« タイフーンJはいかが? | トップページ | ミスターK! いやミスター狂(ry »

2006年1月29日 (日)

巨大猿人オラン・ダラム出現?

マレー半島南端部にあるマレーシア・ジョホール州の密林で、けむくじゃらで
人間のような巨大な生物3体の目撃情報があり、同州政府は科学者らで
組織する特別調査隊を結成、真相の解明に乗り出すことになったそうです
→http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200601280016.html

マレー半島(及びスマトラ島)には昔から”オラン・ペンデク”(”小さなヒト”
の意)の存在が語られてきました。1923年にオランダ人の入植者が証言した
ところによると、くだんの生物の身長は1m50cm程、腰まである長い髪と人間
に酷似した眼、口を開けると巨大な犬歯が覗き、体毛はなく、腕は長かったと
いう事です。優しく話しかけてみたものの、その生物は口笛のような音を立て
ながら逃げてしまったそうです。
研究者の見るところ、その正体はピテカントロプス(原人類)の生き残りと見る
のが妥当という事で、彼らは火を使用でき(火が危険であるという動物の本能
を抑えられる程の知覚・理解力を持っていたことになります)、おそらくそれを
媒介とした、ある種の社会的集団構造すら持っていたのではと想像されており
ます。

今回、目撃情報のあった生物は、「巨大」「毛むくじゃら」という点で前述の
”オラン・ペンデク”とは明らかに異なる印象です。
有名なイェティやオーストラリアの”ヨウイー”の正体とされるギガントピテクスの
よーな・・・。
これだと身長は2mを優に超えますからねぇ~。
マレーシアでは前述の”オラン・ペンデク”以外にも、”オラン・ダラム”と呼ばれ
ている大型霊長類の目撃報告があるそうで(”オラン・ペンデク”のそれのよう
な詳細な報告はないようです)今回の巨大生物の正体はこっちなのかもしれ
ません。
公的機関が真相解明に乗り出した以上、何らかの具体的な成果を期待したい
ところですが、この手の話につきものの不可解さ(「途中で消え失せた証拠」
の話がよくある)が大いに懸念されるところではあります。

雪男やネッシーなどのビッグネームに比べれば非常に地味~なんですが、
東南アジアにも色々とこの手の面白い話がゴロゴロと・・・。
1960年代に米国で公開された(見世物小屋で!)有名な「ミネソタのアイス
マン」(毛むくじゃらのヒトの死体)は、ベトナム戦争中に現地で射殺されたネアン
デルタール人がその正体(戦死者の死体収容袋に入れて、米本国に密輸)!
だとか(ベトナム奥地のジャングルには旧人の生き残りが未だ生存している事
になる)、戦争中にタイで日本軍が遭遇した「竜のような怪物」(洞窟に閉じ込
めた捕虜を夜な夜な食べていたそうです)やスマトラ島の巨大トカゲ(体長
5m以上だそうで・・・)の話等々。

|

« タイフーンJはいかが? | トップページ | ミスターK! いやミスター狂(ry »

不思議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107393/8398642

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大猿人オラン・ダラム出現?:

« タイフーンJはいかが? | トップページ | ミスターK! いやミスター狂(ry »