« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の記事

2005年10月30日 (日)

さよなら南夕子

私の初恋の人は「ウルトラマンA」で北斗星司隊員とAに合体変身する南夕子隊員。
その南隊員を演じた星光子さんの公式サイトが、明日31日をもって閉鎖されます。
最初から一年間の予定だったようですが、何とも残念です・・・。

私のプロフその他を見た方の中には
「アンタの初恋の人ってミスアメリカじゃないの?」
と思われる向きもあろうかと存じますが、ミスアメリカは「性的に女性を見る」最初の
存在。
それに対し南夕子隊員は純粋に「憧れのお姉さん」。ヒーローと共に悪と戦う強さと
健気さ、和風な佇まい、北斗隊員に対して見せる信頼、時にはそれ以上とも思える
感情・・・。

第14話ラスト、星空を見上げながら牽牛と織姫の事を話す北斗に、
「じゃあ、私たち(の関係)は何なのかしら?」と何気に言う姿(以外な?言葉に
思わず夕子を見る北斗)、第23話で精神錯乱を疑われる北斗をただひとり信じ
続ける姿(北斗をメディカルセンターに送る車中でのふたりの会話がいいですな~)、
第25話で異星人の女に肩入れする北斗に、嫉妬のよーな視線。
そして第28話、唐突に月星人という正体を明かし、仲間の待つ冥王星へ帰っていく
姿・・・「北斗隊員、これからはあなたひとりでウルトラマンAになるのよ」・・・。
幼心に胸をかきむしられるような気持ちでした(バックに流れる音楽「さよなら南夕子」
がこれまたいいんです)。第28話は今見てもそういう感情が溢れ出てしまって目頭が
熱くなりますからねぇ。
人間には好む好まざるに関わらず、必ずかけがえのない人との別れがやって来る、
人生一期一会。そういう事に思いを馳せます。

「南夕子」という女性を演じた事による、様々な想い・葛藤を抱えつつ歳月を重ねて
こられた星光子さんの等身大の人間像にも触れる事のできたあのサイト、過去ログ
は当分見れるとの事ですが、星さん御本人の新たなお話に触れる事はできない
ようです。
これで「南夕子」とは今度こそ本当にさようならなんでしょうか・・・。
例え更新のペースが遅くとも、ファンはずっと待っていますから、さようならとは言わ
ないで欲しく、強く願う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

キティホークの後継空母はやはり原子力艦か

米海軍はかねてより懸案であった横須賀を事実上の母港とする空母「キティホーク」
(CV-63)2008年退役後の後継艦として原子力空母配備を決定したそうです。

「キティホーク」は1961年の就役で今年44年目の大ベテラン。
80年代末にはSLEP(艦齢延長計画)を実施しておりますが、これ以上の延命は
費用対効果が悪すぎて選択の余地なし。
一方、2008年以降も現役に留まる予定だった米海軍最後の通常動力型空母

「J.F.ケネディ」(CV67)は1968年の就役。昨年までは2018年に退役という
スケジュールで、「キティホーク」の後継はこのフネかと思われたのですが、例の
やらずもがなのイラク戦争の戦費増大も影響したのか、来年に退役させるとの
観測も当の米海軍筋からチラホラといった状態。

原子力空母配備の話も数年前からチラホラ目にしてましたが、日本国民の核に
対する感情を考慮し、横須賀への空母配備は取り止め、ハワイかグアムに再配備、
地元も経済効果を期待してウェルカムなんて話がもっともらしく聞こえ、あるいは・・・
と思っておりましたが、結局泰山鳴動して鼠一匹も出ずってのは大げさ?

台湾有事や北朝鮮問題の先鋭化の可能性を考えると、ハワイでは即応性にやや
不安、グアムではインフラ整備に巨額のカネが必要でしょうし(今まで空母配備して
いなかったんだから、ゼロから始めなきゃ)、そのカネの捻出が一大事、ならば原子
炉は停泊中止めるからと適当な事言って日本人を丸め込んで・・・なんでしょうな。
配備してしばらく運用した後で、やっぱり原子炉関係も横須賀でメンテしたいから
その設備にかかるお金、君たちお願いね♪なんて、なし崩し的にタカられそうな
悪寒・・・。
日米安保は日本の生命線だと強く思うし、米海軍の日本への空母常駐も多少軍事
を聞きかじればやむを得ないと思うけれど、日本人の手の及ばぬ原子炉が日本の
(それも首都圏の)港に半永久的に存在し続ける(配備されるニミッツ級原子力空母
の後継艦も原子力推進と決まっていますので、将来、横須賀配備艦が退役すれば、
米海軍が前方展開戦略を続ける限り、後継艦は当然原子力推進)事に対して、
日本政府は米政府に声を大にして、一言物申して欲しい。

それにしても・・・米海軍当局者は「日本国民の微妙な感情を考慮云々」なんて
言ってたけど、その微妙な感情の原因が自分たちにあるって事をわかっている
のかねぇ? 
どーも他人事のように聞こえてならないんだけど・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

千葉ロッテマリーンズ31年ぶりの凱歌

日本シリーズ第4戦、マリーンズが3-2でタイガースを下し、31年ぶりの
日本一に輝きました! おめでとうございます!! 
31年前というと、400勝投手・金田正一監督指揮下の時。
ヲタ趣味的にいうと、宇宙戦艦ヤマト・日本沈没・グレートマジンガー・
仮面ライダーX・ウルトラマンレオの年ということで・・・。
そう考えると、この勝利がいかに歴史的なものであったかよく理解できます。

タイガースは金本に本来の速い打球安打、今岡にタイムリーなど、もう一押し
でマリーンズ投手陣を攻略できそうな雰囲気だったんですが・・・。
8回のランナー一塁で3番シーツがバント失敗、アレがこたえました。
シーズン中にほとんどやってない事をあそこでやったってなぁ・・・、
普通に打ちにいってアウトになるよりも、チームの士気に対する影響は明らかに悪い。

今シリーズでクローズアップされたのが、パ・リーグチームとセ・リーグチームの
ゲーム間隔の大きな差。
パ・リーグが今後も現在の方式でプレーオフを続けるのであれば、パ・リーグ
の開幕をセ・リーグよりも二週間程度早くするか、もしくはパ・リーグのペナント
レースを8試合程度短縮するかしなければならないでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

ちょっと洒落にならんよ~

舞台を甲子園に移しての日本シリーズ第三戦、タイガース先発・下柳の
老獪な投球術で、今度こそ競った展開か?と思わせたこの試合、結果は
10-1でマリーンズが日本一に王手。
今回は中盤までタイガースの勝機も充分あったように思いますがねぇ・・・。

マリーンズの強さはちょっと尋常じゃないですね。
相手が少しでも気の抜いたプレーをしようものなら(七回・ショート鳥谷のエラー)、
ここぞとばかりつけ込んできますからね~。
機を見るに敏と申しましょうか、ああいう攻め口っていうのは、単に監督の指示
で出来るもんでもないですし、常に次の塁を窺うアグレッシブな姿勢が選手個々
に当たり前の事として意識付けされているからなんでしょうな。
数日前に書いたジャイアンツ選手個々の意識付けっていうのは、正にこの辺の
事でありましょう。
ジャイアンツは秋季キャンプ中ですが、ヘトヘトの体をおして、コーチのマスター
ベーション的な夜間練習をやらされるよりは、日本シリーズの中継を見て色々
考えたほうがよいのでは?と思う次第。

タイガースの岡田監督、なんかこう、達観しちゃってるっていうか冷めてるって
いうか・・・。
まさかセ・リーグ優勝だけで満足しているんじゃないでしょうね? 
2ちゃんねるのプロ野球板にはシーズン中から「岡田の解任を要求する!」って
いうネタスレが延々続いているけど、明日もこんな調子で大敗なんて事になると、
ホントに洒落にならなくなるよ。
前代未聞のリーグ優勝監督電撃解任⇒ジャイアンツ監督の目が当分なくなった
けど、体調もだいぶ戻ってそろそろユニフォームを着たげな星野SD監督復帰
なんて未来図が、私の心眼にうすぼんやりと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

