« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年6月の記事

2005年6月26日 (日)

森雪(宇宙戦艦ヤマト)のコスプレその1

「宇宙戦艦ヤマト」のヒロイン・森雪・・・というよりも、ヤマトの女性用制服のコスプレです。
こんな格好の女子が艦内をウロウロしていたら、男子は辛抱タマランでしょう。
あのフネの乗組員は、飲食物に性欲を減退させるクスリがまぜ混んであるに違いない。

Moriyukicosplay0010305
マスクは自作のオリジナル着ぐるみマスク「MIKI」です。
黄色の全身タイツというと、ブルース・リーの着用していたモノもイメージしてしまいますな。

Moriyukicosplay0020305
ガンベルトとコスモガンも何とかしたかったのです。
コスモガンについてはプラモデルの銃を改造しようと考えていたのですけれど、あのガンベルトがなかなか難物。
バックルは自作するとしても、ああいあ形状のモノがなかなか見つからずに結局放置という有様。
靴も最初の触れ込みではもっとヒールが高いはずだったのですが、出来上がってきたらこんな風に。
多少高くつくものの、マイティレディと同じ5インチハイヒールにしておけばよかったとです。

Moriyukicosplay0030305
ラブホテルのベッドの上で半身を起こしてこちらを見るヤマト女子乗組員の某さんの図。
イメージルームでのひとこまでしょうか。

Moriyukicosplay0040305
こういうところだと、何か化外のモノが映り込んでいるなんていう話をよく耳にしますが、これだけ撮影しても怪しいモノは全く映っていません。

Moriyukicosplay0050305
ラブホのベッドの上に立ってこちらを見下ろす森雪コスプレイヤーさん。

| | コメント (0)

2005年6月25日 (土)

マイティレディのコスプレその3

全身タイツの変身ヒロイン・マイティレディのコスプレその3です。

Mightyladycosplay0110305
普通は女子が情事のお色直しをする鏡台前で、マイティレディの全身タイツを着たコスプレイヤーさんがぶりっ子ポーズ。

Mightyladycosplay0120305
鏡の壁の前でヒロイン定番型の立ちポーズ。

Mightyladycosplay0130305
マイティレディの全身タイツを着たコスプレイヤーさんの履いているハイヒールは5インチです。

Mightyladycosplay0140305
ラブホのベッドに横たわってこちらをじっと見つめるコスプレイヤーさん。

Mightyladycosplay0150305
ミスアメリカのコスプレ撮影の時もそうでしたが、ここのソファ廻りは光量過多でせっかくのコスチュームの色がトンでしまうのが難点でした。
照明を調節できればいいのですけれど、そこまで設備におカネは掛けたくないでしょうしね。




| | コメント (0)

2005年6月19日 (日)

マイティレディのコスプレその2

全身タイツの変身ヒロイン・マイティレディのコスプレその2です。

Mightyladycosplay0060305
撮影はこれまで同様、某ラブホテルの「鏡の間」にて実施。
マスクはオリジナルの自作着ぐるみマスク「MIKI」です。

Mightyladycosplay0070305
女性がお色直しする鏡台の前で一枚。

Mightyladycosplay0080305
全身タイツの股間に浮き出ている線は、コスプレイヤーさんが下に穿いているパンストのモノです。

Mightyladycosplay0090305
写す位置をもう少し変えておけば、鏡に背中やお尻がしっかり映ったのにと悔やまれるところ。

Mightyladycosplay0100305
女子のお澄まし顔の腕組みは大体こんな感じ。


| | コメント (0)

2005年6月18日 (土)

マイティレディのコスプレその1

全身タイツの変身ヒロイン・マイティレディのコスプレその1です。
ただしミスアメリカのコスプレと違って、マスクはオリジナルの自作です。

Mightyladycosplay0010305
撮影はミスアメリカのコスプレ同様に、某ラブホテルで行いました。
マスクは私のオリジナル自作着ぐるみマスクで、「MIKI」と呼称しています。
私のHNの頭文字の「M」から取ったネーネングであります。

Mightyladycosplay0020305
マイティレディは「マイティレディのすべて」版が好みです。
マスクの造形といい、中の人の体型といい、仕草といい全てが素晴らしい。

Mightyladycosplay0030305
側面はこんな感じ。
腰の張り出しが無いから失格と、昔はよく言われたものです。
だって矯正下着とか一切着けていない素の体型なんだから、仕方ないやないの。

Mightyladycosplay0040305
この手の全身タイツの場合、矯正下着の類を着けると表面に浮き出てしまって不自然この上無いのです。
やはり素の体型で勝負しないとあきません。

Mightyladycosplay0050305
このコスチュームに限った話ではありませんが、私のサイズはレディスLが過不足ないところです。
メンズMだとウエストが余り過ぎてアカンですな。
レディスLにしても、身長が丁度合っているものの、ウエストはまだ多少大きめなのです。
かといってレディスMだと、丈が短くて全身タイツやミスアメリカのコスチュームのようなハイネックのレオタードは少々無理があるのです。

| | コメント (0)

2005年6月12日 (日)

信越ミニ新幹線は夢・・・

去る6/8、我が県柏崎市長は、前市長提唱の、長岡-柏崎-上越の
ミニ新幹線構想を断念、在来線の高速化を重点目標とする基本方針を
示したそうです。

我が県推進の、もう一つの羽越ミニ新幹線計画(新潟-酒田)に比べても、
羽越が酒田までで事実上「行き止まり」なのに対して、こちらの計画は
我が県対富山・金沢、ゆくゆくは対福井、最終的には対関西までの鉄道
アクセス復権(我が県からの対関西鉄道アクセスは夜行の「きたぐに」のみ)も
望めるという派生・発展の望めるものと期待していた私としては残念無念・・・。

新潟-長岡間は上越新幹線経由、長岡駅から在来標準軌線へのアプローチ線
を建設し、北陸新幹線・上越駅(現・信越線脇野田駅)まで標準軌・狭軌の並列
単線方式(信越線・直江津-上越間は三線軌条・・・冬場のメンテが大変そうで
すが)で、上越から北陸新幹線に乗り入れ。

コレだとざっと概算して、新潟-金沢間は現在の特急で3時間30分台ぐらい
なのに対して2時間30分を切るぐらい、約1時間短縮ですな。
福井までは3時間を切り、福井で在来線特急に乗り換えの場合、新潟-大阪
間は4時間30~40分台で結ばれる勘定になります。
現在、金沢乗換えで6時間強かかりますから、コレはそれなりに効果大?と
思っていたのです。

現在、新潟-伊丹間の航空便は一日6往復。
その他鉄道も含めた旅客流動がどれほどなのか手元に資料がないので
所詮は鉄ヲタの妄想・・・なんですけど、白紙的に考えて少しでも可能性の
ありそうな構想についてあれこれ考えを巡らすのが大好きなのでございます。

ちなみに羽越ミニの方はというと、在来線高速化・新幹線との対面乗り換えと
いう方針で動きだすようです。こちらはこれで正解かと。

| | コメント (0)

2005年6月11日 (土)

ミスアメリカ(バトルフィーバーJ)のコスプレその8

スーパー戦隊シリーズ「バトルフィーバーJ」の紅一点・ミスアメリカのコスプレその8です。

Missamericacosply0350305
中腰でこちらを挑発するような視線を送るミスアメリカのコスプレイヤーさん。
レオタードの下のブラジャーの線がはっきり見えているのはいつもの事です。

Missamericacosply0360305
戦隊の女性戦士定番の立ちポーズです。
中の人のウエストの細さがおわかりいただけるでしょうか。

Missamericacosply0370305
やはりベルトの位置はもっと上じゃないと見栄えが悪いですな。

| | コメント (0)

2005年6月 5日 (日)

ミスアメリカ(バトルフィーバーJ)のコスプレその7

スーパー戦隊シリーズ「バトルフィーバーJ」の紅一点・ミスアメリカのコスプレその7です。

Missamericacosply0310305
再びソファに戻って、白タイツを穿いたミスアメリカ。

Missamericacosply0320305
光量過多で、左半身の色がトンじゃってます・・・。

Missamericacosply0330305
ラブホのソファに横たわってこちらをじっと見つめるミスアメリカのコスプレイヤーさん。
この白いマフラーを巻くのは、なかなか面倒なことなのです。
ネクタイと同じ要領でやっていますけど、ネクタイと違ってふわふわした素材をうまく締めるのはコツが要るのです。

Missamericacosply0340305
スーパー戦隊の女戦士らしく、腰を落として戦いに備えたポージング。
レオタードの胸の部分に見えるのは、ブラジャーの線です。

| | コメント (0)

2005年6月 4日 (土)

ミスアメリカ(バトルフィーバーJ)のコスプレその6

スーパー戦隊シリーズ「バトルフィーバーJ」の紅一点・ミスアメリカのコスプレその6です。

Missamericacosply0260305
光量過多で、マスクやレオタードのピンク色が飛んじゃってます。
このラブホの照明は調節できないので仕方ないのです。

Missamericacosply0270305
レオタードの下に穿いているのは、第五回の途中から引き続いてバレエ用の白タイツです。

Missamericacosply0280305
レオタードと白タイツにぴっちり包まれた、小ぶりでぷりんとしたお尻です。

Missamericacosply0290305
ラブホのベッドに横たわり、こちらをじっと見つめるミスアメリカのコスプレイヤーさん。

Missamericacosply0300305
ミスアメリカのマスクとレオタードと白タイツに包まれた身体を、ラブホの部屋の鏡に映して見ているコスプレイヤーさん。




| | コメント (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »