« 板子一枚下は地獄 | トップページ | 私の中のジキルとハイド? »

2005年10月20日 (木)

やればできる子マリーンズ

2005年のパ・リーグ優勝は千葉ロッテマリーンズ! 
ファンの方々、おめでとうございます!
かく言う私も、パ・リーグで一番の贔屓チームはマリーンズ。
十年前にバレンタイン監督指揮下で2位に躍進してから注目していたチームです。
上司が変われば部下もこれだけ変われるんだなぁ~と・・・。
それ以来私にとってマリーンズは「やればできる子」。
選手個々の力は強豪チームにさして劣らないのに、その後の低迷はまさに
切歯扼腕。
一旦負けモードに入ると、とことんイッちゃってからなぁ~・・・。
まぁ、その辺の人間味溢れる?チームカラーが、等身大の存在として非常に
身近に感じられたんだけどねぇ。

今年は春先から快進撃。でもファンとしては何かこう、居心地の悪さを・・・。
こんなに勝ち続けて大丈夫か?と・・・。
暗黒時代のタイガース同様、せいぜい二ヶ月程度の勢いで後はダダスベりで
結局いつもの定位置じゃねーの?とか、交流戦を乗り切ったあとも、そのうち
球史に残る大連敗記録を達成してあっという間に五位堕ちするんじゃなかろーか?
いやきっとそうに違いないとか(笑)
プレーオフで逆王手かけられた時は、もう駄目だぁ~と諦めてたしw・。
事自虐的に考えてしまうクセがついちゃってるんですな~、チームのこれまでが
これまでだけに。まさに類はファンを呼ぶ。
そんな恐れも幸い杞憂に終わり、まずはめでたし。日本シリーズもいい勝負を
期待しましょう。

一方ホークスはねぇ・・・二年連続レギュラーシーズントップでコレだもんなぁ。
マリーンズの勝ちは勝ちとして、プレーオフの現在の制度はやっぱりおかしいで
しょう。今後も続けるのであれば、ペナントレース一位と二位のゲーム差5、
二位と三位の差が3ぐらいの範囲内でプレーオフ成立、下位チームはプレーオフ
で1敗したらもうお終いぐらいじゃないと。
三位のチームがリーグ優勝を果たすには前述のゲーム差なら9連勝(一位との
ゲーム差プラス1勝)が必要ってな感じで。
下位チームにそのぐらい過酷なハンデ与えなきゃ、ペナントレース一位の意味が
ないってもんです。

|

« 板子一枚下は地獄 | トップページ | 私の中のジキルとハイド? »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107393/6491204

この記事へのトラックバック一覧です: やればできる子マリーンズ:

« 板子一枚下は地獄 | トップページ | 私の中のジキルとハイド? »