勝つには勝ったが嫌な予感・・・

日本シリーズ第2戦、10-0でマリーンズが大勝! 
やる事なす事全てうまくいき、バレンタイン監督にとっても会心のゲームでは
なかったでしょうか。

タイガースは元気ないねぇ、先発の安藤は尻上がりに調子上げていった
ので、コレは終盤、両チームのリリーフ陣の我慢比べになるかな~と思って
いたら、一発かまされた後ボコボコにされちゃったし、中継ぎ陣も今後起用法
に頭を痛める状態だし・・・。
明後日の第3戦、タイガースの先発予想は下柳。
スターターでありながら規定投球回に達しなかったのを見れば明らかな通り、
6回からリリーフ投入を覚悟しなきゃならない。ワンチャンスで逆転可能
(3点ぐらい?)な点差であれば、勝利の方程式JFKを躊躇なく(場合に
よってはひとり2回は放らせる)つぎ込む覚悟が必要かと。

一方のマリーンズ、心配なのはこちらもリリーフ陣。
完投は誠に結構だけど、あれだけ点差がついた事だし、9回はセットアッパー
・クローザーの調整登板させてもよかったのでは? 
シリーズ初登板が競った場面でしかも敵地甲子園っていうのは、ヒジョーに
嫌な感じがするんだが・・・。
あの異様な雰囲気に呑まれちゃって、浮き足立ったところを金本・今岡に
狙い打ちされそうで怖い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

夜霧よ今夜はありがとう

日本シリーズ第1戦はマリーンズが10-1でまず先手を取りました。
しかも7回濃霧コールドという前例のない結末。
スタジアムがガスり始めた時はファンタジックな雰囲気で、ファンタジィック
に勝ち進んできたチームへの、野球の神様からの粋な贈り物だね~、
めでたやめでたやなどとのんきに見ておりましたが、7回を迎える頃には
外野手の姿が霞んで見えるほどひどかったですからね~、コールドは仕方
ないでしょうね。

マリーンズは一番・西岡と二番・今江が溌剌としたプレー、毎年自由獲得枠
で意中の選手獲り続けているG球団の陰々滅々ぶりとは大違いで羨ましい
限りです。
5回のマリーンズの攻撃、西岡のプッシュバント。画面がアップになった時、
彼の目が右方向にせわしなく動いていたので一体何を企んでいるのかと
思いきや、投手と内野の間に転がる狙いすましたプッシュバント。
あの辺もG球団では想像できないプレースタイル、やっぱり勝つべくして
勝ってるんだなぁ、マリーンズは・・・。

タイガースは三週間も実戦から遠ざかって試合勘が鈍っている上にビジター、
相手はホークス相手に大金星で怒髪天を突く勢いのままシリーズ突入の
マリーンズ。
今日はタイガース、仕方がなかったでしょうかね・・・。
今日の大敗で目も覚めただろうし試合勘も戻っただろうし、明日からが本当
の戦いになるでしょう。

しかしタイガースの先発井川・・・岡田監督は初戦必勝のつもりで起用したん
でしょうか、それともある程度打たれる(今季の彼はイマイチ信用に欠けてるし)
事を織り込み済みで、相手打線の力を推し量る材料にでもしたかったんで
しょうか。
でもそれなら老練な下柳を起用するかなぁ、ライオンズの森監督が、初戦を
半ば捨てゲームにして、その代わり老練な東尾先発で相手打線を丸裸に
しちゃったように・・・。やっぱり下衆の勘ぐりのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

私の中のジキルとハイド?

マリーンズがめでたくパ・リーグV! 
一方、何度愛想をつかして決別してもシーズンが始まるとまた元の鞘に
納まってしまう、私の永遠の「別れても好きな人」G球団はというと・・・。
ほりりん監督は志半ばで去り(今となってはちょっと気の毒だけどねぇ、
思い描いた野球を出来た事は一度もなかったと思うし。クローザーと頼む
ミセリがアレで投手陣の戦力構想は開幕早々に根元から崩れ落ちちゃうし、
主力に故障者続出だし、清原の起用法についてフロントから押し付けられた
格好で、結局心中しちゃった感じだし)原監督が復帰、次期監督問題について
は色々な名前が挙がりましたけど、伝統と格式のG球団らしく、収まる所に
収まったという事で。
ちなみに私は星野監督待望派だったので
(いつまでも生え抜きスタァ万世一系主義じゃあ、水も澱むわなぁ。たまには
消毒もしないとさ)
ちょっとアレですけどね。

以下は私の中の゛ジキル氏゛がチラシの裏に書くような事ですけど・・・。
来年の戦力構想については、投手陣の再編成・再整備が焦眉の課題で、
FAでライオンズの前クローザー・豊田やドラゴンズの元左腕エース・野口の
獲得が既定路線のようです。
しかしFAで大物獲ってきても、多年に渡って額面通りの活躍を続けるケース
は極めて少ない事ははっきりしているので、今季ある程度の結果を残した
若手の林・久保の両投手を秋季キャンプからクローザー・セットアッパーで
固定して来季は通してこれで行くと本人たちにも(逃げの投球で結果が出ない
なら先発や負けゲームでの中継ぎに回すことはせず下に落とすよ、しかし
攻めの投球で何試合か続けて失敗しても使い続けるよと)はっきり申し渡せば
それでいいんじゃないの?と思いますが・・・。
その場しのぎで若い投手にツケを回すような真似をするから今年のような結果
になるんだろうし。
先発は原構想によれば5枠だそうで、上原・工藤・高橋尚は故障がなければ
まず確定、のこり2枠を内海・野間口・西村・桑田・(故障から復帰すれば
木佐貫も)で競争すればよし。
これら投手はローテーションから漏れても中継ぎに回すことはせず、ファーム
のローテで中4~5日で登板させ続け、一軍ローテで欠員が生じ次第、
即投げられる体制を確立しておけばいいじゃん?
野手にしても、一塁は江藤・斉藤で競争、二塁・中堅は若手・中堅の登用の
ようですし、メンバーはそれなりに揃っていると思われるので、あとは選手個々
のチームへの貢献への意識付け次第じゃないかなぁ・・・大枚叩いて補強する
必要もないじゃん?

・・・しかし、常識的?にはそう思っていても、意識の深層ではコレとは真逆の
ドロドロとしたドス黒い願望が渦を巻いて、今にも飛び出してきそうです。
私の中の゛ハイド氏゛が常識という牢獄の鉄格子をぶち折りへし折りこう喚きそうです。
「巨人不滅ぢゃ!ぢゃんぢゃんやれ!!」と・・・
金満と言われよーが強奪・強欲と言われよーがそんなのはごまめの歯軋り
路傍の石と聞き捨てておけばよし、
巨人さえ無敵ならばそれで全部オッケー! カネに糸目は付けず、場当たり的
だろーが無茶苦茶だろーが、補強はぢゃんぢゃんやり抜くべしっ!と・・・。
投手は前述の豊田・野口に加えて、チームの先行き不透明なベイスターズ
からクルーンを強奪、バファローズと来季の契約額でモメそうなJPを強奪、
さらにMLBから野茂、石井、藪を獲得、さらにヤンキース退団(セットアッパー
じゃなく、あくまでクローザー志望だからだそうで)のゴードンを大枚叩いて獲得。
これで先発=上原・野茂・JP・石井・工藤、中継ぎに林・久保・豊田・藪、
セットアッパー・クルーン、クローザー・ゴードンという超豪華投手陣!
ファームの先発=高橋尚・野口・野間口・内海・西村・木佐貫、中継ぎ/
抑えに前田・シコースキー・岡島と、予備戦力も磐石の構えです!
野手もライオンズからカブレラを強奪、MLBから松井稼を獲得、更に
ヤンキース退団濃厚のバーニー外野手を
大枚叩いて獲得。これで一発頼みではない真の強力打線を形成っす!

1番 松井稼 (二).320 30本 50盗塁
2番  二岡   (遊) .300 20本
3番 カブレラ(一) .320 50本 120打点
4番 小久保 (三) .300 35本 100打点
5番 阿部  (捕) .320 30本 100打点
6番 バーニー(中) .300 25本 100打点 
7番 高橋由 (右) .320 30本  90打点
8番 清水  (左) .320 20本

他にMLBの大物FA選手も日本野球に適応しそうであれば札束攻勢で
ゲット(特にスターターと強肩強打の左翼手が欲しいですな)!

これがかつて、我らの終身名誉監督と大家と店子の関係にあったかの
大勲位栄光の名簿一位氏が、議員生活最後の大仕事として
「ジャイアンツ・エイド法」(巨人が勝てば日本経済も安泰、ゆえに他球団は
巨人軍の勝利のために、シーズン前半と後半に巨人の指名した選手二人を
巨人指定のプロテクト外の選手とトレードすることを義務づける事を骨子と
する)なんてのを言い出してくれないかなぁ~と、最早妄想を通り越して
狂気の沙汰としかいいようのない事を口走っていた漢の中の漢(笑)の
中に今なお巣食う、私の中で喚き散らす゛ハイド氏゛のチラシの裏の
さらに裏でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月20日 (木)

やればできる子マリーンズ

2005年のパ・リーグ優勝は千葉ロッテマリーンズ! 
ファンの方々、おめでとうございます!
かく言う私も、パ・リーグで一番の贔屓チームはマリーンズ。
十年前にバレンタイン監督指揮下で2位に躍進してから注目していたチームです。
上司が変われば部下もこれだけ変われるんだなぁ~と・・・。
それ以来私にとってマリーンズは「やればできる子」。
選手個々の力は強豪チームにさして劣らないのに、その後の低迷はまさに
切歯扼腕。
一旦負けモードに入ると、とことんイッちゃってからなぁ~・・・。
まぁ、その辺の人間味溢れる?チームカラーが、等身大の存在として非常に
身近に感じられたんだけどねぇ。

今年は春先から快進撃。でもファンとしては何かこう、居心地の悪さを・・・。
こんなに勝ち続けて大丈夫か?と・・・。
暗黒時代のタイガース同様、せいぜい二ヶ月程度の勢いで後はダダスベりで
結局いつもの定位置じゃねーの?とか、交流戦を乗り切ったあとも、そのうち
球史に残る大連敗記録を達成してあっという間に五位堕ちするんじゃなかろーか?
いやきっとそうに違いないとか(笑)
プレーオフで逆王手かけられた時は、もう駄目だぁ~と諦めてたしw・。
事自虐的に考えてしまうクセがついちゃってるんですな~、チームのこれまでが
これまでだけに。まさに類はファンを呼ぶ。
そんな恐れも幸い杞憂に終わり、まずはめでたし。日本シリーズもいい勝負を
期待しましょう。

一方ホークスはねぇ・・・二年連続レギュラーシーズントップでコレだもんなぁ。
マリーンズの勝ちは勝ちとして、プレーオフの現在の制度はやっぱりおかしいで
しょう。今後も続けるのであれば、ペナントレース一位と二位のゲーム差5、
二位と三位の差が3ぐらいの範囲内でプレーオフ成立、下位チームはプレーオフ
で1敗したらもうお終いぐらいじゃないと。
三位のチームがリーグ優勝を果たすには前述のゲーム差なら9連勝(一位との
ゲーム差プラス1勝)が必要ってな感じで。
下位チームにそのぐらい過酷なハンデ与えなきゃ、ペナントレース一位の意味が
ないってもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

板子一枚下は地獄

1011-05 高所恐怖症の私はこうやって写真を撮る間も足はガクブル・・・
ホームの下は狭い岩場、そして即日本海。
馬肥ゆる秋の空とうねる波、空はどこまでも高く、
しかし海は一足先に冬の足音を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »