« 戦闘機部隊が消滅したフィリピン空軍 | トップページ | 出雲ときたぐにの明日はどっちだ! »

2005年11月20日 (日)

金星に関するヨタ話

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の金星探査機「ビーナス・エクスプレス」が、
11月9日カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地からの打ち上げに
成功したそうです
→http://www.astroarts.co.jp/news/2005/11/15venus-express_launch/index-j.shtml

ビーナス・エクスプレスもMASAの一連の金星探査機同様、金星の周回軌道上
から各種観測を行うもので、近い将来に金星表面に探査機を軟着陸させる計画
はないようです。
まぁ、「安く早く」がモットーの昨今の惑星探査事情、90気圧と500℃近い気温に
耐えて一定期間探査活動を実行可能なマシンなんて、幾らカネがかかるかわかっ
たものじゃないですから仕方がないんですが・・・。
木星のガリレオ衛星や水星の地表で探査機が長期間活動なんて時代になって
も、金星探査は今と変わらぬ周回軌道上からの観測で忍ばざるを得ないでしょうね。

90気圧と500℃近い気温という我々の想像を絶する世界・金星・・・その表面に
探査機の軟着陸を敢行し、見事成功を収めたのが旧ソ連。1961年にチャレンジ
を開始して以来、数々の失敗にもめげず突撃に次ぐ突撃を敢行し、1970年12月
に軟着陸(勿論世界初)を成功させ、75年12月にはモノクロ写真の撮影に成功、
82年3月にはカラー写真の撮影にも成功しています。

この一連の金星探査をめぐって(惑星探査全般に関してもですが)大きな疑念を
書き記した本が、私の手元に一冊あります。「新・第三の選択」。
月・火星・金星・その他太陽系の惑星探査によって得られた成果について、
ことごとく疑念の視線で論述する奇書、かの韮澤潤一郎氏の監修による本です。

金星に関しては、公表されている探査機では金星表面の過酷な環境にとても
耐えられないように見える(例えば探査機のコンピュータの放熱はどうやって
するのか?外気が500℃近くもあったら出来ねーじゃん)とか色々。
そして数々の考証の結果導き出された結論は、
「金星には海が存在する!」
という驚くべきもの。
金星大気圏への突入に成功した後消息を絶った探査機の何機かは、
「金星の海に着水して失われた」!!
・・・センス・オブ・ワンダーに満ちておりますなぁ・・・。

この他、月や火星についての興味深い話がゴロゴロ、この手の話が大好き
な若い諸君、一度手に取って見る事をおすすめします。
免疫ない人は怪電波受信装置と化す危険性も孕みますので要注意。

|

« 戦闘機部隊が消滅したフィリピン空軍 | トップページ | 出雲ときたぐにの明日はどっちだ! »

宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107393/7229614

この記事へのトラックバック一覧です: 金星に関するヨタ話:

« 戦闘機部隊が消滅したフィリピン空軍 | トップページ | 出雲ときたぐにの明日はどっちだ! »