« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の記事

2006年3月26日 (日)

初勝利キター!!

春のセンバツ大会四日目第一試合、日本文理対高崎商業は4-3で文理の勝利!
21世紀初、そしてセンバツ史上初の我が県勢勝利、真に慶賀の極み、おめでとう
ございます!

3回表に高崎商が2点をとって0-3になった時は、これまでがこういうパターンで
失点を
重ねる敗北の連続だった為、自虐癖と負け犬根性がすっかり身に染み付いてしま
っていて、「あ~、もうアカン・・・」と諦めの境地に入り始めたところ(暗黒時代の
タイガースを応援しているようなもの)でしたが、3回裏に文理が2点を返すと、
「おぉっ、なかなかやるじゃん!」
しかしこの時点では、勝てるとぶっちゃけ思っておりませんので、
「2点も取れたんだし、県勢の意地は立てられたからこのまま負けても、まぁ・・・」。
5回裏に一死二、三塁からレフト前に2点タイムリー! 試合中盤で同点に追い
ついた文理。
ここでも私は相手に大反撃喰らって、あっという間にダブルスコアなんていう
獄絵図を妄想してしまって、同点に追いついたのに諦めムード(おまいはMかw)。

もしかしたらマジ勝てるかも・・・と思い始めたのは6回表の高崎商打線対文理
2番手・横山の対決。
横山は高崎商打線を三者三振に切ってとります。
5回まで投げた栗山の調子が今イチで、テンポがあまりよくなかっただけに、
同点に追いついた後のこの投球、試合の流れを文理に傾ける値千金の熱投でした。
7回裏に文理が一死三塁からライト前タイムリーでついに勝ち越し!(この後併殺
でチェンジ、8回裏も一死二塁からセンターライナーでゲッツーで追加点の絶好の
機会を失ったのは、次の試合への反省材料ですね、あと下位打線がもっと振れ
ないとなぁ)
横山はその後も大崩れする事もなく9回まで無失点で投げ切り、ついに我が県
高校野球史上、かつての新潟明訓の夏ベスト8と並び称されるであろう歴史的
勝利を掴み取った次第。
WBC日本優勝と並び、野球好きには真にめでたい春の訪れとなりました。

文理の次の相手は滋賀県・北大津。順調に行けば29日第三試合での対戦に
なります。
この試合に勝てればベスト8に進出ですが、そこまでは流石に望みません。
県勢初勝利でプレッシャーも軽くなったでしょうし、後は自分たちの野球を精一杯
やって、勝敗は天命を待つつもりで戦っていただきたく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

私の中の昭和が終わった日

作曲家の宮川 泰先生が去る21日、虚血性心不全でお亡くなりになりました。
享年75歳。

昨年から今年にかけて、私が幼少のみぎりに特撮やアニメの劇中、またOP
クレジットで親しんだお名前の方々の訃報に接します。
俳優・根上淳さん(「帰ってきたウルトラマン」MAT隊長)、作曲家・伊福部昭
先生(代表作「ゴジラ」)、脚本家・佐々木守先生(特撮・アニメに多数参加)、
そして言わずと知れた「宇宙戦艦ヤマト」作曲の宮川先生・・・。
この方々がご健在のうちは、私の小さい頃の思い出も(「昭和」という時代も)、
どこかまだ現在進行形という気がしていて、お元気な姿を見るにつけ、こちらも
童心に帰れたものですが・・・非常に寂しい。
特に宮川先生は・・・「ヤマト」の音楽に聞き惚れながら育った私にとっては、
ぶっちゃけ叔父叔母が亡くなったのと同等のショックです・・・。
宮川先生のメロディアスな新作楽曲に乗った「ヤマト復活編」をぜひ見たかった
のですが、主演の富山敬さんも鬼籍に入られて久しく、今度は宮川先生が・・・。

訃報については、そういう事についてエントリーする事が亡くなった方への
礼を失するように思えて、これまで触れてきませんでした。
しかし宮川先生のこの度の訃報は、私の中で現在進行形だった「昭和」も
終わったような喪失感で、今回だけは礼を失するのを覚悟の上で書かせて
いただきました。
最後になりましたが、謹んで、ご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

今日の野次暴論(WBCを終えて)

今日の野次暴論はWBCにおける日本の振る舞いについてです。

WBC決勝戦は10-6で日本がキューバに勝ち、WBC初代優勝国として、
その歴史に永遠に名を刻む事になりました。日本の勝利に酔いしれ、今夜は
祝い酒という人もいる事と思います。
だが、ちょっと待ってください。
今回の優勝が日本に本当に相応しい事であったのでしょうか。
優勝の栄冠を得るにふさわしい、世界に誇れる振る舞い方を日本は、
我々日本人は出来ていたのでしょうか。
我々は、ともすれば勝利の熱狂に浮かれ気味な頭を冷やして考える必要
があるようです。

日本チームの中心選手たちから度々聞こえてくる「日の丸の旗の下に」。
また「相手が三十年は日本に手は出せないなという感じで勝ちたい」などの
ナショナリスティックな発言の数々。そして韓国に敗れた事を「最大の屈辱」と
評する差別的言動。
このような発言や言動を、小泉政権発足以来の日本社会の右傾化傾向と
照らし合わせてみるとどうでしょうか。国粋主義という名の妖怪の影が再び
確実に日本を覆いつつあると感じるのは私だけではないのではないでしょうか。

今日の試合後、日本の選手もしくは関係者はマウンド上に日章旗を置いて
いました。
先日の日韓戦で勝利した韓国選手が大極旗をマウンドに立てた映像は、
世界中の人たちに大きな、そして爽やかな感動を与えてくれましたが、今日の
我々の同胞の行いはそれと比べてどうだったでしょうか。
米国領土は我が領土と言わんばかりの日本人の態度に、かつて日本の
侵略に追われて米国に逃げ延びたアジアの人たちは、日本人が我々を殺し
にここまでやってきたと、恐怖に肌の粟立つ思いをしたのではないでしょうか。
また米国の人たちは、先の戦争中、日の丸を掲げてハワイやグアム、フィリピン
で無辜の市民に対して無差別大量虐殺を繰り返した悪逆非道な日本兵の姿と
日本選手を重ね合わせ、怒りと悲しみにその身を震わせたのではないでしょうか。
米国人の審判員ボブ・デーヴィットソン氏に対する日本人の誹謗中傷も、世界
のルールに従おうとせず、過去の歴史の反省と謝罪も頑なに拒絶する傲慢な
日本の今の姿と重なって見えてはこないでしょうか。
スポーツという娯楽を利用して、無意識のうちに肥大化する国粋主義という名の妖怪。
我々は常に警戒し、自戒していかなければなりません。

最後に、日本人には古来より「謙譲の美徳」がありました。しかし小泉政権下で
の「改革」は我々日本人のこうした世界に誇る品性まで変えていきつつあるようです。
わずか一つの勝ちに驕り高ぶり、韓国に二度までも完敗、大敗を喫しながらも、
ルールを盾に取って、心ある人たちの声を封殺して決勝の場に強引に割って
入った日本チーム。
本来の日本人の品性なら、ここで「韓国さん、私たちより強いあなたたちが決勝
に出るのが当然なのですよ」と、勝ちを譲ってあげて、快く決勝の桧舞台に送り
出してあげて当然なのですが、小泉改革下での弱肉強食のグローバリズムに
毒された心には、このような謙譲の精神は涸れ果ててしまっているようです。
関係者の記者会見でも、「韓国野球こそ真の世界一」という、世界野球界共通
の認識にして当然の言葉を、ついぞ聞く事は出来ませんでした。
大変残念な事であり、また日本人の品性がここまで堕ちていては、来るべき
「東アジア共同体」でも、日本はその席を捜すことができないかもしれないと
憂慮に耐えません。
東アジア共同体こそ、自分の事より他人の事を最優先で考えるという、
我々日本人の最大の美徳を遺憾なく発揮できる最適の場なのにです。
歪んだ強欲な自国益ではなく、まずアジアの人たちの幸せを何よりも考えて
行動する他国益優先の思考、これがこれからの日本にとっていかに大事な事
なのか、今回の日本の振る舞いを反面教師として、我々は襟をただし、常に
反省と謝罪の心を持ち続けなければならないと痛感した、今回のWBCでした。
今日はこんなところです。

え~、売国キャスターの電波な御説を拝聴したところで、ようやく本題に入ります。
我らが日本チーム、キューバを倒して世界一の栄冠! おめでとうございます!!
初回、いきなりの大量得点に小躍りした私でしたが、
7回と9回、特に7回の2点は、こちらのミスに端を発した失点で、もう手に汗
握って、なんとか追撃かわしてくれと天に祈る気分でした。
こちらは相手投手の独り相撲(四&死球)、あちらはこちらのミスにつけこんで
の得点。
ガチンコな打ち合いとして見ると、2点程度の差なんだよね~。
キューバ選手の捉えた打球はやっぱり迫力あったよ・・・。
これが二次リーグ戦での対戦だったら、相手投手が緊張でリズムを崩す事も
なかっただろうし、相当競った試合になっていたのではと感じました。

昨年、開催が決まった時には、「シーズンイン直前だし、選手もあまり気乗り
しなくてパッとしないんじゃないかなぁ・・・」と斜に構えていた私。
しかしやはり自国の野球文化を背負って戦う国際試合は燃えましたなぁ~。
しかしシーズン前からこれだけ燃える試合を見せつけられると、シーズンは
すごく退屈で物足りなさが残りそう・・・。
サッカーでW杯に熱狂しても、国内リーグに関心がない人たちの気持ちが
少しは理解できたような。
W杯予選や本選でのギリギリの息詰まる勝負を見た後にJリーグを観戦して
も、物足りなさは否めないでしょうからね・・・。
マスゴミでは「野球人気再燃」って言ってるけど、実際は、国内リーグ戦には
はなはだ面白くない逆風になりそうで・・・。

私とゆーか新潟県民にとっては野球はもう一つの大一番、我が県の日本
文理高校が春のセンバツ4日目(3/26)の第一試合、群馬県の高崎商業
と対戦します。こちらは県民悲願のセンバツ初勝利を賭けての戦いです!
シビれる好ゲームを期待してます、頑張って!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

越後線・越後赤塚駅

本日の駅紹介は越後線・越後赤塚駅。

2016年3月5日記、大幅リニューアルを実施しました。

Echigoakatsuka101

新潟県新潟市西区に所在する無人駅で、「平成の大合併」以前の旧新潟市の西端の駅でありました。
開業は1914年(大正3年)12月25日で、開業当時の所在は西蒲原郡赤塚村でした。
赤塚村は永らく村として存続していましたが、昭和36年に新潟市に合併編入されています。

越後赤塚駅の所在する越後線・白山-吉田間は、大正元年8月に軽便鉄道の「越後鉄道」として開業しましたが、当駅が設置されたのはそれから2年強のちの事でした。
当時の赤塚村の中心集落は現在の駅から海岸方に2km強も離れており、その辺の不便さが開業当初の駅未設置の事情だったのでしょうか。
赤塚村中心集落には北国街道が通っていて、陸運事情はかなり恵まれていましたしね。
しかし鉄道開通以前の西蒲原の物流の柱であった西川(水運に利用)は、当駅よりも少し南に流れています。
人の移動はともかく物流は水運有利であった当時を考えると、赤塚村産の農産物も西川の水運で新潟に運ばれていたのではと思われます。
それを考えると西川より僅かながら中心集落に近い越後鉄道沿線のこの地に停車場を最初から設置していても、少しも不思議ではないように感じられるのです

かつては村外れの田圃の中に佇んでいたここ越後赤塚駅ですけれど、近年は駅北側で大規模な宅地開発が進行。
新潟国際情報大学と新潟看護専門学校が進出して、新興住宅街としてまた文教地区として今後もまだまだ伸び代のありそうな、新潟都市圏のフロンティアとも言うべき地域の玄関駅なのが当駅なのであります。

そんな越後赤塚駅の利用実態はというと、新潟市統計書によれば平成20年度の年間乗車人員は31万3千人。
単純計算すると一日平均860人弱になり、この数字は有人駅の羽越線・水原駅や白新線・佐々木駅と同レベルです。
無人駅の乗車人員の数字は実態と相違する場合有りとの但し書き付きですけれど、新潟県内の無人駅では信越線・古津駅と並びトップレベルであるのは間違いないように思われます。

Echigoakatsuka1020612
越後赤塚駅駅舎の様子、2012年6月撮影。
建築財産票によると完成は昭和57年11月24日。
実用一点張りの建物で、色合いもこんな感じなので一層の地味感を醸し出しますです。
駅舎右側がトイレで、当駅を初めて訪れた2005年当時は男女兼用の昔ながらのモノでした(後はお察しください・・・)。
この撮影時は遺憾ながらトイレを観察しなかったのですけれど、近年は「こんな駅にこんな立派なトイレが!」という例を散見しますので、あるいは当駅のトイレも改装されているのでしょうか。
でも男女別バリアフリー対応にするには、建物にかなり手を加える必要がありそうな気も。

Echigoakatsuka1030612
越後赤塚駅駅舎内の様子、2012年6月撮影。
現在は無人の当駅ですが、画像右側に旧窓口らしきものがあるので、あるいは有人だった時期があるのかも。
もしそうだとすれば、利用増加に伴う今後の再有人化も比較的容易でしょう。
まぁしかし、建物もかなりの経年ですから街のフレッシュなイメージに合わせてモダンな建物に改築=有人化が妥当なところでしょうかね。

Echigoakatsuka1040612
駅舎とホームを結ぶ跨線橋、2012年6月撮影。

Echigoakatsuka1050612
跨線橋出入り口と反対方向の様子、2012年6月撮影。
当駅駅舎とホームの連絡は昭和60年まで構内通路で行っていたとのことですが、画像中央の柵が構内通路の出入り口だったのでしょうか?

Echigoakatsuka1150714
越後赤塚駅跨線橋内の様子、2014年7月撮影。
昭和60年と比較的最近の完成なのに、既に末期的のような荒れ方です。

Echigoakatsuka1160714
跨線橋上から見た内野西が丘方駅構内、2014年7月撮影。
駅南側はご覧のように昔ながらの田圃また田圃。
西蒲原の豊かな緑の海であります。

Echigoakatsuka1170714
同じく越後曽根方駅構内、2014年7月撮影。

Echigoakatsuka1060510
越後曽根駅方から見た越後赤塚駅構内、2010年5月撮影。
弧を描くホームが当駅の特徴。

Echigoakatsuka1070510
越後曽根駅方を見通す、2010年5月撮影。

Echigoakatsuka1080510
越後赤塚駅ホーム上の待合室、2010年5月撮影。
当駅周辺は特に冬の季節風が酷くて、越後線もたびだび抑止がかかります。
そんな気象条件下の駅としては、風雪を完全に凌げる頑健な待合室の存在は不可欠と言えましょう。

Echigoakatsuka1090510
待合室内の様子、2010年5月撮影。
個人的には駅舎よりもこちらの方が過ごし易いですな。

Echigoakatsuka1100612
内野西が丘駅方から見た待合室とその向こうの跨線橋、2012年6月撮影。
当駅は列車交換設備を持ちますが、2015年3月改正ダイヤで交換が行われるのは朝の二回のみ。
交換無しの場合の列車は二番線(画像左側)に発着します。

Echigoakatsuka1110510
新潟方に伸びる横取り線の様子、2010年5月撮影。

Echigoakatsuka1120510
ホーム待合室付近から新潟方面を見る、2010年5月撮影。

Echigoakatsuka1130510
新潟方から見た越後赤塚駅構内、2010年5月撮影。
ホームの有効長は9両ですが、この有効長を目一杯使った列車の発着は今後無いでしょうね。

Echigoakatsuka1140510
内野西が丘方面を見通す、2010年5月撮影。
越後赤塚駅と内野西が丘駅間は田圃の真ん中を突っ切って走ります。

Echigoakatsuka1180612
内野西が丘方の踏切から見た越後赤塚駅構内の様子、
2012年6月撮影。
ここから見る駅は、左に弧を描くホームが良いアクセントになっていてなかなか見ごたえがあるのです。

Echigoakatsuka1190612
線路と並行する道路から見た越後赤塚駅構内、2012年6月撮影。

Echigoakatsuka1200612
越後曽根駅方の踏切から見た越後赤塚駅構内、2012年6月撮影。
ここからだと角度の悪さもあって、駅構内の眺めはイマイチ。

Echigoakatsuka1210612
間もなく姿を消す115系電車の普通列車吉田行が停車中、
2012年6月撮影。

Echigoakatsuka1220714
朝しか見ることのできない越後赤塚駅での列車交換風景。
2014年7月撮影。
E127系電車吉田行と115系電車新潟行です。

Echigoakatsuka1230714
交換を終え、越後曽根駅に向け出発したE127系電車六連の吉田行。
2014年7月撮影。

Echigoakatsuka1240612
越後赤塚駅前の様子、2012年6月撮影。
せっかくのロータリーもなんかルーズな感じで、まだまだ発展途上の感強し。
2015年12月時点では、当駅前と青山間に平日五往復の区バスが運行されています。

Echigoakatsuka1250612
駅前ロータリーから駅前通りを見る、2012年6月撮影。
右の建物が、当駅にとって大お得意様と言える新潟看護専門学校。
この時点では駅前から少々歩いてコンビニが一軒。
さらに歩いてもう一軒。

Echigoakatsuka1260612
越後赤塚駅から遮るものの何もない田圃の真ん中を北に約30分歩いて、
旧赤塚村中心集落のある北国街道に到達、2012年6月撮影。
画像左側が、当駅周辺唯一の観光スポット「佐潟公園」であります。
駅からここを通って内野営業所まで行く区バスが一日五往復運行されています。
しかし土休日は全便運休。
田舎のコミュニティバスはこんな調子のところばかりですな。
太川&蛭子コンビが難渋するわけですよ。

Echigoakatsuka1270612
Echigoakatsuka1280612
佐潟の様子、2012年6月撮影。
今にも泣き出しそうな梅雨空が残念でした。
この佐潟は新潟県内でも最大級の砂丘湖だそうで、水深は約一m。
重要な湿地を保全するラムサール条約の登録湿地です。
向こうに見える山は標高481.7mの角田山。
比較的登り易く人気の山です。
私は弥彦山は登ったことがありますけれど生憎角田山は未踏の地。
この山と国上山、南魚沼の坂戸山はぜひ制覇しておきたいと念願しておるところです。

| | コメント (0)

2006年3月19日 (日)

明日は国中アレだな・・・

WBCの準決勝・日本対韓国戦は6-0で我らがチームの勝利!
勝利の瞬間をしっかり見れなかったのは残念でしたが・・・。
我が県では途中で中継終了。女子プロゴルフをやっておりました・・・。
画面の右隅で申し訳程度の中継をやっていましたが(音声はなし)、
無理は承知で、なんとか融通してほしかったところ・・・。
雨で一時間近い中断がなければ完全中継できていたはずなので、大きな
声を出せる義理じゃないんだけれど。
(我が県はゴルフの中継が多い・・・日曜は特に。
そんなにゴルフ人気高いのか?我が県は・・・? そうは思えないけどなぁ・・・。
スポンサー関係の大人の事情なのかねぇ。
ゴルフはプレイするのは楽しくても、人様のやっているのを見るのは非常に
退屈なんだが、私的には・・・と、まずは愚痴をひとくさり)。

序盤はこれまで同様、投手戦の様相。日本打線は積極的に打ちにいって
いるように見えましたが結果はイマイチ。
7回、4番・松中が2塁打を放つも、次打者の多村が送りバントできず。
一死2塁で6番・今江に代わり代打福留。彼の今大会の不振からして、これで
この回は得点できまいと諦めて、コーヒーでも淹れるかと腰を上げた途端、
出ましたがな! 起死回生のツーランがっ!!
福留選手、あなたの力をみくびっておりました、お許しくださいませ(汗)。
韓国は一度気持ちが切れるとリカバリが利かないようで、後は日本の一方的
なペースに。
注目のボブ審判もおとなしくてちょっと残念w。

この敗戦で収まりがつきそうにないのが韓国。
2ちゃんねる東亜板には、先方の報道(いわゆる嫌韓厨のデッチ上げではない)
でまぁ出るわ出るわ、
「韓国野球は世界一と米国が絶賛」とか「韓国野球は新野球」とか、
「韓国は野球一等国、日本は二等国」とか、もうお腹一杯のウリナラマンセー
一色に染め上がってましたが・・・。
(向こうの人たちって、序列付けが好きだよねー、XXの分野で10年後に
世界第何位になる予想とか、日本人にしてみればどーでもいい事でも
順位に拘るもんなぁ。中華世界の序列では朝鮮は宗主国サマに次ぐ第2位らしく、
それを誇りにしている向きもあるようですから、序列や順位に拘るのは、その辺の
「序列原理」というヤツと関係があるのかなぁ?)
あれだけ自国民を煽るだけ煽っておいて、結末はご覧の通り・・・。
恐らく明日は大変な騒ぎになっていると思われます。国を挙げてのファビョーン
は必至かと。

「ルールが間違っている。日本に2勝もしてトータル1敗しかしていないウリナラ
が決勝に進出できないのはおかしい」から、
「ウリナラチームが負けたのは雨のせいニダ! メキシコに来ている日王の息子
が靖国神道の呪術で呪いの雨を降らせたにちがいないニダ! こざかしい真似
をしなければウリたちに勝てないチョッパリどもは恥を知るニダ! 謝罪ニダ
賠償ニダ!!」
な支離滅裂なトンデモ言説まで、例によって例の如く「日本が悪い」と・・・。
またアレかねぇ、明日は韓国の「平和人士」のお歴々がソウルの日本大使館の
前で、王監督やイチロー、福留の写真を(ついでにコイジュミ・アソウ・アベの写真
と日の丸も)焼いて、どさくさにまぎれて「独島は我が領土」の垂れ幕を掲げて
、「日本は恥を知れ」とか叫んでデモるのかねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

明日はボブに注目

WBCの2次リーグ戦、韓国に敗れて準決勝進出は絶望と思われた我らが
日本チーム、メキシコが米国を破る大番狂わせで、失点率のわずかな差に
救われて、明日、韓国と3度目の大勝負に挑む事となりました。
私もまさか米国がメキシコに敗れるなんて事態は全く想像できませんでしたの
で、今日明日あたりの「ばけのかわ」でWBC今大会についてぶっちゃけようと
下書きを始めたところに、昨晩の嬉しいニュース!
自チームの準決勝進出は例え勝ってもかなわないという、士気が下がるのも
やむなしという状況の中、手を抜く事なく意地を立て通したメキシコチームに
敬意を払うものであります。
我らがチームも2次リーグ戦で、投手陣が相手にあと1点でも取られていたら
全て終わっていた訳で、相手が誰であろうと最後まで気張って投げた故の天佑です。

明日の試合、日韓双方共投手陣はずっといい調子できていますから、これまで
同様1点勝負のキワどい試合になるかと思いますが、日本の打撃陣はなぁ~。
王監督は慎重居士ですから、今大会不振の主軸を外して・・・なんて思い切った
手には出ないでしょうし。
「スモール・ベースボール」を標榜するわりにはスワローズの青木選手ら俊足
巧打の選手を先発起用しなかったりして。
勢いは間違いなく相手にあるのですから、今まで通りのオーダー・戦術を使って
もぶっちゃけ勝ち目は薄いでしょう。例え点にはすぐ結びつかなくても、相手を
序盤から動揺させる戦術(足攻の多用とか)を、多少暴走気味でも仕掛けていか
ないと主導権は握れないんじゃないかなぁ・・・。

それにしても・・・今大会、一躍「時の人」になったのが米国のボブ・デーヴィット
ソン審判。
日米戦での「日本幻の1点」、そして昨日の「ホームランが2塁打」。前者は向こう
にも色々言い分があるでしょうが、後者は誰がどう見たって、ポールに当たって
ホームランじゃん、それを2塁打判定じゃなぁ~。
しばらく見てないけど、明日の「サンデーモーニング」では大沢親分&三千本
張本氏のダブル「喝!!」でしょうねw。
しかしあの判定でメキシコチームに気合が入ったからこその、我らがチームの
準決勝進出ですので、我々にとってはボブ審判の誤審もこれでチャラと言えなく
もないか(笑)。

誤審に非難轟々でも堂々と胸を張っている(虚勢?)ように見えるボブ審判、
私には女子プロレスの名(迷)レフェリー・「高速カウント」阿部四郎氏とダブって
見えてしまいますw。
めちゃイケで年に一度(?)実施される「めちゃイケ女子プロレス」の悪徳レフェ
リー・岡村四郎の元ネタの人・・・それが阿部四郎氏。一方の陣営に異様な肩入れ
(癒着とも言う)して、癒着陣営の反則攻撃には見て見ぬフリ、相手陣営がフォール
に入ると「わ~~~ん、つ~~~~ぅ」、癒着陣営のそれには「1,2,3!!」の高速カウントw。
明日の試合でも審判をすると言われているボブ氏、日米戦での批判を逆恨みして、
フェアがファールだとか四郎的誤審をぶちかましてきそうな悪寒も少々ですが・・・。
(p.s 二塁塁審だそうです)
まぁ、どうせ一度は死んだ身の我らがチームなんだし、そういう部分も含めて明日
の試合を楽しんじゃえ(相手が誤審の常習犯と分かっていれば、あぁまたバカやら
かしてるワイと笑えるし)と、リラックスして肩肘張らずに見届けましょう。

ところで明日の試合の中継担当はTBS・・・「世界の松下」こと松下賢次アナが
金曜の日韓戦で媚韓実況をやったとかで、氏のブログに抗議のコメントが殺到
して大炎上になっております(ブログのエントリーは見れますが、コメントは見れ
なくなってます)。
明日もまた、松下アナが担当なのでしょうか? 色々見て回ると、その偏向ぶりは
相当のモノだったようですが、今度は日曜の昼の放送、前回の平日昼とは訳が
違いますからね。ネット上だけでなく局に直接来る抗議も相当な数になるかと
思いますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

青春も遠くになりにけり

明日18日のJRダイヤ改正に伴い、本日限りでその姿を消す列車・車両が様々・・・。
特に、東海道の「湘南電車」から113系近郊型電車が引退するというのは、
青春も遠くになりにけりと、感慨ひとしおと申せましょうか・・・。
学生時代、帰省の行き帰りには、一種の「儀式」として、東京駅-最寄駅間で
113系電車の自由席グリーン車を常用していました。
越後人と学生のスイッチの切り替えの場として、行きは家族や地元の悪友の
顔を思い浮かべ、帰りは胃が痛くなる程嫌いな授業(外国語全般・・・)の事を
考えてしまい、闇を映す窓に浮かぶ自分の顔を見やりつつ、感傷に耽ったり
嘆息ついて凹んだりw。

113系の後継車は普通車がオールロングシート車との事で、伊豆辺りに
小旅行と洒落込む場合、普通車では興ざめで(飲食もマナー的に憚られるし)
使えませんね。
必然的にグリーン車の利用になるかと・・・。
まぁ、一般人が伊豆方面行きといったら特急「踊り子」を使うのでしょうが。
私と悪友たちは揃って変わり者ですので、湘南電車の自由席グリーン車に
乗ってご満悦ですがね(笑)。
関西はその点、いいよな~。
新快速の座席は昔の特急普通車(リクライニングしないヤツ)のそれと同等
な感じだし、117系や113系の体質改善車が普通列車に使われている豪華さ
だもんね~。
(草津から京都まで初めて221系に乗った時、そのグレードの高さにカルチャー
ショックを覚えた。関東や我が県じゃあ、数十キロの移動では狭苦しいクロス
シートかオールロングがデフォ、それが嫌なら「速くて快適な新幹線を御利用
ください♪」だもんなぁ・・・もし我が県にもし117系が普通用に入ったら「神」
電車として人気爆発でしょーな)

また、伝統の山陰ブルートレイン「出雲」(東京-出雲市間)と、いまや両手で
余る数にまで打ち減らされた昼行急行の生き残り「かすが」(名古屋-奈良間)
も廃止となります。
この結果、昭和三十年代~四十年代後半に一般大衆の身近な旅の足として
隆盛を極めた昼行急行列車は、明日からは「つやま」(岡山-津山間)と
「みよし」(広島-三次間)のみに。
幼少のみぎり、「佐渡」「よねやま」「きたぐに」「しらゆき」といった昼行急行に
お世話になった身としては、本当に寂しい限り・・・。
北海道では寝台・座席混結の夜行特急「利尻」(札幌-稚内間)が夏季のみ、
「オホーツク9・10号」が冬季のみ運行の臨時列車に格下げされます。
定期列車から臨時列車に格下げされ、その運行体制が長期間続いた例は寡聞
にして聞かないですし、また使用車両の経年劣化を考えると、そう遠くないうちに
完全廃止という事になるのでしょうか?

「出雲」は・・・、東京から「出雲」に乗って、山陰ののどやかな夜明けの行き路を
眺めつつ、浜田まで足を伸ばして、通販で売られていない神楽の姫面を現地ゲット、
翌日は有名なローカル線である木次線~芸備線の昼行急行「みよし」(この列車が
廃止される時が、JRの昼行急行が全廃される時でしょう)で広島入り、原爆資料
館と原爆ドームを再訪した後、100系新幹線で新大阪~「きたぐに」で帰宅というの
が理想の行路だったのですが、それも叶わぬ夢となりました。
木次線・「みよし」・「100系新幹線」・「きたぐに」・・・どれも十年後には消えていそう
なものばかり。暇とお金を作って、数年内に実行に移したいところなんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

転がり続けるガジャ様の生き様

本日のボウケンジャー、2ちゃんのスーツアクタースレによると、ボウケンピンク役
の中川素州さんが骨折の為、3月の放送分については大事を取って休養との
レスがあったので、ピンクの動きに注目して見てみました。
JAEのサイトで出演情報を見て見ると、今月のボウケンジャー出演者に中川さん
の名前がないので、怪我をされたという話も全く根拠のない話ではないと思われ
ますが・・・。
でもOPのクレジットには中川さんの名前があるんですよねぇ。
本日のピンクは戦闘シーンだけ、芝居の部分はなし。
止め画も名乗りシーンのみでしたので、なんとも判断がつきませんでした・・・。

身長は普段と変わらないっぽいし、OPクレジットに名前のあった大林勝さん
(「カーレンジャー」のイエローレーサーでレギュラー女形経験有り)が代役だと、
中川さんよりも肩幅があるように思えるのですが、本日見る限り、言われてみれ
ばなんとなく上半身ががっちりしているよーな?と感じる程度。
「中川さん怪我で代役」の予備知識がなければ、恐らく気が付かない程度の事です。
私もまだまだ目利きが足りませんなぁ、反省です・・・。
もし中川さんの怪我が事実であれば、どうぞご自愛くださいませ。
ファンは慌てず急いで正確な復帰を待っておりますから。

さて、ストーリーの方では・・・。
ゴードムの神官ガジャのおぢさんは、この先ずーっとああなんでしょうかね(笑)。
他の組織に話を持ちかけても、「ひょーろく玉はすっこんでろぃ!」みたいなトホホな
扱われ方されて・・・。
演じる大高洋夫さんの、負け組なのにやたらエラそーな態度と、現実の八方塞りな
立場のギャップが愉快。
虚勢の張り方と実のない脅迫の見本のような方です。
私的には、往年のベルクカッツエやゲルサドラ(こいつらほど凶悪でもなさそう
ですが)を彷彿とさせるキャラであるガジャおぢさん。蜂須賀さん&中川さんの
女形と共に、この番組の欠かせない見所となったおぢさまの、転がり続ける
ワシの生き様をしばらく生暖かい目で見守っていきたく存じます。

| | コメント (0)

2006年3月 4日 (土)

もう帰ってこなくていいよ

一時的な出国に必要な「再入国許可書」の交付が保留されているのは不当として、
愛知県小坂井町の在日朝鮮人、金昭子さん(63)が2日、名古屋入国管理局へ
申し入れを行いました。
保留の理由の説明や局長への面会を求めたが同入管は拒否したそうです。
→http://www.chunichi.co.jp/feature/niccho/060303T0949.shtml

この「金昭子」さんなる御仁、記事では華麗にスルーしているけど、朝鮮総連
の中央委員会副議長で、北朝鮮最高人民会議代議員なんだって・・・。
検索したらマジでそうだよ、なんだかな~・・・。

そもそも、朝鮮戦争で祖国分断、現状はあくまで「休戦」であり、戦争状態が
継続していて帰りたくても帰れない(生活基盤がない)からという「人道上」
その他もろもろの理由で、日本での特別永住許可を得ているのが彼女たち
というのが、私の理解するところでありますが、愛する祖国の国会議員にまで
栄達を極めていらっしゃる方に、「特別永住許可」なんて出す義理がどこに
あるんだろーか?と不可解千万。

日本から出国するのは御本人の自由ですが、祖国で充分な生活基盤を持つ
事のできる(将軍サマの恩寵をお受けの輝く人民会議代議員なのですから、
あの国ではエリート中のエリート)方は、「特別永住許可」の趣旨を明らか
に逸脱しているように思え、「再入国許可」について十分な審査と検討が
必要なのは当然じゃないかなぁ。
こういう御仁にこれまで「再入国許可」を与え続けてきた事の方が非常に
奇異に感じられます。

「特別永住許可」も、ネット上では威勢のいい事をおっしゃる方が大勢いらっ
しゃいますが、現実問題として一気に廃止なんて事はまず無理。
漸減的にまず、「祖国(国籍を持っている国)で公的な役職及び経済的基盤
を確立している者の許可取り消し」辺りから手を付けなければならないと思います。

また、この御仁の言い草でアタマにくるのが、
「自分の国に帰るのは人間の初歩的な権利」というくだり。
拉致被害者とその御家族の心情など、想像もできないんでしょーな・・・(怒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

越後線・青山駅

新潟県の駅紹介第2回は越後線・青山駅。

2016年3月5日記、大幅リニューアルを実施しました。

Aoyama101

新潟県新潟市西区に所在する有人駅で、開業はJR発足後の1988年3月13日で、開業当時の所在も同じく新潟市。
ちなみに新潟県のJR駅で国鉄民営化後に開業したのは、この青山駅と同じく越後線の内野西が丘駅、信越線・さつき野駅、上越線・上越国際スキー場前駅とガーラ湯沢駅になります。

新潟駅から越後線を西進して関屋分水を越え、中央区から西区に入って最初の駅が、単線上の棒駅であるこの青山駅。
西区内の駅はこの先、小針駅寺尾駅新潟大学前駅内野駅、内野西が丘駅、越後赤塚駅まで続き、その距離は13km弱になります。

ここ青山駅は関屋分水西側の人口集積地帯に位置していて、駅は住宅地の只中にあります。
かつては当駅から南に500mほど行くと、当時まだ県庁前(現・市役所前)始発であった新潟交通電車線の東青山駅があって(1999年3月に路線廃止)、青山地区の方が新潟市中心部へ行くにはこの電車線か新潟交通の路線バスを使っていたのです。
しかしどちらにしても乗り換えが必要であったり、運賃が割高で渋滞の為に時間が読み辛いという難点があり、関屋分水という人工の分水嶺の存在も合わせて、新潟市中心部との心理的距離はかなりのものではなかったかと推察されるところです。
そんな土地に、運賃も比較的低廉で運行本数も多い越後線の駅が設けられたのですから、当地域の居住性は特に心理面で大きく高まったと申せましょう。

新潟市中心部には、かつての青山地区同様に人口集積地帯でありながら駅の無い鉄道空白地区があり(越後線・新潟-白山間の信濃川東側と信越本線及び白新線の新潟-越後石山・東新潟間)、新駅設置が待望されているところです。
私は青山駅開業当時、お役所仕事な国鉄とフットワークの軽いJRのことだから、潜在需要の大きいこれら空白地区にも駅設置が順次図られるのであろうと期待していたものです。
しかし現実には、青山駅開業から四半世紀以上経っても、これらの地区に新駅が設けられることはなく、新潟市が街造りの将来ビジョンで新駅設置を謳ってはいても、結局は地元負担の問題や赤字を渋るJR側の都合で一向に前進しないのです(困ったモンだ)。

青山駅の2014年度の一日平均乗車人員は1,122人で、JR東日本新潟支社新潟県内有人67駅中35位。
2004年度のそれが967人ですから、約十年間で二割近い増加になっています。
自動改札が導入された新潟都市圏の駅の中でも、信越線・さつき野、白新線・大形両駅と地味さNO1を競い合っている駅ではありますが、中身は中々に充実した実用本位のお手本のような駅なのであります。

Aoyama1021215
青山駅駅舎の様子、2015年12月撮影。
駅開業以来の建物です。
築四半世紀を過ぎて近い将来の改築も予想されますけど、何しろ住宅地の真っ只中というロケーションなので、駅舎の構造を一変するような改築は無理でしょうなぁ。

Aoyama101
Aoyama102
青山駅前はこんな感じ、2008年12月撮影。
7年以上前の様子ですが、現在もほぼ変化無しです。
道が狭いので、路線バスが駅前まで入ってくるのはまず無理かと。
ただし南に300mも行けば、昨年9月に鳴り物入りでスタートしたもののトラブル続発で問題になったBRT「萬代橋ライン」と郊外線バスの乗り継ぎ結節点である青山バス停があります。

Aoyama103
Aoyama104
青山駅駅舎内の様子、2008年12月撮影。
駅前同様に駅舎内部も現在とさしたる変化はありません。

Aoyama1041208
青山駅のホームは高台にあり、自動改札を抜けて階段を上がります。
2008年12月撮影。
昨今はバリアフリー化が盛んに推進されていますけど、当駅は未だ手つかず。
手を入れるとなればエスカレーター設置が順当なところでしょうか。

Aoyama106
階段を上がってホームに出たあたりの様子、2005年8月撮影。
このあたりも駅名票とベンチが更新された以外、現在と変化無し。

Aoyama1051215
小針駅方から見た青山駅ホームの様子、2015年12月撮影。
右にカーブしているので、ここからホームの全景を見ることは出来ません。
またホーム上には駅舎との連絡階段部以外、上屋もベンチも無いので新潟大学前駅同様にホーム長が9両対応以上に長大に見えます。

Aoyama1061215
同じく小針駅方を見通す。
駅周辺がこのような状態なので、青山駅に駅交換設備を設けることは、尋常な手段ではまず不可能でしょう。
当駅と新潟大学前駅に交換設備があれば、越後線ダイヤの過密化や冗長化も可能になるのですけれど。
駅前後を高架化島式ホーム化する手段も考えられなくもないですが、これだけ住宅が建て込んでいると日照権その他の問題も生じるでしょうし。
なにより新潟市にそんな面倒なことをやる気なぞさらさら無いでしょうな。

Aoyama1070914
ホーム駅舎方周りの様子、2014年9月撮影。
青山駅のホーム出入り口は関屋方に偏ったところにあります。

Aoyama1080914
同じく駅舎出入り口付近から小針駅方を見る。
ホームの幅は狭いのですけれど、今日では通過列車も基本的に無いのでさしたる問題は無いかと。

Aoyama1090805
駅舎からの連絡階段付近から関屋駅方を見る、2005年8月撮影。

Aoyama1101215
関屋駅方から見た青山駅ホームの様子、2015年12月撮影。

Aoyama1111215
同じく関屋駅方を見通す。
ここから500mほど進むと、新潟市中央区と西区を分かつ関屋分水に出ます。
ちなみに青山駅から海岸までは1kmも無いのです。
海の気配が希薄なので、ホームに立っても中々実感できないのですけれど。

Aoyama1120914
いよいよ引退までのカウントダウンに入りつつある115系電車の湘南色が青山駅に停車中、2014年9月撮影。

Aoyama105
現在ではその姿を越後線に見せることはごく稀になったE127系電車新潟行が青山駅を出発、2014年9月撮影。

Aoyama1141215
青山駅を出発した新鋭E129系電車内野行、2015年12月撮影。

前述したように、新潟交通電車線の東青山駅は当駅から南に500mの比較的至近にありました。
その一帯の現在の様子はこんな感じ。
2014年9月の撮影です。

Aoyama2010914
電車線は東青山駅を月潟方面に向け出発して、すぐに県道を陸橋で越しますが、その陸橋が綺麗に整備されて遊歩道になっていました。
残念ながら東青山駅跡は跡形も無くなっていましたが・・・。以前、「新潟交通電車線廃線跡探訪」シリーズで行った際には、荒れるにまかせていたのを見ていたので、あの頃と比べて何と様変わりしたことよと驚愕しましたよマジで。

Aoyama2020914
旧電車線跡の遊歩道は、平島駅跡に向けて整備されています。

Aoyama2030914
整備された陸橋上から俯瞰で見た青山界隈の様子。
画像左のイオン新潟青山店至近に、前述の青山バス停があります。

| | コメント (1)

2006年3月 2日 (木)

素直に売国しようよ~

トリノ冬季五輪も終わりました。
日本の金メダルは荒川静香選手のフィギュア1個のみ。
その荒川選手が日の丸を持ってのウイニング・ランの様子を、国営放送は
録画放送でカットしたとの事です。
・・・素晴らしいですっ! まさに進歩的放送の鏡っ!!
日本の民主進歩平和勢力と、世界平和の為、その身を日帝打倒の絶対正義
に捧げる世界良心の中核(中国・共和国・南朝鮮)の鋼鉄にして無謬の団結
によってもたらされた、世界を中華の名の下に一色化して常春の千年王国と
する、人類大望の無比なる大義への輝かしい一里塚でありましょう!
ええっ!? 抗議の為に受信料の支払いを拒否したいですって!?
そのような軍国反動勢力に組する行為は世界良心の正義の審判を受ける事
となりましょう!
あなたご存知ですかっ!? テレビ画面に夜更け突然映る、どこかの産廃処理場
や焼却所。
その光景と暗いクラシック音楽をバックに画面に流れていく大勢の人の名前、
名前、名前・・・。
そして最後に不気味なアナウンス
「明日の犠牲者はこの方々です。ではオヤスミナサイ・・・」。
その名前の葬列の中にあなたのソレがないとも限りませんよっ!
我々はこの勝利を大いなる力として、次の反日帝闘争の戦場である、サッカー
W杯の日本代表試合の中継打倒に向わなければなりませんっ! 
日の丸と君が代が、十数億の世界進歩的人民にとってどれほどの怒りと
悲しみを・・・(ry

・・・なんか続きを書くのが面倒になってきちゃったのでこの辺で。
結局、日本のメダル獲得は荒川静香選手の金一個のみ。
チームが最下位独走の中、高いモチベーションを持ち続けてMLB最多安打
記録を達成した時のイチロー選手を見るようです。
選手団の一方的敗北の中で一人孤軍奮闘する姿、それも長野での挫折と
引退へと揺れる胸中、そんな逆境を乗り越えての鮮やかな復活劇で、敗北を
明日の糧と変えて起死回生の一舞を決めた彼女の姿は、日本人の心の琴線
に大いに触れるものがあり、金メダルを手にした彼女に快哉を叫んだ方は多い
事と思います。
恐らく日本の冬季五輪史に置いて、後世まで語り継がれる「金」になる事でしょう。

前段で触れた、某国営放送の録画中継で「日の丸ウイニング・ランをカットした
(表彰で国歌の流れるシーンもカットされたとか!?)件、私はその録画中継を
見ていませんが、ネット上では物議をかもしております。
尺の関係で競技後の画を切らざるを得なかったのか、それとも意図的に切ったのか?
もし後者なら、マジで五輪の日本選手の競技中継するのを(サッカーW杯の
日本代表の試合も)止めたらどうよ? 
ハッキリ「アジアの人たちに配慮して日の丸と君が代は自粛すべき」って
言ってさぁ。

デフォの「進歩的文化人」とか地球市民なマスコミとシンパの芸術家、民主
党左派、社民党、共産党、総連、民潭以外にも、中国でのビジネス拡大の
為に靖国参拝に反対している一部財界人、韓国、中国での布教を目論む
某宗教団体とそのパシリ政党、中国サマ・朝鮮サマ命の自民党売国派
あたりも支持に回ってくれるかもよ?
そういう姿勢を明確に示せば、衛星放送の受信料も払わずに、ただ見を
決め込みそれが当然と思っている(こざかしいチョッパリの永遠の謝罪と
賠償のひとつだから)?韓国の皆様の好感度も大幅UP、韓流ドラマとやらも
更に放送しやすくなって、かの国人へのビザ免除と相まって日本が一方的に
土下座する形での「韓日友好」も一層増進、万々歳!ですがなwww。
将軍サマも衛星放送の視聴者だっていうし、ここで彼氏の心証をよくしておけ
ば、国交正常化後「ピョンヤン支局」が出来た時にアチラの当局から色々便宜を
図ってもらえそうじゃないの。
我々のような日本人の小市民の有象無象が抗議して「受信料云々」って
言い出しても、結局強制徴収して勝利宣言なんだろうしさぁ。
日の丸と君が代に誇りを持って直立不動なウヨク視聴者なんかちっとも怖くないでしょ。
受信料収入を国が認めている限りは、どんなに偏向報道したってカネの心配の
必要がない事ですし、商売絡みで薄汚いダブスタなT〇Sやテ〇朝なんて目
じゃないぐらいの、ある意味清々しい進歩的(売国的)報道姿勢を、この際
天下に示していただきたいところ。

さて「日の丸ウイニング・ラン」の問題についてあちこち回ると、
「こんな人マジでいたんだー!?」と驚かされるブログに行き当たります。
ネタや釣りではなく、大真面目に「アジアの人たちへの配慮」の為、日の丸を
見せるべきでなく、国営放送の処置は当然であると明快におっしゃる方・・・。
その方は他にも「竹島は歴史上疑いのない韓国領土」とか「滋賀の女児殺害
事件は日本人の差別意識が原因」とか明言しております。
開いた口が塞がら・・・もといっ、国営放送や例の民放2局も見習ってほしい
反日売国・・・もといっ、進歩的リベラル思考でございます。
韓国の歴史サークルに入って「目覚めた」方のようですが、「日の丸ウイニ
ング・ラン」の件では600件を超えるコメント、そのほとんどが抗議・反論と
いう、いわゆる「炎上中」という状態。
常人の神経なら「逃亡」を決め込むところなのでしょうが、コメントに対する
反論をエントリーしていますから「筋金入り」な歴史認識をお持ちなのでしょう。
「晒す」と取られる行為は、私の流儀ではないので直リンは控えますが、
エキサイトブログで「韓国 歴史」と検索すると行き当たるかと思います。
興味のある方は一読の価値あり? 先ほど行って見たら、今なお延焼中でしたが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »