« 私の中のジキルとハイド? | トップページ | 勝つには勝ったが嫌な予感・・・ »

2005年10月22日 (土)

夜霧よ今夜はありがとう

日本シリーズ第1戦はマリーンズが10-1でまず先手を取りました。
しかも7回濃霧コールドという前例のない結末。
スタジアムがガスり始めた時はファンタジックな雰囲気で、ファンタジィック
に勝ち進んできたチームへの、野球の神様からの粋な贈り物だね~、
めでたやめでたやなどとのんきに見ておりましたが、7回を迎える頃には
外野手の姿が霞んで見えるほどひどかったですからね~、コールドは仕方
ないでしょうね。

マリーンズは一番・西岡と二番・今江が溌剌としたプレー、毎年自由獲得枠
で意中の選手獲り続けているG球団の陰々滅々ぶりとは大違いで羨ましい
限りです。
5回のマリーンズの攻撃、西岡のプッシュバント。画面がアップになった時、
彼の目が右方向にせわしなく動いていたので一体何を企んでいるのかと
思いきや、投手と内野の間に転がる狙いすましたプッシュバント。
あの辺もG球団では想像できないプレースタイル、やっぱり勝つべくして
勝ってるんだなぁ、マリーンズは・・・。

タイガースは三週間も実戦から遠ざかって試合勘が鈍っている上にビジター、
相手はホークス相手に大金星で怒髪天を突く勢いのままシリーズ突入の
マリーンズ。
今日はタイガース、仕方がなかったでしょうかね・・・。
今日の大敗で目も覚めただろうし試合勘も戻っただろうし、明日からが本当
の戦いになるでしょう。

しかしタイガースの先発井川・・・岡田監督は初戦必勝のつもりで起用したん
でしょうか、それともある程度打たれる(今季の彼はイマイチ信用に欠けてるし)
事を織り込み済みで、相手打線の力を推し量る材料にでもしたかったんで
しょうか。
でもそれなら老練な下柳を起用するかなぁ、ライオンズの森監督が、初戦を
半ば捨てゲームにして、その代わり老練な東尾先発で相手打線を丸裸に
しちゃったように・・・。やっぱり下衆の勘ぐりのようです。

|

« 私の中のジキルとハイド? | トップページ | 勝つには勝ったが嫌な予感・・・ »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107393/6521653

この記事へのトラックバック一覧です: 夜霧よ今夜はありがとう:

« 私の中のジキルとハイド? | トップページ | 勝つには勝ったが嫌な予感・・・ »