« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年4月の記事

2006年4月 4日 (火)

全くもう・・・

先程UPしたエントリー「信越本線・新井駅」の駅画像が反映されていないようです。
ココログは先月末に「バージョンアップ」をしたのですが、それ以来、問題が続発で、ニフティの社長が自らのブログで陳謝しているほどです。

なんつーか、ココログはそれ以前から問題大有りで、バージョンアップ前にもメンテのトラブルで丸一日投稿不能になって、大騒ぎになったばかり。
バージョンアップ後の不具合も、未だ解決できていないそうです。

本日の投稿も、最初にUPを試みたら5分かかったあげくにエラー。
直後にブログを見てみたら記事が反映されていなかったので、もう一度UPを試みて、今度は10分近くかかってUP成功。確認してみたら、先程エラーになった分が反映されていて、二重投稿になっている始末。
二重投稿の片方を削除するのに、またエラーで結局10分かかり、拡大画像は反映されていない・・・。
これだけ時間がかかると、流石に嫌になってきます・・・。
ブログに関しては、他を探したほうがいいかもしれないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

夢をありがとう日本文理高校

第78回センバツ大会、我が県の日本文理高校はベスト4をかけて長崎県の
清峰高校と対戦し、0-4で敗れ、春夏通じて初の4強入りはかないませんでした。
残念でしたが、日本文理の選手諸君は本当に良く戦ってくれました!
県勢初の春一勝(春夏通じて県勢の甲子園今世紀初勝利、そしてベスト8入り
・・・我が県の高校野球史上最高の快挙かもしれません。
今回は堂々と胸を張って帰ってきていただきたいです、夢をありがとう!

これまで高校野球を見ていて、夏が楽しみになったのは今年が初めてです。
日本文理の投の両輪、三年生の横山君と二年生の栗山君。
横山君はこの3月に「偶然」覚えたという、ストレートと同じ腕の振りから投げる
縦のスライダー。
高校生レベルでは、真っ直ぐなのかスライダーなのか、見極めるのは非常に
難しいとの事で(相手打者はワンバウンドで捕球されるスライダーもブンブン
空振りしてましたからね~ストレートだと思って振りにいったらスライダーで、
その落差にバットがついていけないんでしょう)、その威力は、センバツ3試合で
13回2/3を投げ、被安打5、21奪三振、失点0で証明済み。
本日の準決勝でPL学園の好投手・前田君を攻略して6点を奪った清峰打線が、
横山登板の五回途中から無安打で、ヒットどころか打球が外野にロクに飛ばない
ような状態でしたから。

昨年秋の北信越大会では、栗山君が好調だったのでその実績を買われたのと、
必殺のスライダーを覚えて間もなく、実戦でどの程度通用するか、まだ見極めら
れていなかったからのリリーフ登用だったのでしょうが、夏は先発でも投げられる
ようになるでしょう。
栗山君も、昨年秋に比べると、ストレートの威力もコントロールも不調であった
ようですが、そういう状態でも、全国レベルで試合を作れる投手なのは今大会で
これまた証明済み。
調子が上向いていけば、横山君との両輪で、県内では圧倒的な力を発揮する
ものと大いに期待できます。

打線は、清峰の有迫君のように、ストレートに球威のある投手にはやや振り遅れ
ておりましたが、冬の間、「生きた速い球」を打つ機会の少ない県勢の打線として
は、やむを得ない面もあります。
この点は、これから夏までに試合を重ねて、生きた球を打つ機会が増えれば徐々
に解消していく事と思われますし、変化球主体の投手には、ある程度ついていけ
るのは今大会の第一、二戦でこれも証明済み。
守備は色々言われているようですが、これまでの県勢にありがちだった「凡エラー
につけ込まれて失点」はありませんでしたから、その点では地に足がついていました。

このまま選手諸君が精進して、故障もなく夏の大会を迎えられたら、夏ベスト8、
いやもうちょっと欲張ってベスト4の夢も広がってきます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »