« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の記事

2006年1月31日 (火)

道遥かか日沿道

1/28付の朝日新聞地方版によると、新潟県は未開通の日本海沿岸東北
自動車道(通称・日沿道)中条-朝日間(30km)について、高速道路会社が
建設する「有料道路方式」だけでなく、国と県による建設方式「新直轄方式
の採用も検討しているそうです。
要望書を近く国に提出、来月7日の国交省の会議で、どちらの方式により
建設を進めるか決定される模様。

当該区間は現在「有料道路方式」で建設が進められておりますが、公共事業に
逆風吹き荒れる昨今、ともすれば「不要不急」の烙印を押されかねない厳しい
状況下であり、県負担(建設費の1/4、残りは国の負担)をしてでも早急の
開通を求めたいのでしょう。
山陰自動車道の建設是非でも論議されておりましたが、広域救急医療の問題
で、これからの高齢化時代を鑑みて医療過疎地域と地域中核都市を結ぶ高速
道路は絶対に必要という観点からの建設推進論があり、こちらも同様の観点
から・・・のようですが、「有料道路方式」でのそのような主張は少々無理がある
とも感じられ、地域福祉の向上を高速道建設の目的の重要な要素として掲げる
のであれば、地域の福祉=自治体の責務として応分の地元負担を伴う「新直轄
方式」のほうが、理屈には合っております。

この方式だと、建設費回収「有料道路方式」は高速道路会社が建設費を全額
負担する為、通行料による回収が必要)の必要がないので、基本的に通行料は
無料になります。
まぁ実際のところ、建前はそうでも、県財政の逼迫度から考えると建設費負担分
相応の料金設定は必要かもなぁとは思いますが・・・。
ちなみに当該区間の総事業費は1300億円(MD能力無しのイージス艦と同額
程度、ラプターFMSで7機程度・・・距離を考えると高いんだか安いんだかビミョー
な感じ・・・)で、県負担は320億円程、コスト削減と交付税措置で、実質負担は
20億円程と我が県のお役人様はおっしゃっておいでですがね・・・。

日沿道沿線の他県も、「新直轄方式」での建設に切り替えておりますが、
いずれも「自県内区間」のみ。県境区間はいずれも未着手のまま。
福祉云々は別にして、高速道本来の目的は広域高速ネットワークの確立。
それなのにこれじゃあなぁ・・・。地元負担でバイパス整備やってるようなもの。
整備新幹線や空港整備もそうだけど、もう少し「マクロ的な視野」を各自治体に
は持っていただきたいところ。
特に我が県は従来より「対東京一辺倒」。県の地勢的位置の特異さ(東北とも
北陸とも断言できかねる曖昧さ)から、周辺各県との連携はなんだかなぁ~な印象だし。
このような懸案を奇貨として、周辺各県との一層の対話、連携の強化に繋げて
いただきたく思う次第です。
県境区間の建設が、「新直轄方式」方式で自治体間の負担割合を巡る攻防が
いつしか泥試合に、または自己負担のない「有料道路方式」に固執した
あげく、事業計画見直しで計画自体お蔵入りなんて事態はご勘弁願いたい。
県境区間の朝日-温海間、山形県側の温海-鶴岡間とオールインワンの
1セットとして、山形県と徒党を組んで国と談判するぐらいの度量があっても
いいんじゃないかなぁ。
日沿道沿線各県相互交流の交通ツールは実に乏しく、鉄道は新潟-酒田(
山形県)間の在来線高速化が基本方針として定められた程度で実質放置
プレイ状態、航空は相互間の路線なし・・・。
これまでいかに交流がなかったかを雄弁に物語っておりますが、今まではソレ、
これからはコレ。
日沿道の早期全通という共通の目標達成の過程を通じて互いの紐帯を確か
なものとし、きたるべき環日本海時代を体現する不動の礎と成れ!・・・なんて、
青臭い書生論をちょっと吼えてみますたw。

| | コメント (0)

2006年1月30日 (月)

ミスターK! いやミスター狂(ry

久しぶりになんかスゴいモノ見ちゃった・・・「死ね死ね団のテーマ」。

この歌を聞くのはホントに久しぶり、フルコーラスを聞くのは初めての
ような気が・・・。
それも彼らの日常(黄色い豚・日本人狩り)をバックに2分26秒「死ね死ね
死ね死ね死んじまえ~」。
普通はこの手の歌や映像って、記憶の中で補正や美化が入っていて、
見直してみるとショボくてガッカリな事がほとんどなんだけど、コレは記憶より
も実際の方がスゴかった数少ない事例。

この「死ね死ね団」なる組織、1972年のヒーロー番組「レインボーマン」の
敵組織で、その目的はショッカーのような「世界征服」ではなく
「黄色い豚・日本人皆殺し」。
劇中ではヤバいクスリで日本人総キXXイ化を企んだり、ニセ札を大量に
バラ撒いてハイパーインフレを起こしたり、オイルタンカーを片っ端から沈めて
日本の信用失墜を計ってみたりと、場当たり的な作戦のショッカーなどと違って、
具体的な達成目標を設定して中期的計画を立案実行していくというもので、
「死ね死ね団のマスクを被ったおでん屋のオヤジ」とか、
「おかめの面をかぶった巫女」などのナンセンスで冗談としか思えないキテレツ
実行部隊とのギャップが異様。
真の悪意は道化の仮面を着けてやってくる・・・そんなオソロしさを感じさせる
組織であります。
その団歌?が上記のモノなんだけど、何度聞いてもスゴいよね・・・。
よくもまぁ、こんなトンでもない歌を考えついたモンだと。
発禁も当たり前という感じ・・・。
正調風コーラスに合いの手を入れるような、ダミ声調の「シネシネ~」が絶品ですな。
繰り返して聞いてたら頭クラクラしてきますたw。
単純な言葉の繰り返しは洗脳の手段として大いに有用だけど、コレなんかも
どっかのカルトのアレな教義を叩き込むのに使えそうです、いや、マジな話・・・。

しかし・・・「びっくり人間大集合」みたいな殺人プロフェッショナルの面々や
お多福会!の辺りは笑って見ていても、最後の方の「ヤバそうなクスリの
注射で悶絶死」とか、首領のミスターKが十字を切って(コイツはキリスト
教徒だったのか)?、ヤバイ超爆弾をポチッとな。爆発で焦土と化した日本?
にこだまするKの狂気じみた笑い・・・我が国の近隣には「拉致・洗脳・ニセ札・
麻薬・核ミサイル」と、リアル死ね死ね団な将軍様のクニや国是(党是)が
死ね死ね団的なデマ捏造パクりやりたい放題のクニが実際存在しますからね~、
それを考えると何やらうすら寒くなる後味の悪さでございます・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

巨大猿人オラン・ダラム出現?

マレー半島南端部にあるマレーシア・ジョホール州の密林で、けむくじゃらで
人間のような巨大な生物3体の目撃情報があり、同州政府は科学者らで
組織する特別調査隊を結成、真相の解明に乗り出すことになったそうです
→http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200601280016.html

マレー半島(及びスマトラ島)には昔から”オラン・ペンデク”(”小さなヒト”
の意)の存在が語られてきました。1923年にオランダ人の入植者が証言した
ところによると、くだんの生物の身長は1m50cm程、腰まである長い髪と人間
に酷似した眼、口を開けると巨大な犬歯が覗き、体毛はなく、腕は長かったと
いう事です。優しく話しかけてみたものの、その生物は口笛のような音を立て
ながら逃げてしまったそうです。
研究者の見るところ、その正体はピテカントロプス(原人類)の生き残りと見る
のが妥当という事で、彼らは火を使用でき(火が危険であるという動物の本能
を抑えられる程の知覚・理解力を持っていたことになります)、おそらくそれを
媒介とした、ある種の社会的集団構造すら持っていたのではと想像されており
ます。

今回、目撃情報のあった生物は、「巨大」「毛むくじゃら」という点で前述の
”オラン・ペンデク”とは明らかに異なる印象です。
有名なイェティやオーストラリアの”ヨウイー”の正体とされるギガントピテクスの
よーな・・・。
これだと身長は2mを優に超えますからねぇ~。
マレーシアでは前述の”オラン・ペンデク”以外にも、”オラン・ダラム”と呼ばれ
ている大型霊長類の目撃報告があるそうで(”オラン・ペンデク”のそれのよう
な詳細な報告はないようです)今回の巨大生物の正体はこっちなのかもしれ
ません。
公的機関が真相解明に乗り出した以上、何らかの具体的な成果を期待したい
ところですが、この手の話につきものの不可解さ(「途中で消え失せた証拠」
の話がよくある)が大いに懸念されるところではあります。

雪男やネッシーなどのビッグネームに比べれば非常に地味~なんですが、
東南アジアにも色々とこの手の面白い話がゴロゴロと・・・。
1960年代に米国で公開された(見世物小屋で!)有名な「ミネソタのアイス
マン」(毛むくじゃらのヒトの死体)は、ベトナム戦争中に現地で射殺されたネアン
デルタール人がその正体(戦死者の死体収容袋に入れて、米本国に密輸)!
だとか(ベトナム奥地のジャングルには旧人の生き残りが未だ生存している事
になる)、戦争中にタイで日本軍が遭遇した「竜のような怪物」(洞窟に閉じ込
めた捕虜を夜な夜な食べていたそうです)やスマトラ島の巨大トカゲ(体長
5m以上だそうで・・・)の話等々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

タイフーンJはいかが?

大手総合商社が防衛庁・航空自衛隊が導入を計画している次期主力戦闘機
(FX)の売り込みに動き出しました。→http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20060127AT1D280C326012006.html

記事を読むに、伊藤忠は米海軍の最新鋭機・F/A-18E/Fスーパーホーネッ
ト、住友は英・独・伊・スペイン共同開発戦闘機タイフーン、三菱商事が米空軍
最新鋭&世界最強の戦闘機F-22ラプターで決まりかと。
他に名前の挙がっていたF-15Eストライクイーグルシリーズ、仏空軍最新鋭
戦闘機ラファール、現在空自に配備中の支援戦闘機F-2の改修型は正式に
選から漏れたという事なのでしょうか。

平和民主反戦派の方々は、新戦闘機導入に絶対反対!なのでしょう。
また今中期防の見直しで、財政上の要請から新戦闘機導入計画中止=要撃
飛行隊2個削減という事もあり得ない話ではありません。
私の見るところ、三沢の支援戦闘飛行隊1個と百里の要撃飛行隊1個を削減
して、代わりにF-2支援戦闘機に対し、早急にアクティブレーダー誘導空対空
ミサイル運用能力を付与というのが防空上、削減許容ギリギリ(有事の際の
予備的戦力を失う事になりますが)の線と愚考する次第。
一方で、空自は保有するF-15のうち約半数に大規模な近代化改修を実施する
計画を進行中ですけれど、この計画、予算難でペースがひどく遅く、このままでは
計画完遂は不可能な状況・・・。
新しい玩具に飛びつくよりは、例え戦闘機の数を減らしてでも、限られたリソース
をF-15(及びF-2)の近代化改修に振り向けて計画の早期完遂を計ったほうが
・・・という思いもあります(メーカーの人的資源の問題で、例え予算が潤沢に振り
向けられても、年間こなせる数は限られるそうですが)。

総額一兆円の調達予算・・・、差し当たって導入が必要な機数が60機前後です
ので、一機当たり160億円台。ラプターFMS導入(輸入の事)の場合、一機
当たり160~180億円とも言われておりますから、本命は巷の憶測通り、
ラプターなんでしょうね。

ただ、ラプターの場合、米国の軍事航空技術の結晶(高ステルス性、スーパー
クルーズ能力<燃料をバカ喰いするアフターバーナーを使わずに超音速飛行
/巡航可能>、最先進のレーダーFCS/戦闘システム)であり、日本のように
スパイ防止法もなく、米国の仮想敵国にデータが流出しかねない国への売却に
米国議会が許可を出すかどうか・・・。
つい先日も国産の新型地対空ミサイルのデータが朝鮮総連に流出なんてアブ
ない事があったばかりだし。
米空軍とメーカーのロッキード・マーチン社は、このままでは2009年辺りで議会
承認済みのラプター生産を終了してしまいますので、引き続き日本向け機体の
生産でライン維持に数年の時間稼ぎが出来れば、その間に自軍向け追加生産
計画を認めさせる目も出てきますから(現に、高価格ゆえ必要な機数を揃えられ
ないラプターを補って、数の上での米空軍主力戦闘機となる予定のF-35がいろ
いろキナ臭くなってきているようで・・・米空軍としてはF-35の調達機数を減らし
て、代わりにラプターが欲しいようです)日本への売り込みに異論はないのでし
ょうけれど。
メーカーはシミュレーター持参で来日、しかるべき筋に話をしたそうですしね。

現状ではラプターに従来のライセンス生産方式を認めるなどもっての他でしょう
し(技術的にも、ステルス関係の機体艤装を日本の技術力で再現可能か?と、
ド素人の私は思ってしまいます。
それにもしライセンス生産となった場合の価格は一機200億円台半ばが予想され、
いわゆる「売国」系以外のまともな議員諸氏の間でも是非の議論の的になるのは
必至)、ステルス性を大幅にダウングレード、レーダーFCS/戦闘システムの能力
もスペックダウンした”Type J”(モンキーモデルというヤツ)導入が落としどころでしょうか。
空自の場合、基本的に日本周辺での戦闘行動のみになりますから、オリジナルの
ラプターほどの高ステルス性は必要ないように思われますし、レーダーFCS/
戦闘システムも、要撃任務に差し障る事がなければスペックダウンも一部機能の
制限も許容内、ただ、減少する戦闘機勢力を補う意味でも、従来の戦闘機を大き
く凌ぐ超音速巡航能力(ターゲットへの短時間での会敵が可能)は譲れないで
しょうね。

他の候補2機種はというと・・・、スーパーホーネットはぶっちゃけ
「F-2とどこが違うの?」。
多種多彩な兵器運用能力があるといっても、その中で空自が使うのはJDAM
(GPS誘導爆弾)ぐらいで宝の持ち腐れ、一方で国産の空対空/空対艦ミサイル
運用の為の改修が必要、空自の要撃システムに組み込む為の改修も必要だし、
空中給油のやり方も米空軍式の空自とは異なり、肝心の飛行性能も要撃戦闘機
として使うにはちょっと?。
それでも安価で済むのならまだ我慢も出来ましょうが、米海軍向けの価格が一機
80億円台となると、ライセンス生産のそれはF-2の価格120億円を超えるのは
確実。
F-2の場合、日米共同開発という事で生産すれば米国に一定の金額がいって
しまって、日本のメーカーにとってあまり美味しい商売ではないなんて話も聞き
ますが、納税者の立場から言えば、性能的に大差なく、しかも高価格の機体を、
カネ使って新しくライン作って生産なんてのはちょっとなぁ。

一方タイフーンは・・・巷では米空軍とのインターオペラビリティ(相互運用性)が
どーのこーのとか、米国製以外の機体は整備性がどーたらこーたらと、最初から
当て馬扱い、採用の目はないと言われ放題。
でも前者に関して言えば、エンジン(欧州製)以外国産の支援戦闘機F-1を
運用してきたし、後者は戦闘機の性能や価格とのコストパフォーマンスの問題で
あろうし。

タイフーンは米国製兵器システムとの親和性が比較的高く(互角の性能と言われ
る仏のラファールは全て”メイド・イン・おふらんす”なので親和性ナシで融通が
効かない、だからこれまで輸出実績ゼロ、買うとしたら中国ぐらい? でもそう
なれば米国が黙ってないゾ)、飛行性能自体もスーパーホーネットよりは明らか
に上。
機体の基本設計も、ベースが1970年代半ばでその分今後の伸び代も期待
できないスーパーホーネットに比べこちらは1980年代後半で今後の発展性も
それだけ大きい。
現時点では完全なマルチロール機じゃないから駄目なんて人もいるけど、空自
に必要なのはとりあえず空対空/艦なワケだし、つい先日サウジアラビアとの
商談がまとまって一息ついた格好ながら、今後の商戦も依然苦戦が予想される
タイフーンのメーカー各社からすれば、日本からオファーがくればそれこそ渡りに船。
こちらは対米国の「売ってくださいませんか」的ノリじゃなく「買ってあげてもいいよ」
的な強気な交渉態度で高レベルの技術移転(特にエンジン)を勝ち取り、先進兵器
及び技術を中国に売らないように一札入れさせる事も出来るかもしれない。
ライセンス契約だって、やり方次第では相当の譲歩も引き出せるかも(少なくても
「売ってやる」ノリの米国メーカーよりは)。
向こうは「これまで米国製一辺倒だった日本が採用する程優れた戦闘機」をセー
ルストークの格好の材料に出来る。
日本のような大国が採用したという実績は、大英帝国時代のコネで売り込んだ
ソレとはインパクトがケタ違いですから、もし輸出の競争相手である(最近色々
良くない噂のある)F-35が開発計画縮小→比較的安価とされてきた価格の
上昇という事にでもなれば、タイフーンも日本の採用という金看板をバックに、
改良型の売り込みに成功という目も大いにあり得るワケで、我々にとっても彼ら
にとっても、得るところは大きいかと。

という事で、本命はラプター、もしラプターの輸出がNGであればタイフーンJの
ライセンス生産というのが、私の希望するところであります。・・・けど実際は、
ラプター駄目ならスーパーホーネット押し付けられるんだろうなぁ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

見ずして死ねるか冥王星の近接写真

日本時間1月20日、人類初の冥王星探査機”ニュー・ホライゾン”が
米国ケープ・カナベラル基地から無事打ち上げられました。
予定では2015年に冥王星に到達する事になっておりますが、まず来年の
木星でのスイングバイに成功しない事には・・・、NASAの無人探査機で
スイングバイに失敗した事例はなにぶん不勉強で聞いた事がないのですが、
万が一という事もありますし、ひたすら成功を祈るばかりです!

計画通りに事が運べば、生きている間に少なくとも彼の地の近接写真を
たんまり拝める訳で、「コレを見ずして死ねるかっ!」という私の願望の一端
を果たせそうです(冥王星の地表に探査機が降り立って~というのは流石に
無理でしょうけど)。

私は別に長生きしたくもないし、やりたい事やってからポックリ逝ければ幸い
だという死生観を持っておりますが、反面先述の
「コレを見ずして(知らずして)死ねるかっ!」
という願望(執着)も強く持ち合わせております。それは大方「大自然の真実・謎」
に関しての事なんですが。

宇宙人やUFOの存在とか霊現象の問題などは、糢糊曖昧としてとりとめもない
事で、私が生きている間に解明されるとは思っていませんし、禁忌の一種として
知らない方が(前に書いた「くねくね」みたいに)幸せなのかもしれませんが、
「現地に行って確認すれば解明可能な謎」
「既にいくつかの仮説が存在し、予算の投入如何によっては検証→
解明も可能な事象」
については、重ねて言いますが「見ずして(知らずして)死ねるかっ!」
なんですなぁ。
今回の「冥王星」はその代表格ですし、他には
「木星の衛星エウロパの氷の下に<海>は存在するのか? そこには生命
が存在するのか?」や
「太古の火星に存在した<海>の実際の姿について、そしてそこには生命
が存在したのか?」等々。
地球上の事では「未確認動物(UMA)の存在の有無」やら「地震の前兆と
古来より言われている事象の科学的解明」という風に、傍から見るといい歳
ぶっこいて「幼稚~! くだらねぇ~!!」と呆れられる類の事なのですが、
呆れられている本人は大真面目なんであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

くねくね~

今年に入ってから、私がプチはまりつつあるのが「都市伝説」の類の話。
厨坊の頃は「ムー」などを読み耽るオカルト少年だった私、実は今もって
こういう不思議話が好きなのである。
特にUMAの話などはもう~♪! 
「南極でゴジラそっくりの怪獣を見た!」とか、「アフリカのサバンナでアンギロ
サウルスにジープをひっくり返された!」だの、「ケニア沿岸で、地元の猟師が
巨大な金色のザリガニ!に腕を切り落とされた!」なんてヨタ話満載の本を
買ってもらってハァハァしていた幼稚園の夜w

閑話休題、「都市伝説」的世界を目にするのは久しぶりの事で、聞いた事の
ない新しいネタにも色々触れられた。「ジェットババァ」とか、「白ゼンタイの♂
が何気に部屋にコンニチワで、驚いて失神」とか爆笑モノの話もあったんだ
けれど、中には非常に気味の悪い話も・・・。その代表格が「くねくね」

この話、かいつまんで言うと、

東北(秋田?)で白昼、田んぼで白い人間のような?奇妙なモノがくねくね動いて
(踊る?)いるのを目撃してしまう。それだけなら無害なのだが、よく観察したり
してそれが何かを理解した場合、精神に異常をきたしてしまう(その後一生?)。
地元の古老はそれがナニか知っているようだが、昔から伝承されてきた極め付
きの禁忌のようで口を閉ざしている。

この話、他のヨタ都市伝説と違って、何かこう・・・ひっかかるモノがあるんだよ
ねぇ。
名状しがたい不安感に襲われるというのかなぁ、うまく書けない自分が歯がゆ
いんだけれど。

色々見るに、自分なりの解釈としては、「くねくね」は我々が通常認識できず、
また認識してはいけない次元の裂け目(人によっては地獄や魔界の入り口とも
言う)であって、よく観察すると精神に異常をきたすというのは、我々の次元と
は全く異なる、本来人間の脳が認識してはいけない次元の情報が一気に流れ
込む事で・・・なんだけど・・・。

また、このオリジナル?の話でひっかかるのは、くねくね現象で精神に異常を
きたした者を「田んぼに放してやる」というくだり。「田んぼに放つ」って一体!?
・・・。
くねくねへの「生贄」とか、「その者自身がくねくねになる?」とか、鬼太郎的な
話ではあるけど、ちょっとイヤな想像してしまうよなぁ。

他にも「この先日本国憲法通ジズ」のムラ(うっすら覚えている「三日月情話」を
連想させる)の話とか(我が県にもあるそーな)、山で遭難した人の遺体回収時
に藪の中から現れて「それ(遺体)を譲ってくれ」と言う不気味な長身の真っ黒な
男(黒人ではないらしい・・・男が立ち去った後の地面には、大量の涎と思しき
モノが・・・、遺体を食べたくて涎をたらしていた!?)とか、真偽の程はぶっちゃ
けアレにしても、なかなかキている話がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »