いたずらにフライを打ち上げてばかりの日本文理のこの差は
一体・・・。
よく言われる「野球偏差値」の差が表れたような試合内容でした。

横山君はスライダーの曲がりもセンバツの時のような凄みはなく、低めの
制球がイマイチな状態で、内野の堅守にも助けられましたが(香川西の
バント失敗がもし半分だったら、試合前半で1~2点取られていた可能性
があったし)、8回2失点は調子が悪いなりによく踏ん張ってくれたと
思います。
問題は打線・・・、攻め口がああも淡白じゃあなぁ・・・。
日本文理の監督さんはバントよりも打ちにいく作戦を好むようですが、
プロに注目されるようなスラッガーが数人いるような強力打線でもない
限り、甲子園で勝ち抜くにはハードヒッティングと小技のバランスが
重要でしょう。
「団体競技」としての「線」としての野球をした香川西と、個人技という
「点」ばかりの野球をしてしまった日本文理、近年の県勢ではダントツ
最強と謳われたチームにしてこのような状態ですから・・・。
我が県勢は技術や体力以前に、野球観そのものを見直す必要があるのか
なぁ~、勝利への道程は未だ険しく遠しか・・・そんな事を思ったお盆の入りの
午後でした。

野球と言えばプロの方はというと・・・。
皆様ご存知のように、イニシャルGの名門球団は、春先の絶好調が信じられ
ない低迷に喘いでおります。
4位に浮上したものの、依然として板子一枚下は地獄(最下位)な状態で、
フジテレビはG戦の地上波中継を打ち切り、お膝元の日テレも中継延長は
行わず、カードによっては中継自体を行わないという惨状でございます。
80年代の半ば、当時の南海ホークスの川勝オーナーは、パーティなどの
席でホークスについて(最下位争い常連)聞かれると、顔を強張らせて
「わしゃ、野球の事はよう知らん!」と吐き捨てるようにおっしゃったとの
事ですが(その頃の週刊ベースボールに載っていた話)、私も
「別れても好きな人」G球団に対しては全く同じ心境w。
頼りになるのはスンヨプのみ、チームリーダーの小久保は故障欠場中、
生え抜きの野手達もニ岡以外は揃いも揃ってorz。
若手で結果を残しているのは矢野ぐらい、投手陣も先発要員の高橋尚を
抑えにもっていかざるを得ない状態・・・。
横浜のように、例えチーム成績は芳しくなくとも、次代を担う強打の野手
が数人台頭している状態なら楽しみもありますが、G球団はそういう
要素もないしなぁ、スンヨプ=メジャー行き、小久保=FAで古巣に帰巣
なんて事になったら、もうどうしようもないです。ボクはもう一生
どうしようですw。
あとはもうストーブリーグ絡みの話で、3年間で2度優勝したのに、OB
やタニマチの突き上げで首を切られるかもしれないドラゴンズ・落合
監督や、乗り切れないチーム状態にブチ切れて辞任するかもしれない
マリーンズ・バレンタイン監督の動向に注目といったところでしょうか。

|

« 眠れる街にて~恐怖劇場アンバランス~ | トップページ | ゴッドシグマのエンディングテーマにピーが入りそうなのぉ »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107393/11402845

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のお昼はフライでもうお腹一杯:

« 眠れる街にて~恐怖劇場アンバランス~ | トップページ | ゴッドシグマのエンディングテーマにピーが入りそうなのぉ »