« ちょっと洒落にならんよ~ | トップページ | キティホークの後継空母はやはり原子力艦か »

2005年10月26日 (水)

千葉ロッテマリーンズ31年ぶりの凱歌

日本シリーズ第4戦、マリーンズが3-2でタイガースを下し、31年ぶりの
日本一に輝きました! おめでとうございます!! 
31年前というと、400勝投手・金田正一監督指揮下の時。
ヲタ趣味的にいうと、宇宙戦艦ヤマト・日本沈没・グレートマジンガー・
仮面ライダーX・ウルトラマンレオの年ということで・・・。
そう考えると、この勝利がいかに歴史的なものであったかよく理解できます。

タイガースは金本に本来の速い打球安打、今岡にタイムリーなど、もう一押し
でマリーンズ投手陣を攻略できそうな雰囲気だったんですが・・・。
8回のランナー一塁で3番シーツがバント失敗、アレがこたえました。
シーズン中にほとんどやってない事をあそこでやったってなぁ・・・、
普通に打ちにいってアウトになるよりも、チームの士気に対する影響は明らかに悪い。

今シリーズでクローズアップされたのが、パ・リーグチームとセ・リーグチームの
ゲーム間隔の大きな差。
パ・リーグが今後も現在の方式でプレーオフを続けるのであれば、パ・リーグ
の開幕をセ・リーグよりも二週間程度早くするか、もしくはパ・リーグのペナント
レースを8試合程度短縮するかしなければならないでしょうね。

|

« ちょっと洒落にならんよ~ | トップページ | キティホークの後継空母はやはり原子力艦か »

野球」カテゴリの記事

コメント

終わってみれば、マリーンズ圧勝。
3年ぶりの4タテ日本一。
4勝中3試合は2桁得点、失点は4...まるで大人と子供の、厳しい言い方をすれば、おおよそ日本一を決める舞台にふさわしくないシリーズであったことが残念です(スコア的には今日は好ゲームだったかもしれないが、タイガースには明らかに負のオーラが漂っていた...)。
友人とも話し合ったのですが、プレーオフの日程問題云々、考えさせられる事が多い締め括りだったなぁ、と。
まさにみさっちがお考えの通りですね。
しかし、私が贔屓の若鷹軍団とのプレーオフの激闘...2年連続レギュラーシーズン1位通過も
プレーオフで敗れ去る悔しさは、簡単に拭おうとも拭えないが、かつては長らくパの最下位争いの好敵手であった、マリーンズの栄誉に、今宵は祝い酒と行きますか(^o^)

投稿: ワタナベ | 2005年10月27日 (木) 00時01分

タイガースはこの大敗でもやはりリーグ優勝パレードやるんでしょうね、なんだかなぁ~。
今さらMVPが金本だ今岡だ藤川だと言われてもピンとこない、もう遠い昔の事のようです。
ホークスは2年続けてですから、ホント泣くに泣けないですよね~。今年はやはり城島の
故障欠場が痛かった!
城島健在ならプレーオフでマリーンズが勝てたかどうか、かなり微妙です。
その彼もFAでMLB入り濃厚のようで・・・
メッツとかマリナーズの名前が出てますけど、
さて、どこに行くことやら。

投稿: みさっち | 2005年10月27日 (木) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107393/6646701

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉ロッテマリーンズ31年ぶりの凱歌:

« ちょっと洒落にならんよ~ | トップページ | キティホークの後継空母はやはり原子力艦か »