« 明日は国中アレだな・・・ | トップページ | 今日の野次暴論(WBCを終えて) »

2006年3月20日 (月)

越後線・越後赤塚駅

本日の駅紹介は越後線・越後赤塚駅。

2016年3月5日記、大幅リニューアルを実施しました。

Echigoakatsuka101

新潟県新潟市西区に所在する無人駅で、「平成の大合併」以前の旧新潟市の西端の駅でありました。
開業は1914年(大正3年)12月25日で、開業当時の所在は西蒲原郡赤塚村でした。
赤塚村は永らく村として存続していましたが、昭和36年に新潟市に合併編入されています。

越後赤塚駅の所在する越後線・白山-吉田間は、大正元年8月に軽便鉄道の「越後鉄道」として開業しましたが、当駅が設置されたのはそれから2年強のちの事でした。
当時の赤塚村の中心集落は現在の駅から海岸方に2km強も離れており、その辺の不便さが開業当初の駅未設置の事情だったのでしょうか。
赤塚村中心集落には北国街道が通っていて、陸運事情はかなり恵まれていましたしね。
しかし鉄道開通以前の西蒲原の物流の柱であった西川(水運に利用)は、当駅よりも少し南に流れています。
人の移動はともかく物流は水運有利であった当時を考えると、赤塚村産の農産物も西川の水運で新潟に運ばれていたのではと思われます。
それを考えると西川より僅かながら中心集落に近い越後鉄道沿線のこの地に停車場を最初から設置していても、少しも不思議ではないように感じられるのです

かつては村外れの田圃の中に佇んでいたここ越後赤塚駅ですけれど、近年は駅北側で大規模な宅地開発が進行。
新潟国際情報大学と新潟看護専門学校が進出して、新興住宅街としてまた文教地区として今後もまだまだ伸び代のありそうな、新潟都市圏のフロンティアとも言うべき地域の玄関駅なのが当駅なのであります。

そんな越後赤塚駅の利用実態はというと、新潟市統計書によれば平成20年度の年間乗車人員は31万3千人。
単純計算すると一日平均860人弱になり、この数字は有人駅の羽越線・水原駅や白新線・佐々木駅と同レベルです。
無人駅の乗車人員の数字は実態と相違する場合有りとの但し書き付きですけれど、新潟県内の無人駅では信越線・古津駅と並びトップレベルであるのは間違いないように思われます。

Echigoakatsuka1020612
越後赤塚駅駅舎の様子、2012年6月撮影。
建築財産票によると完成は昭和57年11月24日。
実用一点張りの建物で、色合いもこんな感じなので一層の地味感を醸し出しますです。
駅舎右側がトイレで、当駅を初めて訪れた2005年当時は男女兼用の昔ながらのモノでした(後はお察しください・・・)。
この撮影時は遺憾ながらトイレを観察しなかったのですけれど、近年は「こんな駅にこんな立派なトイレが!」という例を散見しますので、あるいは当駅のトイレも改装されているのでしょうか。
でも男女別バリアフリー対応にするには、建物にかなり手を加える必要がありそうな気も。

Echigoakatsuka1030612
越後赤塚駅駅舎内の様子、2012年6月撮影。
現在は無人の当駅ですが、画像右側に旧窓口らしきものがあるので、あるいは有人だった時期があるのかも。
もしそうだとすれば、利用増加に伴う今後の再有人化も比較的容易でしょう。
まぁしかし、建物もかなりの経年ですから街のフレッシュなイメージに合わせてモダンな建物に改築=有人化が妥当なところでしょうかね。

Echigoakatsuka1040612
駅舎とホームを結ぶ跨線橋、2012年6月撮影。

Echigoakatsuka1050612
跨線橋出入り口と反対方向の様子、2012年6月撮影。
当駅駅舎とホームの連絡は昭和60年まで構内通路で行っていたとのことですが、画像中央の柵が構内通路の出入り口だったのでしょうか?

Echigoakatsuka1150714
越後赤塚駅跨線橋内の様子、2014年7月撮影。
昭和60年と比較的最近の完成なのに、既に末期的のような荒れ方です。

Echigoakatsuka1160714
跨線橋上から見た内野西が丘方駅構内、2014年7月撮影。
駅南側はご覧のように昔ながらの田圃また田圃。
西蒲原の豊かな緑の海であります。

Echigoakatsuka1170714
同じく越後曽根方駅構内、2014年7月撮影。

Echigoakatsuka1060510
越後曽根駅方から見た越後赤塚駅構内、2010年5月撮影。
弧を描くホームが当駅の特徴。

Echigoakatsuka1070510
越後曽根駅方を見通す、2010年5月撮影。

Echigoakatsuka1080510
越後赤塚駅ホーム上の待合室、2010年5月撮影。
当駅周辺は特に冬の季節風が酷くて、越後線もたびだび抑止がかかります。
そんな気象条件下の駅としては、風雪を完全に凌げる頑健な待合室の存在は不可欠と言えましょう。

Echigoakatsuka1090510
待合室内の様子、2010年5月撮影。
個人的には駅舎よりもこちらの方が過ごし易いですな。

Echigoakatsuka1100612
内野西が丘駅方から見た待合室とその向こうの跨線橋、2012年6月撮影。
当駅は列車交換設備を持ちますが、2015年3月改正ダイヤで交換が行われるのは朝の二回のみ。
交換無しの場合の列車は二番線(画像左側)に発着します。

Echigoakatsuka1110510
新潟方に伸びる横取り線の様子、2010年5月撮影。

Echigoakatsuka1120510
ホーム待合室付近から新潟方面を見る、2010年5月撮影。

Echigoakatsuka1130510
新潟方から見た越後赤塚駅構内、2010年5月撮影。
ホームの有効長は9両ですが、この有効長を目一杯使った列車の発着は今後無いでしょうね。

Echigoakatsuka1140510
内野西が丘方面を見通す、2010年5月撮影。
越後赤塚駅と内野西が丘駅間は田圃の真ん中を突っ切って走ります。

Echigoakatsuka1180612
内野西が丘方の踏切から見た越後赤塚駅構内の様子、
2012年6月撮影。
ここから見る駅は、左に弧を描くホームが良いアクセントになっていてなかなか見ごたえがあるのです。

Echigoakatsuka1190612
線路と並行する道路から見た越後赤塚駅構内、2012年6月撮影。

Echigoakatsuka1200612
越後曽根駅方の踏切から見た越後赤塚駅構内、2012年6月撮影。
ここからだと角度の悪さもあって、駅構内の眺めはイマイチ。

Echigoakatsuka1210612
間もなく姿を消す115系電車の普通列車吉田行が停車中、
2012年6月撮影。

Echigoakatsuka1220714
朝しか見ることのできない越後赤塚駅での列車交換風景。
2014年7月撮影。
E127系電車吉田行と115系電車新潟行です。

Echigoakatsuka1230714
交換を終え、越後曽根駅に向け出発したE127系電車六連の吉田行。
2014年7月撮影。

Echigoakatsuka1240612
越後赤塚駅前の様子、2012年6月撮影。
せっかくのロータリーもなんかルーズな感じで、まだまだ発展途上の感強し。
2015年12月時点では、当駅前と青山間に平日五往復の区バスが運行されています。

Echigoakatsuka1250612
駅前ロータリーから駅前通りを見る、2012年6月撮影。
右の建物が、当駅にとって大お得意様と言える新潟看護専門学校。
この時点では駅前から少々歩いてコンビニが一軒。
さらに歩いてもう一軒。

Echigoakatsuka1260612
越後赤塚駅から遮るものの何もない田圃の真ん中を北に約30分歩いて、
旧赤塚村中心集落のある北国街道に到達、2012年6月撮影。
画像左側が、当駅周辺唯一の観光スポット「佐潟公園」であります。
駅からここを通って内野営業所まで行く区バスが一日五往復運行されています。
しかし土休日は全便運休。
田舎のコミュニティバスはこんな調子のところばかりですな。
太川&蛭子コンビが難渋するわけですよ。

Echigoakatsuka1270612
Echigoakatsuka1280612
佐潟の様子、2012年6月撮影。
今にも泣き出しそうな梅雨空が残念でした。
この佐潟は新潟県内でも最大級の砂丘湖だそうで、水深は約一m。
重要な湿地を保全するラムサール条約の登録湿地です。
向こうに見える山は標高481.7mの角田山。
比較的登り易く人気の山です。
私は弥彦山は登ったことがありますけれど生憎角田山は未踏の地。
この山と国上山、南魚沼の坂戸山はぜひ制覇しておきたいと念願しておるところです。

|

« 明日は国中アレだな・・・ | トップページ | 今日の野次暴論(WBCを終えて) »

R004 越後線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は国中アレだな・・・ | トップページ | 今日の野次暴論(WBCを終えて) »