« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の記事

2006年7月 8日 (土)

ミサイル発射は全部日米のせいなんだってw

北朝鮮がとうとうやっちゃいましたね~、弾道ミサイルの発射・・・。
マスゴミ各社も中田選手の引退報道もひとまず落ち着き、次の話題探しに
・・・というところへ、今回の将軍サマからの祝砲7発、当分はこの話でイケる、
ラッキーセブンとは将軍サマの小粋なプレゼントだなどと、無責任にホクホク顔
のディレクター氏や編集長氏もおられるのでしょうね。

一連の報道の中には、日本に弾道ミサイルの迎撃能力が現状では皆無なの
を、センセーショナルに報じてコワイコワイと危機感を煽っている向きが散見
されますが、それではその脅威から国民の生命財産を守るにはどうしたら・・・
という話になりますと、この後に及んで「交渉が必要」「対話が必要」と素敵な
事をおっしゃる「識者」の方々がおられるのを見聞きするにつけ、その見識の
売国・・・もといっ、進歩的平和人権的発想に、私ごとき無知蒙昧の徒は驚倒
する事しきり。
「ミサイル防衛網の一刻も早い構築」「北ミサイル基地への限定的攻撃能力
を保有」は「この道はいつか来た道」「軍靴の音が聞こえてくるぅ」
「日本の軍国主義化につながる」「朝鮮再侵略策動だ!」そうですしね。

一昨日の某国営放送の「クロゲン」はまさにそのような素晴らしい見識を
公明正大に述べておられまして、今回のミサイル危機の原因は日本と米国が
北朝鮮との交渉の扉を閉ざしている事にあり、
※北朝鮮は世界100ヵ国以上と国交があり、孤立などしていない。
孤立しているのはむしろ日米両国。
※ギブアンドテイクで交渉する事が肝要。
なんだとか・・・。
それを北の工作員・・・もといっ、平和的シミン団体の方々ではなく、日本の
学者先生と米政府元高官の方がスバリ直言されて、ホステスの知性と教養
溢れる女史先生が全面肯定しておられる光景には、開いた口が塞がら・・・
もといっ、正に久々に、「目から鱗」。
俗世の軍国ファッショな反動思想にかぶれて、すっかり目の曇っておった私
なぞは、あぁ、こういうモノの見方が進歩的、民主的、人権平和的なのだなぁ
と、目を洗われる思いでございました。
News●3やサ●デーモーニングでもこのような革新的進歩的な提言を聞いた
事はなく、近年にこれに比肩するものとしましては、一ヶ月ちょっと前にブロード
キ●スターで、コメンテーターの米国人?の識者のおじいさんが、
「拉致問題は警察の問題(単なる刑事事件とおっしゃりたいようで)、この問題
に日本政府が介入すると、アジアにおいて日本が孤立する」とおっしゃった事
ぐらいでしょうか。

ギブアンドテイクで交渉というと、やはりこの辺が話の落としどころでしょうか。
朝日間
共和国→ノドン及びテポドン1号の発射凍結(あくまで凍結であり、放棄ではない)。
日本→共和国圧殺策動の放棄・・・以下の通り。
・拉致問題は永久的に解決済みである事の確認。
・ミサイル防衛システムの全面放棄。
・日朝国交正常化、それに伴う植民地支配の償い金の支払いと大規模な経済援助。

朝米間
共和国→テポドン2号の発射凍結(あくまで凍結であり、放棄ではない)。
米国→共和国圧殺策動の放棄・・・以下の通り。
・あらゆるレベルでの共和国制裁措置の即時全面解除。
・共和国の核保有を認める。
・南朝鮮からの米軍全面撤退、米韓安保体制の終了。
・大規模な経済援助とエネルギーの安定供給(重油の無償提供と軽水炉の無償建設)。

共和国といたしましては、日本のマスゴミ各社による世論のミスリード・・・
もといっ、世論の正常化によって福田政権誕生となれば、最悪でも拉致問題は
永久に棚上げで国交正常化→経済支援獲得も大いに望めますし、2年後の米国
大統領選において民主党候補が当選すれば、朝米2国間交渉によって最悪でも
核保有を認めさせ、体制保障と人道(の名を借りた経済)援助の獲得も大いに
期待できますので、それまでの間、ミサイルを撃ち続けて米日両国の関心を
惹きつけ続け、両国の進歩民主勢力に工作指令と賄賂で買収・・・もといっ、
平和と友好のメッセージを、帝国主義反動勢力にはカネクレ食い物クレクレ・・・
もといっ、世界平和実現に向けての共和国の不退転の決意を示し続けるのが
肝要かと存じます。
不遜な反動どもがそれでも態度を悔い改めない場合には、核実験を実施して、
偉大なる領導者金正日将軍様を高く推し戴く共和国の、いまや地球を砕く事
すら容易な世界最強の常勝軍事強盛大国ぶりを見せつけて深刻な教訓を
与えてやるのも一興かと。
えっ、それまで経済がもたない? 将軍様が高級メロンや松坂牛をお召しに
なれない?
心配後無用! 属国根性丸出しで縋りつけば何でも言う事聞いてくれるサンタ
クロースな宗主国サママンセー・・・もといっ、同盟国で56年にも及ぶ血の友誼
により固く結ばれた中華人民共和国と、今や政府乗っ取りに成功しつつあり、
都合のいい打ち出の小槌・・・もといっ、民族の血脈で固く結ばれた大韓民国
が裏ルート・・・もといっ、人道的見地から厚い支援の手を差し伸べてくれますので。
こざかしい小日本の名も無き人民が何十、何百人かどわかされようと知った事
ではありませんが、将軍様が好物のメロンをお召しになれないのは、人類史上
類例のない、シリアスな人道的問題でございましょう!
韓国のノム大統領閣下はこの件で、さぞや気を揉まれる事でありましょう。

・・・ここからは真面目な話、相手は棍棒片手の強面外交でなければ話を聞か
ない連中ですので、所詮盾でしかないMDなんぞはイージス艦装備だけにして、
地上配備で拠点防衛しか出来ない(射程が著しく小さい)PAC3は止めにして、
その分のリソースプラスアルファで国産の対地攻撃用巡航ミサイルを開発
配備して矛(抑止力)としたほうが賢明では?と思うのですが・・・。
開発開始から実用化までには十数年かかるでしょうから、完成した頃には
将軍サマが潰れているかもしれませんが、「巡航ミサイルの開発に踏み切っ
た」という事実は我が国が空想的平和主義から脱却した事をかの国や背後
に控える中国へ強く印象づける事になりましょう。
また米国に対しても我が国の自主独立の気概を示す事にもなります。
まず櫂より始めよ!です。

現在の日本の技術・資金的リソースでなんとか可能のように思われる、欧州
各国がぼちぼち実用化し始めているのと同クラスの規模の、日本の独自
判断で使用可能な巡航ミサイルが必要だと常々思う次第・・・。
ネット右翼の方々はやれ核保有だの空母保有だのと勇ましい事を言って
おいでですが、現実問題としてそれは不可能(前者は国際政治的に、
後者は財政的に)でしょう。

こういう話になると必ず「トマホークを買えっ!」っていう話になるのですが、
トマホークは、
「買うのはキミ(日本)だ~♪ 使う(のを指示する)のはボク(米国)だ~♪」
なんて話になりかねないわけで・・・。
米軍再編と自衛隊との一体化が進む今後はなおの事、猫に鈴の例えのように。
米国の政権次第では、日本の独自判断による対北反撃には使わせないが、
日本が何の恨みもない対イラン・シリア(将来はベネズエラあたりも)には参戦
使用を強要なんて事になりかねませんからね・・・考えすぎかなぁ?

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »