« 越後線・青山駅 | トップページ | 転がり続けるガジャ様の生き様 »

2006年3月 4日 (土)

もう帰ってこなくていいよ

一時的な出国に必要な「再入国許可書」の交付が保留されているのは不当として、
愛知県小坂井町の在日朝鮮人、金昭子さん(63)が2日、名古屋入国管理局へ
申し入れを行いました。
保留の理由の説明や局長への面会を求めたが同入管は拒否したそうです。
→http://www.chunichi.co.jp/feature/niccho/060303T0949.shtml

この「金昭子」さんなる御仁、記事では華麗にスルーしているけど、朝鮮総連
の中央委員会副議長で、北朝鮮最高人民会議代議員なんだって・・・。
検索したらマジでそうだよ、なんだかな~・・・。

そもそも、朝鮮戦争で祖国分断、現状はあくまで「休戦」であり、戦争状態が
継続していて帰りたくても帰れない(生活基盤がない)からという「人道上」
その他もろもろの理由で、日本での特別永住許可を得ているのが彼女たち
というのが、私の理解するところでありますが、愛する祖国の国会議員にまで
栄達を極めていらっしゃる方に、「特別永住許可」なんて出す義理がどこに
あるんだろーか?と不可解千万。

日本から出国するのは御本人の自由ですが、祖国で充分な生活基盤を持つ
事のできる(将軍サマの恩寵をお受けの輝く人民会議代議員なのですから、
あの国ではエリート中のエリート)方は、「特別永住許可」の趣旨を明らか
に逸脱しているように思え、「再入国許可」について十分な審査と検討が
必要なのは当然じゃないかなぁ。
こういう御仁にこれまで「再入国許可」を与え続けてきた事の方が非常に
奇異に感じられます。

「特別永住許可」も、ネット上では威勢のいい事をおっしゃる方が大勢いらっ
しゃいますが、現実問題として一気に廃止なんて事はまず無理。
漸減的にまず、「祖国(国籍を持っている国)で公的な役職及び経済的基盤
を確立している者の許可取り消し」辺りから手を付けなければならないと思います。

また、この御仁の言い草でアタマにくるのが、
「自分の国に帰るのは人間の初歩的な権利」というくだり。
拉致被害者とその御家族の心情など、想像もできないんでしょーな・・・(怒)。

|

« 越後線・青山駅 | トップページ | 転がり続けるガジャ様の生き様 »

特定アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107393/8937071

この記事へのトラックバック一覧です: もう帰ってこなくていいよ:

« 越後線・青山駅 | トップページ | 転がり続けるガジャ様の生き様 »